“無料”アンチウイルスソフトとして有名なアバスト。有料版「アバスト インターネットセキュリティ」の詳細についてはあまり知られていないようです。「アバスト インターネットセキュリティ」には他社にはない機能も搭載されており、中~上級者には満足度の高いセキュリティソフトです。

アバスト インターネットセキュリティの特徴や導入メリット

プラハに本社を置き、シリコンバレーとロンドンに主要オフィスを構える国際企業アバスト。アバストはコンシューマー向けセキュリティ製品の企業であると経営陣が方針を打ち出しています。ただ、一般的なコンシューマーが持つであろう技術知識のレベルの想定を、他社よりはるかに高く設定しているのがアバストです。

研究開発への集中投資による技術力

アバストの正社員の48%が研究開発に従事し、保有する特許の数は159件。研究開発部門へ徹底的に投資する企業方針を持つアバストは技術力勝負の企業です。

全従業員数は1,800人程度と他の大手セキュリティ企業と比較すると少ないですが、第三者機関による評価テストで1位を獲得したテストが多数あります。

完成度の高い無料版提供によるサンプル収集

各セキュリティソフトウェア企業の製品では“無料の試用版”が提供されていますが、試用版のため大半の製品が30日間で使用できなくなります。一方、アバストでは30日を超えても使い続けられる“無料”アンチウイルスソフトを提供していますが、この無料版の機能は有料版とほぼ引けを取りません。

無料版にはない機能には次のような機能がありますが、別途ファイアウォールソフトなどを追加すれば無料版を使い続けても遜色ないレベルの完成度です。

  • ファイアウォール機能
  • スパムやフィッシング メールのブロック

この無料版を提供し続けることこそアバストの経営戦略の一つ“フリーミアム販売モデル”を実行したものです。有料版とほぼ同等の機能を無償で提供することにより、アバストは4億3,500万人を超える業界最大のユーザー情報のデーターベースを蓄積しました。

引用Avast/Strategy

このデーターベースがアバストの日々の研究開発の素材として活用されます。この戦略においても研究開発力を高めるために投資するアバストの姿勢が色濃く現れています。

アバスト インターネットセキュリティの性能

アバスト インターネットセキュリティで特筆すべきは中・上級者が満足する個性的な機能です。第三者の評価機関による評価も交えつつ性能を紹介します。

マルウェア対策性能

アバストは著名な第三者性能評価機関AV-Comparativesによる「Product of the Year 2018」に選出されています。その受賞理由の詳細は次のとおりです。

受賞の総評に「使いやすいインターフェースとスマートなスキャン」が優れているためとあります。また、アバストの製品は“上級のユーザー”にとって使いやすい製品であろうとのコメントも付けられています。

2018年7月から11月度の「Real-World Protection(現実的な使用状況)テスト」で、アバスト製品は「Advanced +」と評価を受けています。その評価の根拠となる数字を見てみます。

防御率 誤検出
99.6% 10件

この防御率自体は18社の製品が参加したうち6位と、圧倒的に上位ということではありません。
「Advanced +」評価を得ているのは誤検出(疑わしくないものを誤って検出してしまうこと)が少ないことが一因のようです。

参照AV-Comparatives/Real-World Protection Test July-November 2018

セキュリティソフトが正規の挙動やファイルまでブロックしてしまったら作業や業務が滞ってしまいますね。

セキュリティソフトの防御率を評価するときには「ブロックした件数」から「正規のファイルを誤ってブロックしてしまった件数(誤検出)」をマイナスして検討しなくてはなりません。アバストの製品はブロックが必要なファイルだけを的確にブロックできた率が高かったということになります。

アバストならではの個性的な機能

アバスト インターネットセキュリティは他社のセキュリティソフトには見られない個性的な機能があります。いくつかを紹介しましょう。

サンドボックス

どのコンシューマー向けセキュリティソフトにおいても、「怪しいアプリはユーザーに実行させない」というのが大きな基本方針です。

アバスト インターネットセキュリティでは、「怪しいアプリをユーザーに安全に実行させる」機能が付いています。「サンドボックス」と呼ばれる機能で怪しいアプリをサンドボックスの制約内で実行させることで、サンドボックス外の部分には影響が及ばないようにアプリを実行するというものです。

例えば、口コミ評価は思わしくないが使ってみたい無料ソフトなど、コンピュータで実行する前に、サンドボックス内という安全な環境で実行してテストするという使い方ができます。

アバスト ギーク

アバストの少数精鋭の“ギーク”達が作り上げるアバスト インターネットセキュリティは「アバスト ギーク」なる設定も含まれています。

アバスト インターネットセキュリティの通常の設定画面では変更できない内部的なオプションやフラグをカスタマイズできます。設定画面の検索窓で“geek:area”と検索したときだけ表示される“裏”モードです。

製品ラインナップと価格

「アバスト インターネットセキュリティ」の製品ナインナップは次のとおりです。

価格 特徴
インターネットセキュリティ 3,580円(1年版) ご家庭での使用に必要十分な機能。
プレミア 4,480円(1年版) インターネットセキュリティに加えて次のような機能が追加。
Webカメラカメラを使ったスパイ行為を阻止
秘密ファイルのデータを完全消去する機能
他のアプリを自動的に更新する機能
アルティメット 8,980円(1年版) プレミアに加えて次のような機能が追加。
隠れた不要ファイルを削除しディスクの空き領域を開放
【VPN】インターネット接続を暗号化
【パスワードプレミアム】パスワードの漏洩やウェブサイトへのログインについて警告を受け取る

※2019年4月11日調べ

アバスト インターネットセキュリティの評判・口コミ

アバスト インターネットセキュリティは日本での知名度はいまひとつですが、特にヨーロッパ地域にて知名度が高いセキュリティソフトです。ここでは海外での評判や口コミを紹介します。

良い口コミ

I've been using Avast for a few years now and I don't plan to switch anytime soon.
Quick and Easy at a great price...
数年間Avastを使っていますが、近いうちに他に乗り換える予定はありません。安価ですがすばやく簡単。
引用:Avast Internet Security 2019/Amazon

悪い口コミ

Can't figure why it won't install correctly or why they keep saying to upgrade and need to purchase it again.
正しくインストールされずアップグレードを要求し続け再度の購入を要求してきます。
引用:Avast Internet Security 2019/Amazon

正しくインストールされないという口コミについては詳細不明ですが、筆者の環境(Windows 10)では特に問題なくインストールが完了しました。

まとめ

第三者機関の評価でも“上級者が使いやすい”と評価されていますが、はじめてセキュリティソフトを導入する方はほぼ使用しないだろうという細かな機能も備えているアバスト インターネットセキュリティ。

2本目のセキュリティソフトとしての購入またはスキャンの設定を細かくカスタマイズしたい中~上級の方におすすめしたい製品です。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?