セキュリティソフト「Bitdefenderアンチウィルスプラス」の特徴・評判など

日本国内では「Bitdefender」という企業名を耳にする機会は少ないかもしれません。実は、ソースネクスト社など国内外でも有名な企業に、セキュリティソフトの心臓部であるセキュリティエンジンをOEM供給しているのがBitdefender社です。

本記事では、Bitdefender社の製品のうち、低価格帯の製品として販売されている「Bitdefenderアンチウィルスプラス」について説明します。

Bitdefenderアンチウィルスプラスの特徴や導入メリット

「Bitdefenderアンチウィルスプラス」は低価格帯の製品のため、Bitdefender社の他の製品と比較して機能は絞られているものの、性能面は全く同一となっています。

「Bitdefenderアンチウィルスプラス」にも搭載されているBitdefender社製品共通の機能のうち、特徴的な機能を紹介します。

ランサムウェアへの多層防御と修復機能

各Bitdefender製品では2019年版からの新たな改良点として、ランサムウェアへの防御強化があります

“ランサム”とは「身代金」のことで、ランサムウェアに感染すると、感染ユーザーのデバイス内のファイルが暗号化されます。画面までロックされ、画面には「ファイルを復号(復元)して欲しくば身代金を払え」と要求し続けるメッセージと、身代金の払込先のみが表示されます。ユーザーはデバイスをまったく操作できないため、ファイルを修復するために泣く泣く高額な身代金を支払ってしまうという実例が相次いでいます。

新しいBitdefender製品では、ランサムウェアがファイルを暗号化しようとする兆候があった場合、暗号化される前にファイルのバックアップを作成します。次にランサムウェアをブロックし、ユーザーに通知します。バックアップ済みのため重要なファイルにアクセスできなくなるという最悪の事態は免れます。ファイルを暗号化しようとするマルウェアの兆候をいち早く検知するのが「振る舞い検知」という不正な“動き”を検出する技術です。

“動き”を検知することにより、これまでウイルスとして定義されたことのない未知のマルウェアであっても、ブロックすることができます。

Bitdefender CENTRAL

Bitdefender製品のユーザビリティ面で非常に特徴的なのが、「Bitdefender セントラル」による一元管理です。

他のセキュリティソフトでは、製品をインストールするとその設定や確認などは、インストールしたPCやデバイス上でアプリケーションを立ち上げて行いますが、Bitdefender製品ではブラウザベースのポータル「Bitdefender セントラル」ですべての設定を行います。

ブラウザからアクセスできるため、次のようなメリットがあります。

  • デバイス上でアプリを立ち上げる必要がなく、外出先からでも他のデバイスの管理ができる。
  • ペアレンタル機能を使用している場合、保護者はどこからでも子供のオンライン活動を監視できる。

Bitdefender製品をインストールしたデバイスの管理だけではなく、外出先から他のデバイスへBitdefender製品のインストールを指示することもできます。

例えば、子供のデバイスへBitdefender製品をインストールしたい場合、デバイスの所有者から「子供」を選択します。

生成されるインストール用リンクを子供のデバイスに送信しておけば、都合の良いときにデバイスを起動してBitdefender製品をインストールできます。

Bitdefender VPN

「Bitdefenderアンチウィルスプラス」をはじめ他のBitdefender製品にもBitdefender VPN機能が搭載されています。Bitdefenderの製品説明では「すべてのインターネットトラフィックを暗号化して保護する」という機能として説明されていますが、“すべての”という部分に誤解が生じやすいため要注意です。

Bitdefender VPN機能には、製品の1機能として含まれる「Bitdefender VPN」と別にオプション機能として「Premium VPN」機能があります。「Bitdefender VPN」の方では、各国広範囲にわたる多重仮想ロケーション保護は対象外となっています。

オプション機能「Premium VPN」に申し込まない場合は、「Bitdefender VPN」により通常のWi-Fi接続時において安全なブラウジングが担保される程度の機能と理解しておきましょう。

