サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

データを誤って削除してしまった!今すぐ試せる復元方法とは?【Windows10】

  • LINEで送る

大切なデータを間違えて削除してしまった!こんな時、「データが完全に消去されたのでは…」と不安になりますよね。ただ職場や自宅でパソコンを使用している際に、誤って重要なファイルを消してしまうことは誰でも起こり得ることです。
今回はWindows10において誤ってデータを削除してしまった際のデータ復元方法についてご紹介します。

Windows10ですぐに試せる確認方法

Windows10の場合、削除してしまったデータの復元方法がいくつかあります。まずは以下の方法でデータの確認を行いましょう。

ごみ箱の中を確認する

削除してしまったデータを「ごみ箱」から復元することはとても簡単です。
手順1:デスクトップのごみ箱を開く。

手順2:復元したいデータを右クリックし、「元に戻す」を選択。

しかし以下の場合は、ごみ箱に削除したファイルは残らないため注意が必要です。

  • Shift + Del で消してしまった。
  • 定期的に自動削除を行う設定になっている。
  • 選択した場所の設定「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」にチェックが入っている。

以前のバージョンを使用する

削除された日付やファイル名が分からない場合でも、データを復元することができる方法があります。
手順1:「デスクトップ」というファイルを右クリックして「以前のバージョンの復元」を選択。

手順2:復元したい時間を選び、「復元」というボタンを押すと完了。

正しく復元されたことを確認し、作業は完了となります。

ファイル履歴から復元する

ファイル履歴機能を「オン」にしている場合、ファイルの履歴からファイルを復元することが可能です。
手順1:「スタート」から、「Windowsシステムツール」を選択し、その中にある「コントロールパネル」をクリック。

手順2:「ファイル履歴」をクリック。

手順3:「ドライブの選択」をクリック。

手順4:利用できるドライブを選択し、「オンにする」をクリック。

手順5:「コントロールパネルホーム」から「個人用ファイルの復元」をクリックし、復元したいファイル、またはフォルダーを右クリックして「復元」を選択。
「ファイルを置き換える」をクリックするとファイルが復元されます。

復元できなかった場合

上記の方法を試してもデータを復元できなかった場合は、専門サービスを利用する必要があります。削除してしまったデータをどうしても復元したいという方は、以下のことを試してみてください。

データ復旧業者に相談する

自力で対処するのが難しいと感じた際は、専門のデータ復旧業者に相談することをおすすめします。上記の方法で解決できない場合、パソコン本体に何らかの不具合が発生している可能性も考えられるため、自分で対処をする前に専門家に相談することが最も安全です。
誤った処置をしてしまった結果、パソコンの状態が悪化し、完全にデータが失われてしまう可能性もあるため、できる限り早めに相談して、適切な対処をしてもらいましょう。

復元ソフトを使用する

復元ソフトは比較的安価に使用することができます。しかし、どんな削除データでも復元できるわけではありません。復元ソフトを使用するということは、異常が発生した状態のままPCに新しいデータが書き込まれていくということになるので、場合によっては削除データが上書きされ、完全にデータを失ってしまう可能性もあります。
状態が詳しく判明していない・復元の可能性を少しでも上げたいといった方は、復元ソフトを使用せず、プロのデータ復旧業者への相談や機器診断をおすすめします。
(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

データ復旧業者選びの注意点

普段利用することのないサービスであるため、業者選定の基準を定めることが難しいと思います。そこで、業者選びの軸を明確にするためのポイントを紹介していきます。

設備が整っているか

HDDは非常に精密な機器であるため、ホコリや塵が付着するだけで症状が悪化してしまいます。そのため、それらの侵入を防ぐためには専用のクリーンルーム内で作業を行う必要があります。しかし国内企業でそれらを所有しているデータ復旧業者は数少ないです。安全な状態で開封し、復旧してもらえる設備が整っているか確認しましょう。

技術力や実績があるか

日本国内には100社以上のデータ復旧業者が存在し、技術力にも大きな差があります。データ復旧はやり直しの効かない作業ですので、誤った判断をしてしまうと場合によっては2度とデータを取り出せなくなる可能性があります。
とはいえ、「技術力が高い」ということはどの業者もHPで記載しているため、技術力があるかどうかの判断は「実績」で判断するのが良いでしょう。相談件数や復旧率などを数字で明記している業者がおすすめです。
(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

セキュリティが万全か

JIS規格の「プライバシーマーク」やセキュリティ-対策の国際規格である「ISO 27001」を取得しているか確認しましょう。これらの認定は、世界基準で規定された厳しい条件をクリアした企業しか習得できないため、企業全体の信頼性について知ることができます。
大切な機器やその中のデータを一定期間預けることになるため、セキュリティ体制が整っているデータ復旧業者を選びましょう。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。
(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス


サイトデータリカバリーサービス
データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

今回は、Windows10で誤ってデータを削除してしまった際の復元方法について説明しました。
誤ってデータを削除してしまっても、上記で紹介した復元方法を試すことでデータを取り戻せる可能性があります。データが消えてしまった際には、焦って知らないうちに適切でない処置をしてしまいがちです。重要データの場合は、まず専門家に相談してみるなど、慎重に処置をしていくようにしましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。