サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【簡単】削除したデータの復元方法(Windows10)|上書きやゴミ箱の誤削除など



「パソコンを操作中に誤って大切なデータを削除してしまった!」
データ削除は人為的なミスのため、だれにでも起こりうることです。

画面上から見えなくても、パソコンのデータ領域に残っていれば、データ復元できる可能性は残っています。しかし復元方法を誤ると大切なデータを二度と取り出せなくなってしまいます

今回の記事ではWindows10において誤ってデータを削除してしまった際の正しいデータ復元方法やその注意点について徹底解説します。

消えたデータの復元可能性

削除の図解説

パソコン上でデータを削除した後も、新しいデータがその領域に上書き保存されるまでは、パソコンに残されている可能性があるため、データの復元可能性がまだ充分に残っています。

消えたデータの状態を簡単に言い換えると、そのデータに「削除」というマークが付けられ、次の新しいデータが保存されるまでパソコン内のデータ領域に保管されている状態です。

しかしそのデータには「削除」のマークがついているため、パソコンの画面上からは消えてしまい、ユーザーからは見えない状態になってしまいます。

この状態からデータを復元するためには、データが上書きされてしまわないように注意し、専用のツールを用いるなどの的確な復元操作を行う必要があります。そうすることで、見えなくなってしまったパソコン内のデータ領域から、データを復元することが可能となるのです。

データを削除してしまった時の注意点

データを確実に復元させるためには注意点を押さえる必要があります。

  • 必要以上の操作を加えない
  • 個人での対処はリスクが伴う

必要以上の操作を加えない

パソコン上でデータの削除を行った場合、パソコンの画面上ではデータが消えたように見えますが、削除した領域に上書き操作が行われるまではパソコン上にデータは残っています。そのため、新しいデータの上書きをしない限り、データを復旧・復元できる可能性あります。

しかし、パソコン上ではユーザーがデータの読み書きや保存を行っていなくとも、常にシステム情報などが保存されていきます。そのため、必要以上の操作は、削除した領域への上書きを誘発し、データの復旧難易度が上がってしまいます。特に留意すべき操作として以下のようなものがあります。

  • 上書きやフォーマットを行わない
  • 操作を継続しない
  • パソコンの再起動を繰り返さない

特にフォーマットを行うとデータを管理するファイルシステムが初期化されてしまうため、データにアクセスする目次が消滅してしまいます。ファイルシステムの構成がばらばらになってしまいデータを復元できる可能性が大幅に下がってしまうため、データが必要な場合はフォーマットを行わないようにしましょう。

フォーマットをしてしまった際のデータ復元方法については下記の記事を参考にしてください。

個人での対処はリスクを伴う

障害によっては、個人的にパソコン上で復旧作業ができる場合もあります。しかし、機器の状態把握ができていないまま対処をすることによって、誤操作による状態の悪化、最悪の場合は二度とデータが戻ってこない可能性もあります。

もし、障害の判別が難しい・重要なデータを確実に復旧したい場合は、個人で無理に解決しようとせず、一度専門業者への相談を検討してみてください。

パソコン上でWindows10でデータ復元・ファイル復元する方法

Windows10では、パソコン上で行えるデータの復元方法がいくつかあります。

繰り返しになりますが、個人での作業はデータを失うリスクがあるので、削除してしまったデータの重要度に応じた復元方法を検討しましょう。

  • ゴミ箱の中を確認する
  • 以前のバージョンを使用する
  • ファイル履歴から復元する

ごみ箱の中を確認する

削除してしまったデータを「ごみ箱」から復元することはとても簡単です。
手順1:デスクトップのごみ箱を開く。

手順2:復元したいデータを右クリックし、「元に戻す」を選択。

しかし以下の場合は、ごみ箱に削除したファイルは残らないため注意が必要です。

  • Shift + Del で消してしまった。
  • 定期的に自動削除を行う設定になっている。
  • 選択した場所の設定「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」にチェックが入っている。

以前のバージョンを使用する

削除された日付やファイル名が分からない場合でも、データを復元することができる方法があります。
手順1:「デスクトップ」というファイルを右クリックして「以前のバージョンの復元」を選択。

手順2:復元したい時間を選び、「復元」というボタンを押すと完了。

正しく復元されたことを確認し、作業は完了となります。

ファイル履歴から復元する

ファイル履歴機能を「オン」にしている場合、ファイルの履歴からファイルを復元することが可能です。
手順1:「スタート」から、「Windowsシステムツール」を選択し、その中にある「コントロールパネル」をクリック。

手順2:「ファイル履歴」をクリック。

手順3:「ドライブの選択」をクリック。

手順4:利用できるドライブを選択し、「オンにする」をクリック。

手順5:「コントロールパネルホーム」から「個人用ファイルの復元」をクリックし、復元したいファイル、またはフォルダーを右クリックして「復元」を選択。
ファイルを置き換える」をクリックするとファイルが復元されます。

データ復元ソフトを利用する方法

パソコン上で解決できなかった場合でも、データ復元ソフトを使うことでWindows10のデータを復元できる場合があります。

比較的安価に手に入るデータ復元ソフトですが、どのような削除データでも100%完璧にデータを復元できるというわけではありません。むしろ、ソフトに対応していない障害であるにも関わらず、ソフトを使用してしまうと状況を悪化させてしまいます。さらに、データ復元ソフトの使用には一定以上のリテラシーが必要となり、知識不足のまま操作を誤るとデータの上書きが発生し、最悪の場合、二度とデータを取り出せなくなってしまいます。重要なデータの場合には、ソフトの使用をする前に、データ復旧業者に相談してみましょう

データ復元ソフトについては下記の記事を参考にしてください。

データ復旧専門業者に相談する方法

これまでに紹介した復旧方法でも復旧できない、もしくは、削除してしまったデータの重要度が高いという場合は、データ復旧の専門業者に相談する方法が最も安全・確実です。

また、これまでに紹介した方法で解決できない場合は、パソコンやHDDなどの記憶媒体自体に物理的な障害が発生している可能性も考えられます。この場合には、個人での対処は不可能であるため、データ復旧専門業者への相談をしましょう。

データ復旧専門業者の中には、相談から見積もり提示を無料で行っている業者も存在します。「個人での作業に不安を感じる…」「どうしていいか分からない…」という場合には、気軽に専門家への無料相談を検討しましょう。

おすすめのデータ復旧業者に関しては、下記のページで詳しく解説しています。

おすすめのデータ復旧専門業者

消えてしまったデータを正確に取り出すには、復旧率が高く技術力のある業者に依頼する必要があります。しかし、国内にデータ復旧の専門業者は100社以上存在するため、業者の選定をするのは難しいと思います。そこで今回は削除してしまったデータの復旧に対応しているおすすめのデータ復旧専門業者を紹介します。

(2021年最新版)おすすめデータ復旧・復元業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回は、Windows10で誤ってデータを削除してしまった際のデータ復元方法について紹介しました。

誤ってデータを削除してしまっても、記事内で紹介した復元方法を試すことでデータを取り戻せる可能性があります。データが消えてしまった際には、まずは紹介した注意点に気を付けながらデータの重要度に応じた復元方法を検討しましょう。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。