ビジネス基盤としてのクラウドサービス利用が近年急激に増加しております。それに伴いクラウドサービスをいかに安全に使うか、安全でないクラウドサービスをいかに使わせないかが企業の課題となっております。

上記踏まえ、当日はクラウドサービスのセキュリティ基準、データの機密度に応じたアクション設定など、クラウド環境において求められる対策をご案内します。

後半セッションでは、弊社のCASB提案事例なども踏まえて“具体的なCASB検討ケース/CASB活用事例”をお伝えします。

当日はCASB専任エンジニアによる相談会もございますので、是非この機会にCASB活用のポイントをご理解頂ければ幸いです。

セミナー・イベント名クラウドセキュリティと情報リスクを踏まえたCASB検討の必要性
開催日2018年01月25日(木) 10:00〜12:00
開催場所株式会社エルセナ(マクニカグループ)
住所〒163-0928 東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリス28F
参加費無料
定員(人数)20名

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?