サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

iPhone用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較



「スマートフォンは小さなパソコン」というのは、今ではかなり認識される方も多くなってきました。見た目は普通の携帯電話ですがインターネットを閲覧し、さまざまなアプリを使うスマートフォンは、従来の携帯電話とはまったく違ったセキュリティ対策が必要になります。

メールなどのやりとりをスマートフォン上で行う方の割合は年々増えてきており、マルウェアなどへの感染の危険性が高まっているのです。

今回はiPhoneに着目し、セキュリティアプリの選び方を考えていきます。

iPhone用セキュリティ対策アプリの選び方

iPhoneのセキュリティ対策を行うためのアプリはどのように選べば良いのでしょうか。

実は最近までiPhone用のセキュリティ対策アプリは事実上ありませんでした。それは、“安全である”と思われていたからです。しかし、現在では危険性について認識されてきたこともあり、大手セキュリティベンダーを含む各社からアプリがリリースされています。

そこで、選ぶ基準としてはPC用などと同じように以下の通りとなります。

  1. ウィルス検知機能は十分かどうか
  2. 軽量で高速で動作するか
  3. 盗難・紛失等の対策があればなおよし

これを踏まえて、iPhoneで使える代表的なセキュリティ対策アプリをいくつか比較してみましょう。

iPhone用セキュリティ対策主要4アプリについて

1 ノートンモバイルセキュリティ

セキュリティベンダー大手のシマンテック社によるアプリです。

シマンテック社はノートンシリーズとしてPC用のセキュリティ対策ソフトをリリースしているのでご存知の方も多いでしょう。
▶︎詳細はこちら
30日無料体験版あり

長所
  • 紛失、盗難時にアラームが出せる
  • 紛失、盗難時に位置情報で場所を確認できる
  • 24時間のサポート体制が整っている
短所
  • iPhone版ではウィルススキャン機能等はなく、あくまで紛失・盗難にあった際のサポートのみ

2 ウィルスバスターモバイル

セキュリティベンダー大手のトレンドマイクロ社によるアプリです。

トレンドマイクロ社はPC用のウィルスバスターシリーズで有名です。
▶︎詳細はこちら
30日無料体験版あり

長所
  • Webサイトのスキャンなどや脅威対策機能も充実している
  • facebookやTwitterなどのSNSのプライバシー設定機能を持っている
  • データバックアップ機能を持っている
短所
  • 値段が多少高価
    ダウンロード1年版¥3,065
    ダウンロード2年版¥5,637

3 Kaspersky Safe Browser

ロシアのセキュリティベンダーであるカスペルスキー社によるアプリです。

このアプリはセキュリティ対応のブラウザです。
▶︎詳細はこちら
30日無料体験版あり

長所
  • Webサイトの脅威防止機能が充実している(アンチフィッシング機能など)
  • ブロックするWebサイトの種類を自由に設定できる
短所
  • あくまでもブラウザなので、iPhone全体のセキュリティ対策は出来ない。

4 マカフィー・モバイル・セキュリティ

セキュリティベンダー大手のマカフィー社によるアプリです。

▶︎詳細はこちら

長所
  • 紛失、盗難時のデータ保護などの機能が充実している
  • 紛失、盗難時の位置検索ができる
  • データのバックアップ機能がある
短所
  • あくまで紛失、盗難時に向けた機能に特化しており、セキュリティ対策機能としては弱い。

総合的なセキュリティは「ウィルスバスターモバイル」

ここまで、下記4種のアプリを見てみました。

  1. シマンテック社の「ノートンモバイルセキュリティ
  2. トレンドマイクロ社の「ウィルスバスターモバイル
  3. カスペルスキー社の「Kaspersky Safe Browser
  4. マカフィー社の「マカフィー・モバイル・セキュリティ


これら4種を改めて見てみると、iPhone向けのセキュリティ対策アプリについては、現状は盗難や紛失への対策など特定の機能に特化しているものがほとんどであることがわかります。

ここで紹介したものについても総合的なセキュリティ対策アプリと言えるのは「ウィルスバスターモバイル」だけです。

したがって、アプリの使い方としては「ウィルスバスターモバイル」がオススメと言えるでしょう。このアプリを使うことで、iPhoneをセキュリティ上の脅威から効率よく確実に守ることが出来るのではないでしょうか。
▶︎ウィルスバスターモバイルの詳細はこちら

まとめ

総務省の「平成30年度版情報通信白書」でもスマートフォンの普及率が60%を超えていることが示されましたが、これに呼応するかのようにスマホを狙うウィルス等が増え、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)からも注意喚起やセキュリティ対策の指南が出されています。

よくスマートフォンのセキュリティ対策といえばAndroidの話でiPhoneは関係ないと思われているケースがありますが、それは完全な誤りです。iPhoneを狙うXcodeGhostのようなウィルスの例もあります。決してiPhoneも安全ではないのです。

攻撃されてから慌てるのではなく、“日頃のセキュリティ対策”を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

[参考:端末別のセキュリティソフト・アプリの選び方]
セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較
iPhone用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較
Android用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較
Mac用セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較
iPad用セキュリティアプリの選び方と主要4ソフト比較

 



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。