サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

CloudCoffer on Cloud(株式会社アリス)

【CloudCofferの高い検知・遮断精度はそのままでSaaS型により安価でお手軽】

CloudCofferは世界トップクラスのAI技術と、ホワイトハッカーのリアルな攻撃に対する知見を合わせて開発されたセキュリティシステムです。
既知の脆弱性に対する攻撃だけではなく、攻撃に関する手法や通信の特徴を高度に把握するAIエンジンにより、難読化された攻撃やゼロデイ攻撃など未知の攻撃も予測して検知できます。
誤学習を受け付けない堅牢なAIであるため、攻撃が高度化しても検知率が高く、あらゆる攻撃から防御可能なセキュリティソリューションです。

CloudCoffer on Cloudは、CloudCofferのAIエンジンをそのまま使用し、最高峰の検知能力と充実のサービスによるWebサーバーの保護をお手軽に体験できます。
DDoS対策、複数のFQDNの保護など、on Cloud版だけの充実した機能により、さらなる安全性を実現します。しかも、導入しやすい料金プランにより、抜群のコストパフォーマンスで提供いたします。

1か月間の無償トライアルも実施しておりますので、この機会に是非、先進のクラウド WAF CCC (CloudCoffer on Cloud)をご体験ください。

3つのポイント

  • POINT 01

    世界最高峰のAIエンジン搭載!ゼロデイ攻撃も検知・遮断

  • POINT 02

    追加料金なしで複数サイトの監視が可能

  • POINT 03

    DDoS対策付き

画面サンプル

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 クラウド|サービス
参考価格 月額:5Mbps/3FQDN:58,000円~(税抜、最低利用期間:なし※お申込み、契約条件などの詳細は別途お問い合わせ下さい。)

資料サンプル

製品・サービス詳細

CloudCoffer on Cloudとは

CloudCoffer on Cloudは、Webサーバーへの外部からんサイバー句檄を防御し、個人情報漏洩、不正電子取引、ホームページの改ざん、BOT化、サービス停止などからWebサイトを守る次世代のSaaS型クラウドWAFサービスです。

CCCの特長

導入

  • SSL証明書のアップロード及びDNSの設定変更で導入可能
  • 申し込みから1週間程度で提供

保護対象

  • 標準でhttpとhttpsのFQDNセットを3セットもしくは5セットまで登録可能
  • オプションで最大15セットまで登録可能

検知能力

  • 既知の攻撃に加え、シグネチャー方式のWAFでは検出困難なゼロデイ攻撃(新規の攻撃)や難読化された攻撃(シグネチャーでマッチしないように文字列を変更した攻撃)をAIエンジンで検出

個別設定

  • カスタムルール及び除外リストにより、検知対象をカスタマイズ可能(近日サービス予定)

柔軟な対応

  • WebサーバーとFTPサーバーのFQDNを共有しているケースへの対応、セッションタイムアウト値の個別設定、大容量ファイルのアップロード・ダウンロード対応など、個別要件への対応を検討

専用WAF

  • セキュリティ面や性能面を考慮して、ユーザー毎に専用のWAFサーバーを提供

ユーザーの負担

  • 運用は全てCCC側で行うため、セキュリティの専門家は不要
  • 脅威の発生状況や防御の状況は専用のGUI及び自動生成されるレポートで確認が可能

対応可能な攻撃

  • 不正アクセス
    CloudCofferの得意とする領域。不正な侵入の試行などを検知。
  • 改ざん防止
    CloudCofferの得意分野の一つ。クロスサイトスクリプティングなどの検出に非常に有効。
  • ウィルス(マルウェア、ランサムウェア)
    送られてきたデータに含まれる難読化されたマルウェアを判別して止めるほか、Sandbox機能(オプション・近日提供予定)によるより詳細な解析も可能。
  • 情報漏えい
    リバースシェルなどの検知による不正なアクセスを防止。CloudCofferによって防いだ事例は多々あり。
  • 脆弱性攻撃
    海外のユーザー企業がCloudCofferを入れる一番の理由としてあげられるもの。公開された脆弱性をついた攻撃だけでなく、その亜種や難読化された攻撃も検知。
  • 乗っ取り・コード書換
    不正アクセスや脆弱性をついた攻撃によるWebの書き換え試行を検知して防護。
  • DDoS攻撃
    多数のリクエスト・攻撃を検知した際に通信を遮断する機能を提供。

企業情報

会社名株式会社アリス
本社所在地

〒163-0510
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル10階

設立年月2001年6月27日
資本金4,000万円
従業員数192名
事業内容
  • ビジネスソリューションサービス
  • ソフトウェア開発
  • プロダクトセールス
  • 調査研究事業
  • AIセキュリティ
代表者名小林 昭伍