サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

外付けハードディスク(HDD)の故障原因、復旧・復元方法について解説



大切なデータのバックアップを保存したり、大容量のデータを持ち運ぶ際に活躍する外付けハードディスクは、経年劣化などにより故障することがあります。

万が一故障が発生した際、何よりも救出したいのは内部のデータです。本記事では、外付けハードディスクの故障の種類や、障害別のデータ復旧(復元)方法について徹底解説します。

外付けハードディスクを認識しない場合の確認方法

外付けハードディスクを認識しない場合は、次の順でチェックし不具合の原因を特定しましょう。

電源やUSBケーブルの接続が正しいか確認する

まず、ハードディスクを認識しない原因が、ハードディスクそのものの問題なのか、付属品の問題なのかを切り分けます。USBケーブルやACアダプタの接続が正しく行われているか確認しましょう。電源スイッチの入れ忘れも多いため、外付けハードディスクに電力供給がされているか、電源ランプで確認してください。

USBケーブルの確認をする際は、USBハブなどは使用せずに直接パソコンにUSBケーブルを接続します。また、USBケーブルをきちんと接続してもハードディスクを認識しない場合は、別のUSBポートに接続したり、別のパソコンに接続するなどして、原因がUSBケーブル側にあるのかを突き止めます。

デバイスが認識されているか確認しドライバを更新

USBケーブルやACアダプタに問題がない場合、疑われる原因は外付けハードディスク本体の不調です。外付けハードディスクが正しく認識されているかはデバイスマネージャーで確認できます。
ハードディスクが正しく認識されていた場合、Windowsでは、Windowsメニューの「デバイスマネージャー」の”ディスクドライブ”に、外付けハードディスクの型番が表示されます。デバイスマネージャーが外付けハードディスクを認識していることが確認できたら、外付けハードディスクのドライバを最新版に更新します。

デバイスマネージャーが認識していない場合は、外付けハードディスクが故障している可能性があるため、次の方法に従って、復旧・復元させることをおすすめします。

外付けハードディスクの故障の種類

外付けハードディスクの故障を引き起こす障害を症状別に解説いたします。

製品付属のUSBケーブルやACアダプタの故障

外付けハードディスクの故障で盲点になりやすいのが、付属のUSBケーブルやACアダプタの不具合です。外付けハードディスクに付属のUSBケーブルは、頻繁に抜き差しを繰り返すため接触不良が起きたり、基盤が劣化することがあります。ACアダプタも同様に、経年劣化により電力供給が不安定になり、ハードディスクの動作が安定しない原因になることがあります。

論理障害

外付けハードディスクの部品等には問題がないものの、記録されているデータが破損、もしくは、ヒューマンエラーによって発生するのが「論理障害」です。ハードディスク自体は正常に起動することもあるため、物理障害よりも障害に気づきにくく、発覚が遅れやすい障害でもあります。

物理障害

外付けハードディスクの部品が物理的に破損して発生するのが「物理障害」です。ハードディスクは様々な部品で構成されていますが、これらのいずれかが破損することで不具合が発生します。また経年劣化による故障も物理障害に含まれます。また、物理障害ではHDDの開封作業が必要な場合がほとんどであり、個人での作業は厳しいです。

 

論理障害でよくある症状例

以下のような症状が出ている場合は論理障害を起こしている可能性が高いです。

  • データの誤削除
  • 誤フォーマット
  • パーティションの削除
  • PC・OSが起動しない
  • 個人でシステムに操作を加えた

データの誤削除

誤って、ファイルやフォルダ等のデータを削除してしまった場合は、とにかく電源を切り、それ以上使用しないようにしましょう。画面上では、完全に削除をしてしまい、データが見えないように見えますが、上書きされるまではデータが存在します。電源を入れて作業をしていると、新しいデータに削除したデータが上書きされて、削除したデータの痕跡を取り出せなくなる可能性があります。

また、この場合は、データ復元ソフトで個人的に復旧作業ができる場合があります。しかし、復元ソフトのインストールなどで上書きが行われてしまう可能性があります。データの重要度が高い場合は、ソフトの使用を控えましょう。

誤フォーマット

フォーマットとは、ファイルやデータの出し入れを担っているファイルシステムを再構築することです。フォーマットをすることで、これまで入っていたデータは取り出せなくなってしまいます。しかし、物理フォーマットをしていない場合や、データ削除ツールを使っていない場合、データ自体は残っている場合が多いので、専用のツールを使って復旧できる可能性が高いです。

また、この場合も、市販のデータ復元ソフトで個人的な復旧作業ができる場合がありますが、データの重要度が高い場合は使用を控えましょう。

パーティションの誤削除

誤ってパ-ティションの削除をしてしまった場合も、すぐに再作成せずに安全な復旧作業を行うことが重要です。パーティションとは、ハードディスクなどの記憶媒体に設定された領域の一つ一つを指す言葉です。この場合は、専用のツールを使用し、復旧作業を行えば、削除したパーティション・データも元通りに復旧できます。

