サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【HDDデータ復旧】自力でのデータ復旧方法3選



HDD内のデータが突然見れなくなてしまった」「HDDから異音がしてPCが認識しない

PCやHDDは消耗品かつ精密機械なので、このようなトラブルは突然起こります。すぐにデータが使えるように自力でHDDの復旧を試みる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、自力でもできるデータ復旧方法を3つ紹介しています。また、自力でデータ復旧を試みる際の注意点や、この記事で紹介した方法で復旧できなかった場合の対処法も紹介していますので参考にしてください。

自力でのHDD復旧の成功率は?

そもそも自力でのデータ復旧は可能なのでしょうか。結論からお伝えすると、自力でのデータ復旧は可能な場合があります。しかし、成功率は決して高いとは言えません。

HDDは障害の種類によって、自力での復旧が可能な場合と不可能な場合に分かれます。具体的には論理障害の場合は自力での復旧可能性があり、物理障害では自力での復旧は不可能です。

論理障害・物理障害について詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

参考:HDDの論理障害と物理障害

論理障害

論理障害とは、HDD本体には問題はなく、記録されているデータやフォルダ構成などに問題が生じている状態を指します。
主な症状に、OSの起動不良、フリーズ、ファイル名のバグ、ファイルやフォルダが開けないなどが存在します。

物理障害

物理障害とは、HDD本体が物理的に破損し、正常に起動できない状態を指します。
主な症状に、異音の発生、OSの起動不良、フリーズなどが存在します。


また、論理障害・物理障害ともに、障害が発生しているHDDに対しては通電を伴うすべての作業が危険であるため注意が必要です。

自力でのHDD復旧方法

自力でHDDの復旧を行う方法は、主に以下の3つです。

  • パソコンのプログラムで修復
  • バックアップからの復旧
  • データ復元ソフトでの復旧

Windows内蔵ツールで修復

HDDには、OSの起動に必要な情報を記録している、PC起動時に最初に読み込まれる領域(MBR)があります。

HDDの本体やデータに異常がなくても、MBRに障害が発生し、HDDが起動できないという場合があります。この場合、Windows内蔵ツールを用いて、HDDの機能を修復することが可能な場合があります。

しかし、PCやHDDの障害が疑われる状況下で修復を行うと、状態が悪化し、最悪の場合「重度の物理的な障害」を引き起こしてHDDそのものの復旧が難しくなってしまいます。

スタートアップ修復を活用する(Windows 10の場合)

  1.  正常に動作しているパソコンでWindows 10 Media Creationツールをダウンロードする。
  2. ダウンロード後、Windows 10 Media Creation Toolを起動し、使用条項を同意してから、「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択する。
  3. 使用するメディアを選んでください」と表示される場合は、「USBフラッシュドライブ」を選ぶ。(事前にUSBメモリをコンピューターに接続してください。システムディスクの空き容量が8G以上必要です。)
  4. インストールメディアの作成完了まで待つ。
  5. 左下の「コンピューターを修復する」をクリックする。
  6. Windowsの復元環境に入り、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ修復」を選択する。

バックアップからの復旧

外付けHDDなどが故障してしまっても、他の外付けHDDやUSB、クラウドにパックアップをとってあるならば、そのバックアップから復元をする解決します。

バックアップを取っていない場合、パソコンがHDDを認識する状態なら、重要なデータからバックアップを取ってしまうのも一つの方法です。繰り返しになりますが、HDDに問題が発生している場合の通電作業はリスクを伴います。この方法は、データを失うリスクがあることを念頭に検討してください。

データ復元ソフトの使用

HDDに発生している障害が正確に把握ができていて、その障害がデータ復元ソフトに対応している場合は、コストを抑えてHDDの復元をできる場合があります。

しかし、データ復元ソフトの使用には一定以上のリテラシーが必要であり、操作を誤ると意図しないデータの上書きなどが起きて症状が悪化する場合もあります。さらに、データ復元ソフトに対応していない障害であるのにも関わらず、ソフトの使用をした場合は、二度とデータが取り出せなくなってしまう場合もあります。

