サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【Windows10】削除したデータの復元方法を徹底解説|上書きやゴミ箱の誤削除など

  • LINEで送る

パソコンを操作中に誤って大切なデータを削除してしまった!データ削除は人為的なミスのため、だれにでも起こりうることです。そんな時、データが完全に削除されたのではないかと不安になると同時に、どうにかして復元できないものかと様々な方法を試してみたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

画面上から見えなくても、パソコンのデータ領域に残っていれば、データ復元できる可能性は残っています。しかし復元方法を誤ると大切なデータを二度と取り出せなくなってしまいます。

今回の記事ではWindows10において誤ってデータを削除してしまった際の正しいデータ復元方法やその注意点について徹底解説します。

消えたデータを復元できる仕組み

消えたデータの状態を簡単に言い換えると、そのデータに「削除」というマークが付けられ、次の新しいデータが保存されるまでパソコン内のデータ領域に保管されている状態です。つまりパソコン上でデータが削除されたあと、新しいデータがその領域に上書き保存されるまでは、パソコンに残されている可能性があるのです。

しかしそのデータには「削除」のマークがついているため、パソコンの画面上からは消えてしまい、ユーザーからは見えない状態になってしまいます。しかし特殊なツールを使用することで、見えていなかったパソコン内のデータ領域から再びデータを復元することが可能となるのです。

削除の図解説

Windows10でデータ復元・ファイル復元する方法

Windows10では削除したデータの復元方法がいくつかあります。まずは以下の方法でデータの確認を行いましょう。

①ごみ箱の中を確認する

削除してしまったデータを「ごみ箱」から復元することはとても簡単です。
手順1:デスクトップのごみ箱を開く。

手順2:復元したいデータを右クリックし、「元に戻す」を選択。

しかし以下の場合は、ごみ箱に削除したファイルは残らないため注意が必要です。

  • Shift + Del で消してしまった。
  • 定期的に自動削除を行う設定になっている。
  • 選択した場所の設定「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」にチェックが入っている。

②以前のバージョンを使用する

削除された日付やファイル名が分からない場合でも、データを復元することができる方法があります。
手順1:「デスクトップ」というファイルを右クリックして「以前のバージョンの復元」を選択。

手順2:復元したい時間を選び、「復元」というボタンを押すと完了。

正しく復元されたことを確認し、作業は完了となります。

③ファイル履歴から復元する

ファイル履歴機能を「オン」にしている場合、ファイルの履歴からファイルを復元することが可能です。
手順1:「スタート」から、「Windowsシステムツール」を選択し、その中にある「コントロールパネル」をクリック。

手順2:「ファイル履歴」をクリック。

手順3:「ドライブの選択」をクリック。

手順4:利用できるドライブを選択し、「オンにする」をクリック。

手順5:「コントロールパネルホーム」から「個人用ファイルの復元」をクリックし、復元したいファイル、またはフォルダーを右クリックして「復元」を選択。
「ファイルを置き換える」をクリックするとファイルが復元されます。

データ復元ソフトを利用する

上記の方法で解決できなかった場合、復元ソフトを使うことでWindows10のデータを復元できる場合があります。ただし、データ復元ソフトでデータの復元に成功するのは特定の条件に限られるため、自分の機器の状態を正しく知ることが大切です。

データ復元ソフトの特徴を紹介します。

費用が比較的安く済む可能性がある

Windows10のパソコンのデータ復元ソフトには無料のものと有料のものがあります。ただし、無料の復旧ソフトではデータを復元する途中のステップで課金を求められるケースも多いため注意が必要です。

もし知識と時間に余裕がある場合には、比較的安い費用で復旧できることがあります。

異常が生じる場合、パソコン自体が故障していることも

削除したデータを取り戻すためにデータ復元ソフトを試したところ、パソコンが途中で動かなくなったり、最終的に復元ソフトで認識できなくなるケースがあります。この場合、パソコン自体が物理的に故障している可能性があります。

データ復元ソフトでは、物理的に故障した機器からデータ復元を行うことはできません。復元ソフトは、データ削除のような論理的な軽度の障害のみに有効である点に注意しましょう。

