サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

外付けハードディスクの故障、復旧・復元方法について解説

  • LINEで送る

大切なデータのバックアップを保存したり、大容量データを外に持ち運ぶときに活躍する外付けハードディスクも、経年劣化などにより故障することがあります。
万が一、故障時が発生した場合、何よりも救出したいのは内部のデータです。本記事では、外付けハードディスクの故障の種類やデータ復旧・復元の方法について解説します。

外付けハードディスクの種類と特徴

PC内部のハードディスクに対し、PCに接続して使用するタイプのハードディスクを「外付けハードディスク」と言います。外付けハードディスクは、主に据え置き型とポータブル型とに分類できます。

据え置き型


据え置き型は、本体サイズが大きく、机上などに設置して使用することが前提のハードディスクです。保存容量も大きく消費する電力量も多いため、ACアダプタで電源に接続する必要があります。

ポータブル型


ポータブル型は、ポケットにも入るコンパクトサイズのハードディスクで、持ち運びに便利です。保存容量は据え置き型に比べて少ないですが、消費電力量も少ないため、バスパワー(USBケーブルからの給電)に対応している商品も多くあります。

外付けハードディスクの故障の種類

外付けハードディスクはどのように故障することが多いのでしょうか。主な3つの原因を紹介します。

論理障害

外付けハードディスク自体には問題がないものの、記録されているデータが破損して障害が発生するのが「論理障害」です。論理障害があるハードディスクでは、OSを起動できない・ファイルやフォルダが開けない・勝手にファイル名が書き変わるなどの不具合が発生します。ハードディスク自体は正常に起動することもあるため、次に紹介する物理障害よりも障害に気づきにくく、発覚が遅れがちです。
論理障害の原因には次のようなものがあります。

  • ハードディスクの経年劣化によるプログラムファイルの破損
  • マルウェアへの感染によるプログラムの破損
  • 誤操作によるデータ消去や初期化

物理障害

外付けハードディスクが物理的に破損したために発生する障害が、「物理障害」です。ハードディスクは様々な部品で構成されていますが、これらのいずれかが破損することで不具合が発生します。物理障害が発生すると、異音や異臭・発熱・フォーマットが促される・BIOSがハードディスクを認識しない・OSが起動しない・頻繁に再起動するなどの症状が現れます。
物理障害の原因には次のようなものがあります。

  • 振動や衝撃・熱暴走
  • 高い場所からの落下や水没
  • 長時間の使用による経年劣化

製品付属のUSBケーブルやACアダプタの故障

外付けハードディスクの故障で盲点なのが、付属のUSBケーブルやACアダプタの不具合です。USBケーブルは頻繁に抜き差しを繰り返すため接触不良が起きたり、基盤が劣化することがあります。ACアダプタも同様に、経年劣化により電力供給が不安定になり、ハードディスクの動作が安定しない原因になることあります。

外付けハードディスクを認識しない場合の対処法

外付けハードディスクを認識しない場合は、次の順でチェックし不具合の原因を特定しましょう。

電源やUSBケーブルの接続が正しいか確認する

まず、ハードディスクを認識しない原因が、ハードディスクそのものの問題なのか、付属品の問題なのかを切り分けるため、USBケーブルやACアダプタの接続を確認します。電源スイッチの入れ忘れも意外に多いので、外付けハードディスクに通電しているか電源ランプで確認しましょう。
USBケーブルの確認をする際は、USBハブなどは使用せずに直接パソコンにUSBケーブルを接続します。また、USBケーブルをきちんと接続してもハードディスクを認識しない場合は、別のUSBポートに接続したり、別のパソコンに接続するなどして、原因がUSBケーブル側にあるのかを突き止めます。

デバイスが認識されているか確認しドライバを更新

USBケーブルやACアダプタに問題がない場合、疑われる原因は外付けハードディスク本体の不調です。外付けハードディスクが正しく認識されているかはデバイスマネージャーで確認できます。

ハードディスクが正しく認識されていた場合、Windowsでは、Windowsメニューの「デバイスマネージャー」の”ディスクドライブ”に、外付けハードディスクの型番が表示されます。デバイスマネージャーが外付けハードディスクを認識していることが確認できたら、外付けハードディスクのドライバを最新版に更新します。
デバイスマネージャーが認識していない場合は、外付けハードディスクが故障している可能性があります。次の方法に従って、まず重要なファイルやデータを復旧・復元した後、外付けハードディスクを新しいものに交換しましょう。

外付けハードディスクのデータ復旧・復元方法

外付けハードディスクが故障したときに、最も復旧・復元したいのは中のデータです。不具合を起こしている外付けハードディスクからデータを取得するためには、何をすべきでしょうか。

