SMARTACCESS(富士通)


確実な本人認証を実現し、ユーザーと管理者の利便性を向上させます
  • 複数のIDやパスワードの組み合わせを覚える必要がない
  • 業務システムの変更は不要
  • セキュリティデバイスの混在運用が可能

SMARTACCESS(スマートアクセス)は、指紋や手のひら静脈、FeliCa対応カードなどのさまざまなセキュリティハードを使って、Windowsログオン、 アプリケーションログオンにおけるIDやパスワードの手入力を代行する統合認証ソフトウェアです。
小規模から大規模まで、今までの運用をベースにシステムの大規模変更なしにアドオンするスムーズな導入が可能です。
さまざまなハードウェア、ソフトウェア、ソリューションとの連携により、高度で多様な運用・管理も可能となります。

無料会員登録はこちら

製品・サービス概要

対象従業員規模 全規模に対応
対象売上規模 全規模に対応
提供形態 お問い合わせ下さい。
参考価格 お問い合わせ下さい。

製品・サービス詳細

Fujitsu Security Solution SMARTACCESSは、様々なセキュリティデバイスを使って、Windowsや業務システムにおけるID・パスワードの手入力を代行します。
小規模から大規模まで、今までの運用をベースにシステムの大規模変更なしにアドオンするスムーズな導入が可能です。
様々なハードウェア、ソフトウェア、ソリューションとの連携により、高度で多様な運用・管理も可能となります。

導入のメリット

セキュリティを大幅に強化するとともに、利便性の向上と運用面のコストダウンを実現します。

一般ユーザーのメリット

  • システムごとに異なるパスワードをそれぞれ記憶、入力する必要がなくなります。
  • 複数システムログオン時にも認証は1度で済みます。(シングルサインオン機能を使用する場合)

システム管理者・情報システム部門のメリット

  • 一般ユーザーがそれぞれのシステムへのログオンパスワードを知らない運用が可能なため、パスワード漏洩のリスクが低下します。
  • 一般ユーザーからのパスワード忘却時の問い合わせ対応工数を削減できます。
  • パスワード漏洩防止のための定期的なパスワード変更作業を中止することにより、作業工数を削減できます。
  • 様々なシステムごとに異なるIDやパスワードの統合管理作業工数を削減できます。

ログオンイメージ

Windowsログオン、各種業務システムのパスワード入力を各種セキュリティデバイスにより代行することが可能です。
従来方法であるパスワード認証と異なり、セキュリティデバイスによる確実な本人認証は、セキュリティレベルの向上に加え、ユーザーのパスワード忘却/漏洩対策ができ、システム全体の運用効率が高まります。
また、一度認証すれば、その後の認証を必要とせず、自動で認証ができる運用(シングルサインオン)も可能になり、ユーザーの利便性も高まります。また、人感センサー対応WEBカメラを併用すれば離席時の不正使用も防ぐことができます。

企業情報

会社名富士通株式会社
本社所在地

〒105-7123
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター

設立年月1935年6月20日
資本金3,246億円
従業員数156,000名(2016年3月現在)
事業内容

通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにこれらに関するサービスの提供

代表者名田中 達也
無料会員登録はこちら

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