また、この場合も、市販のデータ復元ソフトで個人的な復旧作業ができる場合がありますが、データの重要度が高い場合は使用を控えましょう。

PC・OSが起動しない

ブルースクリーンやファイルが見つからない等の問題が発生し、アプリケーションやOS、ファイルを起動できない場合があります。この症状は、後述する物理障害という障害と論理障害のどちらでも認められる症状であり、軽度の論理症状の場合であれば、データ復元ソフト等で個人的に復旧作業を行える場合があります。

しかし、物理障害があるHDDや重度の論理障害があるHDDに、ソフトを使用してしまうと症状が悪化してしまいます。
データの重要度が高い場合や障害の判断ができない場合は使用は避けましょう。

個人でシステムに操作を加えた

重要なデータの復旧作業を、データ復元ソフトやOSの再インストール等の作業で試みている場合は、直ちに中断し電源を切りましょう。また、既に個人での復旧作業を行ってしまった場合は、これ以上の操作は控えてください。個人的な作業は、消えてしまったデータの痕跡にどんどん上書き作業をしてしまう可能性があります。
痕跡に新しいデータが上書きされた場合は、データ復旧専門業者でも、復旧難易度が上がってしまいます

再三ですが、個人での復旧作業は、データの重要度が低い場合のみ行ってください。

物理障害でよくある症状例

以下のような症状が出ている場合は物理障害の可能性が高いです。

  • 異臭がする
  • 異音がする
  • 認識しない
  • 落下させた
  • 全く動かない

異臭がする

PCを使用中にバチッという音がする場合や、発煙している場合があります。この場合は、火災の恐れもあるため、直ちに通電を避け、換気等の行動をしてください。自作PCなどで、基盤の配線等に問題があった場合や、外部機器(ケーブルなど)の障害が原因として考えられます。

この症状の場合には、ハードディスク本体(機器)が必要な場合は、修理業者・メーカーへ、ハードディスク内部にあるデータが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談してください。

異音がする

PC起動後などに、ハードディスクから「カタカタ」「カチカチ」等の異音がする場合、内部の機器が異常である可能性が高いです。この状態での通電は、プラッタというデータを保存している部分に、磁気ヘッドという読み書きを行う部品が接触してしまう場合があり、最悪の場合ハードディスクの最重度障害「スクラッチ」を引き起してしまいます。

異音の種類にもよりますが、交換用部品や、専門の機器・設備がないと復旧をすることはできません
この症状の場合にも、ハードディスク本体(機器)が必要な場合は、修理業者・メーカーへ、ハードディスク内部にあるデータが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談してください。

認識しない

PC本体、もしくはハードディスク本体の故障の可能性が高いです。また、ケーブル等の外部機器に問題がある場合もあります。ハードディスクは繊細な機器であり、消耗品でもあるので、「5分前には動いていたのに、、、」という場合でも壊れることはあります。ハードディスクが「動くか」を早く判断したく、電源を何度も入れ直してしまうと状態はさらに悪化してしまいます。また、ハードディスク障害の中で、比較的発生しやすい症状でもあり、個人で障害の程度を判断してしまいがちです。その結果、中の「データ」を失ってしまうこともあります。

何か異音(カチカチ、カタカタなど)がする際は、ハードディスク内部の機器が発生しているため、すぐに通電をやめましょう。

落下させた

ハードディスクは繊細な機器であるため、落下に限らず強い衝撃が加わると、内部の部品が破損してしまいます。この状態での通電は、中の部品が正常に作動しないため、データの記録面に傷をつけてしまう可能性があります。その結果、ハードディスク最重度障害の「スクラッチ」を引き起こしてしまうこともあります。

また、角度が良かったり、ハードディスク自体の耐久性が高く、直後に正常に作動する場合があります。しかし、この状態は、いつ異常な動作が発生するか分からないような状態ですので、重要度の高いデータからデータ移行をしましょう。ただし、通電を伴う作業であるためデータ損失のリスクがあります。

全く動かない

電源周りや内部モータの問題、もしくは記録面であるプラッタと読み書きをする磁気ヘッドの癒着である可能性が高いです。この場合、データの記録面が無事であれば比較的高い復旧率で復旧できます。

しかし、ハードディスクを開封する必要性は変わらないため、個人での復旧はほぼ不可能です。繰り返しになりますが、ハードディスク本体(機器)が必要な場合は、修理業者・メーカーへ、ハードディスク内部にあるデータが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談してください。

外付けハードディスクが故障した場合の注意点

外付けハードディスクが故障した際、安全にデータを救出するためにいくつか注意点があります。必ず確認してから今後の対処を検討してください。

通電し続けない

外付けハードディスクが故障している状態で通電し続けることは控えましょう

故障している状態で通電を行うと、ハードディスク内部でデータの読み書きを行う「磁気ヘッド」が不規則に動作し、データの記録面である「プラッタ」と衝突し傷つけてしまいます。結果的に、データが記録されている面が破壊され、データ復旧・修理ともに困難となってしまいます