データ復元ソフトについては下記の記事も参考にしてください。

また、ここで紹介した方法は自力での復旧可能性がある障害に対するものです。復旧可能性がない障害に下記のような方法を行うと、状態の悪化、最悪の場合、二度とデータが取り出せなくなる場合があるので、注意しましょう。

取り出したいデータの重要度が高い場合や、自身での作業・判断に不安がある方はこちらの方法を検討してください。

自力でHDDの復旧する際の注意点

自力でHDDを復旧する際には以下の点に気を付けて作業してください。

  • HDDは絶対に開封しない
  • フォーマットを行わない
  • 通電作業を控える

HDDは絶対に開封しない

図:HDD内部の構造

HDDの開封を自力でしてはいけない理由に以下があります。

  • データを記憶している磁気ディスク(図①)は、非常にデリケートなため、ホコリや塵、指紋が付着することでデータを取り出せなくなる場合があるから。
  • 開封する際には、クリーンルームと呼ばれる専用の設備や高度な技術力が必要となる。
  • 開封されたHDDはメーカの保障対象から外れてしまう

以上の理由から、個人でのHDDの開封は控え、必要と感じる場合には専門業者へ相談しましょう。

フォーマットを行わない

HDD内のデータを読み込めなくなった場合など、パソコン画面などでフォーマットを要求するメッセージが表示されることがあります。この指示に従いフォーマットを実行してしまうと、HDD内に保存されているすべてのデータが取り出せなくなってしまいます

HDDにあるデータが必要な場合は、フォーマットは行わないようにしましょう。

通電作業を控える

HDDに問題が発生している状態では、通電を伴う作業はなるべく控えましょう。HDD内の部品が破損(物理障害)していた場合、データを記録している部品に傷がつき状態が悪化、最悪の場合、HDDの最重度障害である「スクラッチ」を引き起こしてしまいます。

また、部品の破損がなくても、データに異常(論理障害)があった場合、通電を繰り返す中で意図しない上書きが行われデータを失う場合があります。

どうして良いか分からない場合は、極力通電を避け、専門業者に相談することを検討してみてください。

自力でHDDの復旧ができなかった場合の対処方法

自力でのHDD復旧がうまくいかない場合、専門業者への相談を検討する必要があります。「機器」の動作と、中身の「データ」のどちらが重要か判断して、下記のいずれかの専門業者へ相談しましょう。

  • 修理専門業者
  • データ復旧専門業者

修理専門業者

HDDの「機器」を重要視する場合は修理専門業者へ相談しましょう。HDDを修理・交換し、元のHDDと同じ状態になって戻ってきます。

しかし、修理専門業者の目的は機器の修理であるため、中身のデータは破棄されてしまいます。HDDにあるデータが必要な場合は、他の方法を検討してください。

データ復旧専門業者

HDD内部の「データ」を重要視する場合はデータ復旧専門業者へ相談しましょう。

実績のある業者であれば復旧に関する専門知識や設備、ノウハウが蓄積されています。HDDの物理障害や論理障害にも対応可能で、どの復旧方法よりも最も安全にデータ復旧を行える方法です

データ復旧専門業者は下記の記事を参考にしてください。

おすすめのデータ復旧専門業者

データ復旧専門業者に依頼するのであれば、確実にデータが復旧できないと意味がありません。そこでHDDの復旧に対応した「復旧率の高い」専門業者を選定しました。

また、下記の業者は無料で相談から見積もり提示まで行っているので、自力での復旧作業に取り掛かる前に一度相談してみてください。

(2021年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。24時間電話受付も行っています。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 24時間電話受付
最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

今回は、自力でのHDD復旧方法について解説しました。

データ復旧作業は、回数を重ねるごとに復旧率が下がっていきます。自力でのHDD復旧に取り掛かる前に、一度データ復旧専門業者への無料相談を検討してみてください。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。