Soliton SecureBrowser(ソリトンシステムズ)


モバイルワーク、在宅勤務、 BYOD等の用途に最適なリモートアクセス製品!管理者も利用者も“安心”なWEB環境を実現します。
  • 社内への安全なリモートアクセス環境の実現
  • クラウドアクセスのセキュリティ強化
  • 端末からの情報漏洩の防止

オンプレミスおよびクラウドにまたがった企業のWebシステムを、安全・シンプルに利用できるリモートアクセス製品・サービスです。
モバイルワーク、在宅勤務、 BYOD等の用途に最適です。

無料会員登録はこちら

製品・サービス概要

対象従業員規模 全規模に対応
対象売上規模 全規模に対応
提供形態 お問い合わせ下さい。
参考価格 お問い合わせ下さい。

製品・サービス詳細

Webアクセスに特化したリモートアクセス製品・サービスです。
VPN機能内蔵のセキュアブラウザ「Soliton SecureBrowser」により、「社内へのリモートアクセス環境」、「クラウドアクセスのセキュリティ強化」、「端末からの情報漏えいの防止」の3つを同時に実現します。
社内へのリモートアクセスは、VPN内蔵ブラウザ「Soliton SecureBrowser」にログインするだけで完了し、目的のWebアプリがすぐに表示されます。
クラウドサービスの利用においては、セキュアブラウザ利用時に電子証明書による端末認証を行ったうえで利用を許可します。
さらに、Webアプリの閲覧ファイルやデータのキャッシュは自動消去されるため、端末にデータは残らず安全な運用ができます。
desknet’s、サイボウズガルーン、Google Apps、Office 365、Salesforce等、様々なWebアプリを安全に利用するためのインフラとして活躍します。

製品の特長

VPN接続不要!アプリログインで即座にWebアプリにアクセス

利用者は、VPN機能搭載ブラウザアプリ「Soliton SecureBrowser」を使用して、社内やクラウド上にあるWebシステムにアクセスします。
それぞれのOS毎に用意されたアプリを立ち上げ、ログインすることで、いつでも、どこからでも、社内・クラウドのWebアプリが安全に利用できます。

管理者も利用者も安心!端末にデータが残らない

Soliton SecureBrowserは、ファイルのダウンロード保存や他のアプリへのデータの受け渡し等が制限された、安全な空間で動作するブラウザです。
セキュアブラウザを利用することで、シンクライアントのように端末にデータをのこさず、安全に、グループウェアやWebメール、その他Webシステムが利用できます。

クラウドアクセスのセキュリティ強化(アクセス経路の一本化)

Soliton SecureBrowserは、Soliton SecureBrowser専用のゲートウェイ Soliton SecureGatewayを経由して、クラウド・社内のWebアプリにアクセスします。
Web通信は、必ず本ゲートウェイを経由するため、社内のセキュリティポリシーを提供した上で、社内・クラウドを利用させることができます。
クラウドの安全利用においては、クラウドサービス側で接続元IPアドレス制御を行うことで(接続元を社内/SecureGatewayのIPアドレスに絞ることで)、社外からのリモートアクセス経路をセキュアブラウザに一本化することができます。
IPアドレス制御が持たないクラウドサービスの利用においては、他社のSSO/IPアドレス制御サービスと組み合わせることで、同様の安全なクラウド利用環境が実現できます。

いつも使っているWebアプリのフル機能を安全に

Soliton SecureBrowserは、OS標準のWebブラウザのようにお使い頂けます。
OS標準ブラウザでWebアプリにアクセスしている感覚で、Webアプリの全機能が安全に利用可能です。ブラウザエンジンはOSから提供されているものを利用しているため、様々なWebアプリが閲覧出来ます。
利用システムに左右されない、安全なWebアクセスインフラを提供します。

シンプルで快適なリモートアクセス

Soliton SecureBrowserからのWebアプリの利用はとても快適です。
SecureGatewayでは、コンテンツ変更等の処理は行っていないため、ゲートウェイでのレスポンス低下は殆どありません。
また、HTML5やJavaScript等による動的なWebコンテンツも表示できます。SecurBrowserの2回目以降の利用では、パスコード・パターン(iOS/Andorid)、TouchID(iOS)による、ログインも可能です。

企業情報

会社名株式会社ソリトンシステムズ
本社所在地

東京都新宿区新宿2-4-3

設立年月1979年3月1日
資本金13億2,650万円
従業員数652名(2016年3月1日現在)
事業内容

・ITセキュリティ、クラウド事業
・映像コミュニケーション事業
・エコ、デバイス事業

代表者名鎌田 信夫
無料会員登録はこちら

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