不正侵入検知・防御(IPS・IDS)

不正侵入検知・防御(IPS・IDS)とは?

IPSは「Intrusion Prevention System(侵入防御システム)」の略。IDSは「Intrusion Detection System(侵入検知システム)」の略。各々、コンピュータやネットワークに対する不正行為を検出するシステムだが、検出後に防御措置をとるのがIPS、防御措置をとらないのがIDSである。外部からの不正行為のみならず、内部によるものも検知することが可能である。

製品名 製品概要 資料請求
対象従業員規模 対象売上規模 参考価格
Check Point Security Appliances(株式会社アズジェンド) お問い合わせください。
無料会員登録はこちら
L2Blocker(株式会社ソフトクリエイト) クラウド:月額2万円〜/オンプレミス:38万円〜
無料会員登録はこちら
IntraGuardian2+(ネットチャート株式会社) お問い合わせください。
Wi-Fiセキュリティセンサー「AIRTMS」(レンジャーシステムズ) 全ての規模に対応 全ての規模に対応 お問い合わせ下さい。
WatchGuard(株式会社デジタルスフィア) 全ての規模に対応 全ての規模に対応 お問合せください
ノースサイバーセキュリティ 全ての規模に対応 全ての規模に対応 別途お問い合わせ
保護サイト数100万超の国産ソフトウェアWAF SiteGuard 全ての規模に対応 全ての規模に対応 252,000円 ~
不正接続徹底排除!マイナンバー対策にも最適。 IntraGuardian2+ 全ての規模に対応 全ての規模に対応 別途お問い合わせ
クラウドファイアウォール(IPS+WAF) イージス 全ての規模に対応 全ての規模に対応 別途お問い合わせ
不正PC 私物スマートフォン検知・遮断システム 【L2Blocker】 100名以上 全ての規模に対応 380,000円
最高レベルのIPSを備えたUTM 【Check Point Security Appliances】 100名以上 全ての規模に対応 730,000円 ~