昨今の情報漏えいに見る課題と認証強化・ID管理の必要性
クラウドやモバイルの利用により、多くのアプリケーションが従業員の生産性を大幅に向上させています。ところが、増加するアプリケーションは、セキュリティの観点で、以下の課題を残しています。その課題は、セキュリティの脆弱性を生み出すだけでなく、企業の大きなリスクとなる情報漏えいに発展することもあります。

課題
1.アプリケーション毎にある無数のIDやパスワードの管理
2.脆弱なパスワード利用による第三者の閲覧
3.増加するアプリケーションへの煩雑なアクセス権の管理

情報漏えいの事例とその解決策としてのRSAソリューションを2つのパートに分け、デモを交えて解説します。

セミナー・イベント名昨今の情報漏えいに見る課題と認証強化・ID管理の必要性
開催日2017年06月16日(金) 13:00〜
開催場所TKPガーデンシティ天神 S-2
住所福岡県福岡市中央区天神2-14-8福岡天神センタービル 8F
参加費無料(事前登録制)
定員(人数)30名
主催EMCジャパン株式会社 RSA

終了しました


情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?