電源のON・OFFを繰り返さない

ハードディスクが故障している状態で、電源のON・OFFや再起動を繰り返すのはやめましょう

電源のON・OFFや再起動は外付けハードディスクに大きく負荷がかかる行為で、繰り返すと故障の症状が悪化する可能性が高いためです

分解はNG

外付けハードディスクは、そもそも分解を前提として作られていないため分解は控えましょう

ハードディスクは精密部品で構成されており、小さな塵やホコリも故障の原因になります。データ復旧の専門業者の中には分解専用のクリーンルームを備えている業者もあり、外付けハードディスクを分解するときには必ずクリーンルーム内で行うほどです。このような設備のない環境で分解作業を行うと、内部に付着した塵やホコリによって外付けハードディスクの故障箇所がさらに拡大してしまう可能性があります。また、分解を行うとメーカーの保障対象外になってしまうほか、その後復旧・復元業者でも対応できない場合もあります。

個人でのデータ復旧作業はリスクを覚悟して行う

一度傷が付いてしまったハードディスクを完全に元の状態に戻すことはできません。また、データ復旧・復元ソフトでスキャンを実行し失敗してしまった場合、データが上書きされたり、物理的な故障が悪化しデータが消失してしまうことがあります。このように対処方法を誤ると本来復旧できるデータであっても失われる可能性があります。

自力での復旧作業を行う際には上記の点に十分に留意してください。もし作業に失敗した際は何度も復旧・復元を繰り返し試すのではなく、一度作業をストップして原因を正確に突き止める必要があります。

そのため、安全・確実にデータを取り出したい場合はデータ復旧の専門業者に相談しましょう。相談を検討される方は、下記を参考にしてみてください。

外付けハードディスクの復旧・復元方法

外付けハードディスクが故障してしまった場合の復旧・復元方法は大きく分けて3つあります。下記の図を参考に、目的に合わせた対処法を選択しましょう。

メーカー・修理業者に相談する

外付けハードディスクを修理して再び使用できるようにしたい、保存されているデータは不要といった場合はメーカーや修理専門業者に相談することをおすすめします。

ただし修理は、あくまで「ハードディスクを使えるようにする」ことが目的なので、内部の「データ」が初期化されてしまうことがほとんどです。もし大切なデータを外付けハードディスクに保存している場合は、メーカーや修理業者ではなくデータ復旧業者に相談しましょう。

データ復旧・復元ソフトの使用

ハードディスク内部のデータが必要な場合、データ復旧・復元ソフトを使用する方法があります。データ復旧ソフトには「個人で手軽に利用できる」「比較的安価に済む可能性がある」等のメリットがあります。

注意点として「ハードディスクの部品に不具合がある等、物理的な障害には対応できない」「スキャンの実行で負荷がかかりハードディスク内部の障害を悪化させてしまう可能性がある」などのデメリットもあげられます。また、データ復旧ソフトでは軽度の論理障害に対応が可能ですが、一個人ではハードディスクの障害箇所や障害の程度を正確に把握するのは難しいのも事実です。安全に救出したい重要なデータの場合には、復旧・復元ソフトの使用は避けるのが賢明でしょう。

データ復旧専門業者へ相談

外付けハードディスク内部のデータが必要な場合、専門のデータ復旧業者へ相談する方法もあります。

データ復旧業者の場合は、蓄積された技術と経験から的確に障害箇所の特定ができるため「物理障害・論理障害」の両方に対応が可能です。しかし、データ復旧業者は国内に100社以上あると言われており業者ごとに技術力には大きな差があります。中には「市販の復旧ソフトをかけるだけ」といった業者もあるため、業者選びを行う際は技術力がどの程度あるか見極めが必要です。特に物理障害の起きている機器からデータを復旧する場合、手術室と同等の防塵施設(クリーンルーム)での作業が必要です。

業者を選ぶ際は「専門設備」や「対応実績」などを事前に確認し、障害機器にあった適切な業者を選ぶようにしましょう。

おすすめデータ復旧サービス・製品

外付けハードディスクのデータを失わない為にも、技術力が高く信頼できる業者に相談が必要です。しかし、データ復旧業者は国内に100社以上あると言われているため、「専門設備」や「対応実績」などをすべて確認することは難しいです。

そこで、データ復旧サービス各社の価格内容(対応製品)、期間特長から徹底的に比較した、おすすめのサービスをご紹介します。
(2021年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

外付けハードディスクの故障の種類やデータ復旧・復元の方法について紹介しました。

外付けハードディスクの寿命はPC内蔵のハードディスクと同様に約3年と言われています。特にポータブルタイプでは持ち運ぶ機会も多く、落下や水没の影響を受けやすくなります。元々、外付けハードディスクは、ユーザーによる分解や修理を前提として設計されていないため、中のデータを復旧・復元する作業は、専門の業者に任せることをおすすめします。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。