Webの脆弱性を突いたサイバー攻撃による個人情報流出などの事故が後を絶たず、アプリケーションのセキュリティ対策は" 待ったなし" の状況と言えます。 この対策の1つである脆弱性診断ツールは、より広範な試験を短時間で実施できるメリットがあります。更に、脆弱性診断ツールを開発時から利用し、早期にセキュリティのバグを検出、修正することにより、アプリケーションのセキュリティ強度を高めることが可能です。

テクマトリックスでは、アプリケーション脆弱性診断ツールとして定評のある「AppScan」のハンズオンセミナーを定期的に実施しています。セミナーでは、お一人様一台のPCをご用意し講師のレクチャに沿って一連の脆弱性検査をご体験いただけます。8月25日はWebアプリケーションに対して動的な診断を実施する「AppScan Standard」を、9月8日にはソースコードを静的に解析して脆弱性を検知する「AppScan Source」をご紹介します。
また、セミナー内で「AppScan」のクラウド型サービスとして昨年リリースされたWeb、Mobileアプリケーションのクラウド型脆弱性診断サービス「Application Security on Cloud」についても、ご紹介いたします。

脆弱性診断ツールの導入イメージを具体的にお持ちいただけるまたとない機会ですので、是非ご参加をご検討ください。

セミナー・イベント名アプリケーション脆弱性診断ツール 「AppScan」 ハンズオンセミナー
開催日2017年09月08日(金) 15:00〜
開催場所テクマトリックス株式会社 東京本社セミナールーム (東京都)
住所東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
参加費無料
定員(人数)10名
主催テクマトリックス株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?