ネットワーク上を流れるすべてのパケットデータを監視 etherExtractor 株式会社アルチザネットワークス


ネットワーク上を流れるすべてのパケットデータを監視 etherExtractor
  • 「導入しやすく、使いやすい」スムーズなスタートアップを保証
  • これまでの10GbE製品と比較して大幅なコストダウンを実現
  • 他のネットワーク監視システムやネットワーク機器との連携が容易

目的に合わせてキャプチャ方法が選べます。問題個所の特定と詳細な解析を最短時間でアプローチ。ストレージを変更しながら、半永久的な転送保存を可能にしました。

無料会員登録はこちら

製品・サービス概要

対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 ハードウェア
参考価格 別途お問い合わせ

企業情報

会社名株式会社アルチザネットワークス
本社所在地

東京都立川市曙町2丁目36番2号ファーレ立川センタースクエア

設立年月1990年12月27日
資本金13億5,935万円
従業員数84名(2014年7月31日現在:連結)
事業内容

通信インフラ構築に使用される通信計測機及び通信インフラの保守、運用管理を行うネットワーク・マネジメント・システムの開発、販売、並びに各種通信機器の開発、販売

代表者名床次 隆志
無料会員登録はこちら

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