昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2,150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯として、数多くのセキュリティ対策を施していた中で、唯一評価端末に入っていたCylancePROTECTによる発見(検知)が”きっかけ”だったと記されています。 多くの企業では様々なサイバー攻撃への対策を行われていますが、本当に現状の対策のみで重要な情報を守れているのでしょうか。エムオーテックスへ相談に来られるお客様の中にも、高価な対策製品を複数導入したが、それでもランサムウェアに感染してどうすれば良いのかを悩まれている方がおられます。 エムオーテックスではこうした市場背景を受け、IT資産管理・内部情報漏えい対策からマルウェア対策までのエンドポイント管理を実現した “LanScope Cat Ver.8.4”を2017年初頭にリリースします。本セミナーでは、最新トレンドを交えながら進化したLanScopeシリーズをご紹介します。

セミナー・イベント名LanScope Cat 最新バージョンリリース発表会
開催日2017年02月03日(金) 14:30〜
開催場所TKPガーデンシティ博多新幹線口
住所福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋本社ビル 3F JR鹿児島本線 博多駅(筑紫口)より徒歩1分
参加費無料
主催エムオーテックス

終了しました


【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。