サーバ運用監視

サーバ運用監視とは?

リアルタイムにサーバが正常稼働しているかどうかを監視する業務全般をいう。監視にはさまざまな種類がある。 システム外部からサーバに対して一定時間おきにPINGなどの信号を送信し、正常な応答が一定時間内に帰ってくるかどうかを監視するシステム内に監視用ハードウェア/ソフトウェアを置き、サーバやネットワーク機器の物理故障が発生したら通知するネットワークのトラフィック(情報負荷状態)をチェックし、アプリケーションが利用するネットワーク帯域を制限する。これらの監視は365日、24時間体制が一般的である。

製品名 製品概要 資料請求
対象従業員規模 対象売上規模 参考価格
MSPアシスト(ネットアシスト) 全ての規模に対応 全ての規模に対応 月額費用1万円~
詳細を見る
サーバ監視ソリューション SNMP-L2 全ての規模に対応 全ての規模に対応 22,000円 ~
詳細を見る
システム監視・運用を円滑に! Hybrid クラウド運用サービス 100名以上 50億円以上 5,000円 ~
詳細を見る
CLUSTERPRO 500名以上 全ての規模に対応 610,000円
詳細を見る
最低限のシステム監視のご準備に。 クラウド型サーバ運用監視サービス 250名以上 10億円以上 50,000円 ~
詳細を見る
システム監視・運用代行サービス Management Service Library 全ての規模に対応 全ての規模に対応 390,000円 ~
詳細を見る
性能監視により、性能の可視化と性能劣化の未然防止を実現 System Answer G2 全ての規模に対応 全ての規模に対応 390,000円 ~
詳細を見る
しくみと人の融合でサーバーの運用監視をデザインする arGuss(アーガス) 全ての規模に対応 全ての規模に対応 9,500円 ~
詳細を見る
パトロールクラリス 全ての規模に対応 全ての規模に対応 月額費用1.1万円〜
詳細を見る

その他のセキュリティ製品・サービスをカテゴリから探す