障害が悪化する恐れがある

前述したように、データ復元ソフトは基本的にデータ削除・消去・システム不具合といった、軽度の論理的な障害のみ使用することが可能です。しかし、素人では障害の程度を判断することは中々困難だと思われます。

復元ソフトを使用した場合、スキャンなどの機能によりパソコンに負荷をかけ、内部の障害を悪化させてしまうことがあります。また、復元ソフトの操作を誤ると、誤ってデータが完全に消去されたり、別のデータに上書きされてしまう恐れもあります。重要なデータの場合、はじめから復元業者に依頼する方が賢明な判断だといえるでしょう。

データを削除してしまった時の注意点

データを正確に復元させるために、以下のポイントに注意して作業を行いましょう。

パソコンの使用を中止する

  • 上書きやフォーマットを行わない
  • 操作を継続しない
  • Windows10の再起動を繰り返さない

パソコン上でデータの削除を行った場合、データが消えたように見えますが実際にはパソコン上にデータは残っています。そのため、新しいデータを上書きしない限り、データを復旧・復元できる可能性があります。しかしデータ削除後に、何度もパソコンを起動させたり、Windows10の再起動を繰り返すなど、使用を継続してしまうと、さらに誤操作を招く危険性があるので注意しましょう。

またフォーマットを行うとデータを管理するファイルシステムが初期化されてしまうため、データにアクセスする目次が消滅してしまいます。ファイルシステムの構成がばらばらになってしまいデータを復元できる可能性が大幅に下がってしまうため、フォーマットを行わないようにしましょう。

フォーマットをしてしまった際のデータ復元方法については以下でご説明しています。

データ復元ソフトはリスクを伴う

比較的安価で気軽に手に入る復元ソフトですが、どのような削除データでも100%完璧にデータを復元できるわけではありません。むしろスキャン機能などによって機器に負荷をかけやすく、前述したように却って状況を悪化させてしまうケースもあります。

もし、障害の状態が詳しく判明していない・重要なデータで復元の可能性を少しでも上げたいといった方は、復元ソフトを使用せず、はじめからプロのデータ復旧・復元業者への相談・依頼をおすすめします。

データ復元・ファイル復元できなかった場合

ご自身で復旧・復元作業を続けているにもかかわらずデータを復元できない場合、それ以上作業を続けてしまうとさらにデータが失われてしまう可能性があります。削除してしまったデータをどうしても正確に復元したいという方は、以下のことを試してみてください。

データ復元業者に相談する

可能な限り正確にデータを取り出したい場合は、復元ソフトの使用をする前に障害箇所の判断を行うことをおすすめします。しかし専門的な知識を持っていないと、自力で判断することはなかなか困難です。上記の方法で解決できない場合、パソコン本体に何らかの不具合が発生している可能性も考えられるため、自分で対処をする前に専門家に相談することをおすすめします

誤った処置をしてしまった結果、パソコンの状態が悪化し、完全にデータが失われてしまう可能性もあります。大切なデータであれば、できる限り早めに相談して、適切な対処をしてもらいましょう。

おすすめのデータ復元業者に関しては、以下のページで詳しく解説しています。

おすすめデータ復元サービス・製品

消えてしまったデータを正確に取り出すには、復元率が高く技術力のある業者に依頼したいものです。しかし多くの業者から選定するのもなかなか難しいと思います。そこで今回は削除データの復元実績がある業者を厳選し、その中からおすすめのサービスを選定しました。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧・復元業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧・復元業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧・復元スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧・復元されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) パソコン・ハードディスク・RAID機器(NAS/サーバー)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧・復元完了
特長 11年連続データ復旧・復元国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧・復元率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス


サイトデータリカバリーサービス
データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) パソコン、外付けHDD、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

今回は、Windows10で誤ってデータを削除してしまった際のデータ復元方法について説明しました。

誤ってデータを削除してしまっても、上記で紹介した復元方法を試すことでデータを取り戻せる可能性があります。データが消えてしまった際には、焦って知らないうちに適切でない処置をしてしまいがちです。重要データの場合は、まず専門家に相談してみるなど、慎重に処置をしていくようにしましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。