iPhone用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較

この記事は約 4 分で読めます。


「スマートフォンは小さなパソコン」というのは、今ではかなり認識される方も多くなってきました。見た目は普通の携帯電話ですがインターネットを閲覧し、さまざまなアプリを使うスマートフォンは、従来の携帯電話とはまったく違ったセキュリティ対策が必要になります。

今回はiPhoneに着目し、セキュリティアプリの選び方を考えていきます。

iPhone用セキュリティ対策アプリの選び方

iPhoneのセキュリティ対策を行うためのアプリはどのように選べば良いのでしょうか。

実は最近までiPhone用のセキュリティ対策アプリは事実上ありませんでした。それは、“安全である”と思われていたからです。しかし、現在では危険性について認識されてきたこともあり、大手セキュリティベンダーを含む各社からアプリがリリースされています。

そこで、選ぶ基準としてはPC用などと同じように以下の通りとなります。

  1. ウィルス検知機能は十分かどうか
  2. 軽量で高速で動作するか
  3. 盗難・紛失等の対策があればなおよし

これを踏まえて、iPhoneで使える代表的なセキュリティ対策アプリをいくつか比較してみましょう。

iPhone用セキュリティ対策主要4アプリについて

1 ノートンモバイルセキュリティ

セキュリティベンダー大手のシマンテック社によるアプリです。

シマンテック社はノートンシリーズとしてPC用のセキュリティ対策ソフトをリリースしているのでご存知の方も多いでしょう。
▶︎詳細はこちら

長所
  • 紛失、盗難時にアラームが出せる
  • 紛失、盗難時に位置情報で場所を確認できる
  • 24時間のサポート体制が整っている
短所
  • iPhone版ではウィルススキャン機能等はなく、あくまで紛失・盗難にあった際のサポートのみ

2 ウィルスバスターモバイル

セキュリティベンダー大手のトレンドマイクロ社によるアプリです。

トレンドマイクロ社はPC用のウィルスバスターシリーズで有名です。
▶︎詳細はこちら

長所
  • Webサイトのスキャンなどや脅威対策機能も充実している
  • facebookやTwitterなどのSNSのプライバシー設定機能を持っている
  • データバックアップ機能を持っている
短所
  • 値段が多少高価
    ダウンロード1年版¥3,065
    ダウンロード2年版¥5,637

3 Kaspersky Safe Browser

ロシアのセキュリティベンダーであるカスペルスキー社によるアプリです。

このアプリはセキュリティ対応のブラウザです。
▶︎詳細はこちら

長所
  • Webサイトの脅威防止機能が充実している(アンチフィッシング機能など)
  • ブロックするWebサイトの種類を自由に設定できる
短所
  • あくまでもブラウザなので、iPhone全体のセキュリティ対策は出来ない。

4 マカフィー・モバイル・セキュリティ

セキュリティベンダー大手のマカフィー社によるアプリです。
▶︎詳細はこちら

長所
  • 紛失、盗難時のデータ保護などの機能が充実している
  • 紛失、盗難時の位置検索ができる
  • データのバックアップ機能がある
短所
  • あくまで紛失、盗難時に向けた機能に特化しており、セキュリティ対策機能としては弱い。

総合的なセキュリティは「ウィルスバスターモバイル」

ここまで、下記4種のアプリを見てみました。

  1. シマンテック社の「ノートンモバイルセキュリティ」
  2. トレンドマイクロ社の「ウィルスバスターモバイル」
  3. カスペルスキー社の「Kaspersky Safe Browser」
  4. マカフィー社の「マカフィー・モバイル・セキュリティ」

これら4種を改めて見てみると、iPhone向けのセキュリティ対策アプリについては、現状は盗難や紛失への対策など特定の機能に特化しているものがほとんどであることがわかります。

ここで紹介したものについても総合的なセキュリティ対策アプリと言えるのは「ウィルスバスターモバイル」だけです。

したがって、アプリの使い方としては「ウィルスバスターモバイル」がオススメと言えるでしょう。このアプリを使うことで、iPhoneをセキュリティ上の脅威から効率よく確実に守ることが出来るのではないでしょうか。
▶︎ウィルスバスターモバイルの詳細はこちら

最後に

総務省の「平成27年度版情報通信白書」でもスマートフォンの普及率が60%を超えていることが示されましたが、これに呼応するかのようにスマホを狙うウィルス等が増え、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)からも注意喚起やセキュリティ対策の指南が出されています。

よくスマートフォンのセキュリティ対策といえばAndroidの話でiPhoneは関係ないと思われているケースがありますが、それは完全な誤りです。iPhoneを狙うXcodeGhostのようなウィルスの例もあります。決してiPhoneも安全ではないのです。

攻撃されてから慌てるのではなく、“日頃のセキュリティ対策”を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

IT企業10年間、Linux・Windows系のサーバ・インフラ系構築・運用エンジニアとして経験を積み、現在は、とある企業で社内SEとして活動。 多種多様な業務に携わってきたため知識は幅広く、得意分野はLinuxをはじめとしたサーバー構築。社内セキュリティ担当者としての経験も長く、セキュリティソフトウェアや、ゲートウェイ対策にも精通している専門家として活躍中。 >プロフィール詳細

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