また、「Bitdefender VPN」では、暗号化されるトラフィックに制限があり、デバイスごとに1日最大200MBまでとなっています。

Bitdefenderアンチウィルスプラスの性能

「Bitdefenderアンチウィルスプラス」の性能や技術面について説明します。

第三者評価機関による高い評価

Bitdefender製品は代表的な第三者評価機関であるAV-TESTによる評価テストでも継続して高得点を取り続けています。

引用:AV-TEST/Bitdefender

防御力の評価テスト「Protection」、軽さやパフォーマンスの評価テスト「Performance」、使いやすさやインターフェースの評価テスト「Usability」共に満点は6点です。Bitdefender社製品は、特に防御力のテストにおいて、53回の評価テスト中、満点を逃したのが10回のみとなっています。

最近はシンプルで見やすいインターフェースも高評価を得ているBitdefender社製品ですが、その防御力の高さによりOEM供給元として多数の企業から需要を得ていることが分かります。

Bitdefenderアンチウィルスプラスの搭載機能

「Bitdefenderアンチウィルスプラス」に搭載されている機能を、他の主力製品との比較で確認しましょう。

アンチウィルスプラス インターネットセキュリティ トータルセキュリティ
自動保護
振る舞い検出
ランサムウェアへの多層防御と修復機能
無料オンラインサポート
セーフブラウジング(有害ウェブサイトを回避)
Wi-Fiセキュリティアドバイザー
オンラインバンキングの保護(独自開発のSafepay)
Bitdefender VPN
パスワードマネージャー
アンチフィッシング・オンライン詐欺防止
脆弱性のワンクリックスキャン
ファイルシュレッダー
Webカメラの保護 ×
ファイアウォール(侵入を特定してトラフィックをフィルタリング) ×
ファイルの安全性機能(改ざん防止) ×
ペアレンタル・アドバイザー(お子様保護) ×
ファイルの暗号化 ×
盗難防止機能 × ×
デバイスの高速化 × ×

Bitdefenderアンチウィルスプラスでは使用できる機能は制限されていますが、基本的な防御には過不足がない構成となっています。また、BitdefenderアンチウィルスプラスはWindows用専用である点には注意してください。

製品ラインナップと価格

「Bitdefenderアンチウィルスプラス」と他のBitdefender製品のナインナップは次のとおりです。

価格 特徴
アンチウィルスプラス2019 2,309円(1年用)
3,989円(2年用)
5,180円(3年用)
*1台までインストール選択時
Windows用
インストール台数「1台まで、3台まで、5台まで、10台まで」から選択可能
トータルセキュリティ2019 5,180円(1年用)
8,608円(2年用)
11,480円(3年用)
*5台までインストール選択時
Windows、Mac OS、Android、iOS向け
インストール台数「5台まで、10台まで」から選択可能
インターネットセキュリティ2019 3,430円(1年用)
5,180円(2年用)
7,420円(3年用)
*1台までインストール選択時
Windows用
インストール台数「1台まで、3台まで、5台まで、10台まで」から選択可能

※2019年9月22日調べ・税込

Bitdefenderアンチウィルスプラスの評判・口コミ

Bitdefenderアンチウィルスプラスを実際に導入したユーザーの評判や口コミを見てみましょう。Bitdefender製品は海外のユーザーが多いため、国外からの口コミを紹介します。

良い口コミ

Good product from invasive on your computer. Easy to install. Company has excellent service that can answer any questions buyers may face with the product. Excellent purchase!
(インストールが簡単。製品に関するあらゆる問い合わせに回答できるサポートセンターが優れています。買って正解でした!)

引用:Bitdefender Antivirus Plus/Amazon

Bitdefender製品のサポートセンターについては、上述のとおり日本語での対応には難がありますが、オンラインでのサポートは無料かつ英語での対応であれば24時間年中無休となっています。

悪い口コミ

This product totally sucks it blocks all internet access, shuts it down so that you can not gain any kind of access to the internet can not connect to bitdefender sight it self.
(Bitdefender製品はインターネットアクセスすべてを完全にブロックし、再びインターネットへアクセスできなくなりました。Bitdefender自身のサイトへも接続できませんでした。)

引用:Bitdefender Antivirus Plus/Amazon

筆者の環境ではインストール後もインターネットは通常通り稼働しています。また、Bitdefenderアンチウィルスプラスをインストールしてもなおマルウェアに感染したというコメントもありますが、口コミの真偽は不明です。

まとめ

「Bitdefenderアンチウィルスプラス」は、フルスペック版に比べて機能が制限されているものの、性能面で定評があるセキュリティソフトです。無料のアンチウイルスソフトでは不足だがフルスペック版までは不要というユーザーにはおすすめのソフトです。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?