あらゆる「モノ」がネットワークに接続するIoT化の流れは、小型デバイスだけでなく工場やプラントの制御機器などにも及んできています。これら産業用制御システムにおけるIoTの利活用はIndustrial IoTと呼ばれ、生産効率化などの面で重要な施策として認知されつつあります。

一方、産業用制御システムのセキュリティ(OTセキュリティ)のように人間や社会に物理的な相互作用を及ぼす「モノ」が、サイバー攻撃によってコントロールを奪われてしまうと、経済的損失に加え、現実社会に甚大な被害を与える結果につながります。そのため、Industrial IoTが当然備えているべき一般的な要件として、セキュリティに対する注目がますます高まってきています。

Industrial IoTと一括りで表しても、産業分野毎にIoTの利活用のされ方は大きく異なっていますが、今回のセミナーでは、横断的な課題であるIndustrial IoTのネットワークセキュリティ対策について、具体的な事例を交えて解説します。

セミナー・イベント名攻めのIoT化を加速するためのセキュリティ ~産業用制御システムをサイバーセキュリティの脅威から守れ!~
開催日2018年06月22日(金) 14:00〜17:30
開催場所野村総合研究所東京本社
住所東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティグランキューブ29F
参加費無料
定員(人数)40名
主催GE Digital、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、丸紅情報システムズ株式会社

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?