データ復旧・復元ソフトを利用する

物理障害が発生しているときは難しいですが、論理障害の場合は、データ復旧・復元ソフトで外付けハードディスク内のデータを復旧できることがあります。データ復旧・復元ソフトは無料のものから有料のものまで様々です。
いずれにしても、”データの復旧・復元作業は一発勝負”と言われています。外付けハードディスクに何度も通電したり、データ復旧・復元ソフトでスキャンを繰り返すと、復旧すべきデータを別の情報で上書きしてしまうリスクもあり、復旧・復元作業は一回で完了する必要があるのです。
自己判断でデータ復旧・復元ソフトを使用してしまうと、万が一、失敗したときには取り返しがつきません。確実にデータを取り戻したい場合は、専門の業者に相談すべきです。

別のPCへデータを移す

推奨はできませんが、外付けハードディスクを分解し、外側のケースから中身のハードディスク部分だけを取り出して、別のケースに入れ替えをすることで、中のデータが取り出せることがあります。この方法が有効なのは、ハードディスク外側のケースの基板や電源が故障していた場合です。ハードディスク部分を別のケースに入れ替えたら、PCに接続して内部のデータを取り出します。

専門業者へ依頼する

物理障害・論理障害に関わらず、外付けハードディスクからデータの復旧や復元をしたい場合は、データ復旧・復元の専門業者に依頼するのが一番確実です。自己判断でのデータ復旧・復元ソフトの使用も、外付けハードディスクの分解も、失敗した場合は本来復旧できたデータすら消失してしまうため、非常にリスクが高いためです。

外付けハードディスクが故障した場合の注意点

外付けハードディスクが故障したときの対処で、行ってはいけないことがあります。不適切な操作や処置により、本来取り戻せるデータまで消失してしまうことがあります。

通電し続けない

ハードディスクは故障状態のまま通電し続けてはいけません。通電状態では、ハードディスクの磁気ヘッドも動作し続けます。
ハードディスク内では、円盤型のプラッターが高速回転していますが、通常、磁気ヘッドとプラッターの間には僅かな隙間があり、互いが接触することはありません。ところが、故障状態では磁気ヘッドが不規則な動作をする可能性があり、ハードディスクの記録面であるプラッターと接触してしまう可能性があります。
磁気ヘッドが接触してしまったプラッターは傷つき、記録されたデータも破壊されてしまいます。このため、外付けハードディスクが故障したら不必要な通電をしないことが大切なのです。

電源のON・OFFを繰り返さない

ハードディスクが故障している状態で、電源のON・OFFや再起動を繰り返すのはやめましょう。通電し続けた場合と同じく、磁気ヘッドとプラッターが接触して、記録面を傷つけてしまう可能性がある他、データの上書きが発生することがあります。
ハードディスクを起動すると起動に関する情報なども自動的に書き込まれます。本来復旧・復元すべきデータの上に、それらの情報を上書き保存してしまうことがあるのです。
また、データを読み込むことができない領域を不良セクタと言いますが、電源のON・OFFの繰り返しにより不良セクタがさらに拡大してしまいます。

分解はNG

外付けハードディスクは、そもそも分解を前提として作られていないため、自己判断で分解しないほうが良いでしょう。ハードディスクは精密部品で構成されており、小さな塵やホコリも故障の原因になります。データ復旧・復元の専門業者は専用のクリーンルームを備えており、ハードディスクを分解するときには必ずクリーンルーム内で行うほどです。このような設備のない環境で分解作業を行うことで、外付けハードディスクの故障がさらに拡大してしまう可能性があります。

個人でのデータ復旧作業はリスクを覚悟して行う

“データの復旧・復元作業は一発勝負”です。これは、復旧・復元時の電源ON・OFFや操作により余計にハードディスクが劣化したり、本来復旧できるデータを別の情報で上書きしてしまったりすることがあるためです。自己判断でデータ復旧・復元ソフトなどでスキャンして失敗してしまった場合、データが消失してしまうことがあり、そうなると取り返しがつきません。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。
(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス


サイトデータリカバリーサービス
データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

外付けハードディスクの故障の種類やデータ復旧・復元の方法について紹介しました。
外付けハードディスクの寿命はPC内蔵のハードディスクと同様に約3年と言われていますが、特にポータブルタイプでは持ち運ぶ機会も多く、さらに落下や水没の影響を受けやすくなります。元々、外付けハードディスクは、ユーザーによる分解や修理を前提として設計されていないため、中のデータを復旧・復元する作業は、専門の業者に任せるほうが無難です。

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。