P-Pointer File Security(アララ株式会社)
個人情報漏えい対策はP-Pointer File Securityで、今すぐ解決
  • PCもファイルサーバもリアルタイムにスキャン。ファイルを常にチェックし、個人情報を検出。
  • 保管ルール違反のファイルを検出して自動で対処。個人情報ファイルを見つけた後の人手による仕分け工数を軽減。
  • 洗練された使いやすいユーザ画面でファイル整理をかんたんに。

P-Pointer File Securityは、PCやファイルサーバの中から、ファイルの内容や属性情報をもとに保管ルールに違反している個人情報ファイルを検出し、然るべき対処を施す個人情報ファイル管理ソリューションです。

個人情報ファイルがどこにあるかをチェックでき、自動で移動したり削除したりできるため、個人情報ファイルの管理に課題をお持ちの企業様に最適なツールです。

製品・サービス概要

対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 ソフトウェア
参考価格 30ライセンス 25万円~
参考価格(補足)

年間サブスクリプションライセンス

製品・サービス詳細

P-Pointer File Securityは、PCやファイルサーバの中から、ファイルの内容や属性情報をもとに保管ルールに違反している個人情報ファイルを検出し、然るべき対処を施す個人情報ファイル管理ソリューションです。

個人情報ファイルがどこにあるかをチェックでき、自動で移動したり削除したりできるため、個人情報ファイルの管理に課題をお持ちの企業様に最適なツールです。

3つのステップで、PCやファイルサーバ上の個人情報ファイルを管理します。

  P-Pointer File Securityの特長

①PCもファイルサーバもリアルタイムにスキャン。ファイルを常にチェックし、個人情報を検出。

監視対象のフォルダにファイルがコピーされたりそのフォルダのファイルが更新されたタイミングで自動的にファイルを検索し個人情報を検出します。

そのため管理者は常に最新の状態を把握することができます。

 

②保管ルール違反のファイルを検出して自動で対処。個人情報ファイルを見つけた後の人手による仕分け工数を軽減。

検出後のファイルが本来どうあるべきなのかをあらかじめ設定することで、該当ファイルをよりセキュアなフォルダに自動で移動させ、自動で削除することができます。

③洗練された使いやすいユーザ画面でファイル整理をかんたんに。

保管ルールや社内ポリシーに違反しているファイルを従業員側でも分かりやすく確認でき画面からファイルの整理を行うことができるため従業員のセキュリティ意識向上にも有効活用いただけます。

システム構成

P-Pointer File Security(以下、PFS)の管理サーバを立て、各検索対象端末に個人情報検出を実行するエージェントをインストールします。

管理サーバから各エージェントに対し検索条件、検索実行、対処の指示を送ったり、
エージェントから管理サーバに検索結果を報告するなど定期的に通信を行います。

■検索対象がPCの場合

 ■検索対象がファイルサーバの場合

グルーピング機能をはじめ、組織での運用を意識した管理機能

個人情報の管理状況のチェックや管理方法に関する課題をします。

■検索設定
管理者は管理画面で、検索対象端末の指定、検索条件、ファイル管理ルールを定義し、検索実行のスケジュールと検出後の対処を設定します。
検索対象端末は、グルーピング機能で、部署毎などとりまとめたい単位を設定できます。

■結果確認
管理者は、ルールに違反しているファイルの検出結果、対処結果を確認できます。
グループ毎の管理者を設定できますので、各部門の管理者が、自部門の結果データのみを閲覧する機能もご用意しています。

■結果出力
検出結果は、検索終了時、または指定の日時、フォルダにcsv形式で自動出力できます。

 動作環境

管理サーバインストール先

OS Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 の各エディション
Windows Server 2012 / 2008 R2 SP1 以降の各エディション
※64bit版のみ
ソフト
ウェア
.NET Framework 4.0 以上
CPU Intel 互換 1.8 GHz 相当( 2.0 GHz 以上推奨)
メモリ 4GB以上
HDD 300MB 以上の空き容量+結果データの容量
※結果データはお客様のデータ保有量によって異なります。

エージェント インストール先

OS Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista の各エディション
Windows Server 2012 / 2008 R2 SP1 以降の各エディション
※64bit版または32bit版
ソフトウェア .NET Framework 4.0 以上
CPU Intel 互換 1.8 GHz 相当( 2.0 GHz 以上推奨)
メモリ 4GB以上
HDD 300MB 以上の空き容量+結果データの容量+圧縮ファイルの一時展開に使用する領域
※結果データはお客様のデータ保有量によって異なります。

企業情報

会社名アララ株式会社
本社所在地

東京都港区南青山2-24-15青山タワービル別館

設立年月2006年8月
資本金330,100,000円
従業員数68名
事業内容

・カード事業
・メール事業
・データセキュリティ事業
・AR事業
・スマートフォン事業

代表者名岩井陽介
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?