この数年の海外/国内におけるセキュリティインシデントを紐解くと見えてくる、今、企業に必要なスタンスは何か?例えば、ダークウェブから派生する外部脅威の元凶に、不正アクセスという身近なインシデントがあるのではないでしょうか。

それらに対峙するためのひとつの解、それは「脆弱性管理」と言えます。シフトレフト、すなわち「開発/設計プロセスへの力点」として脆弱性診断の慣例化や重み付けを踏まえた診断手法の選択から、セキュリティ人材育成、はたまた端末感染しない仕組みの実現やネットワーク全体を可視化するまでの網羅的な脆弱性管理手法についてご紹介します。

セミナー・イベント名~2018年度 サイバーセキュリティ対策の潮流は『シフトレフト』へ~ 昨今のセキュリティインシデントを紐解くと見えてくる、脆弱性管理の重要性
開催日2018年05月22日(火) 14:00〜17:30
開催場所ベルサール東京日本橋 Room D+E
参加費無料
定員(人数)200名
主催GLOBAL SECURITY EXPERTS

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?