Buffalo製の外付けHDDが認識しない!原因と対処法は?|サイバーセキュリティ.com

Buffalo製の外付けHDDが認識しない!原因と対処法は?



「Buffalo社製の外付けHDDが認識しない」「外付けHDDが認識しないがどのように対処したらよいかわからない」という状況になり、困ってはいませんか?

Buffalo社製の外付けHDDが認識しないということは、外付けHDD自体に損傷があるパターンと、外付けHDD内部のデータを記録するところに問題が生じているという2つのパターンが考えられます。原因により対処法が異なるため、大事なデータを保存している外付けHDDが認識しない方はデータ復旧業者に相談することをおすすめします。

そこで、今回はBuffalo社製の外付けHDDが認識しない原因、注意点、確認すべき点、対処法について紹介していきます。

Buffalo社製の外付けHDDが認識しない原因

Buffalo社製の外付けHDDが認識しない原因は以下の3つです。

  • 物理障害
  • 論理障害
  • その他(電力供給や接続)

物理障害

物理障害とは外付けHDDの部品などが物理的に損傷している状態です。外付けHDDを落としてしまったり水没させてしまったりして衝撃を与えてしまうことにより物理障害が発生します。物理障害により以下のような症状が発生します。

  • カチカチやカタカタといった異音が聞こえる
  • 焦げ臭いにおいがする
  • 頻繁に再起動やフリーズする

多くの場合、物理障害が発生していると分解して部品交換や修復が必要になります。外付けHDDはナノメートル単位で設計されている精密機器であり、目に見えない小さなちりやほこりが故障の原因となりうるため、開封作業にはクリーンルームという専用設備が必須となります。

磁気ヘッドとはデータを読み書きするための重要な役割を果たす装置です。磁気ヘッドに欠陥があると、異常な動きをしカタカタと異音を発する原因になります。ファームウエアとはHDDを動かすプログラムです。データを記録する面が傷ついていると、ファームウエアに異常が発生しデータを読み取るのが難しくなります。

論理障害

論理障害とは、外付けHDDの部品などは問題がないものの、データが破損している状態です。誤って初期化やフォーマットしてしまったり、データ処理中の強制終了などが原因となり論理障害が発生することが多いです。論理障害により以下のような症状が発生します。

  • 「フォーマットしてください」と表示される
  • ファイルやフォルダを開くことができない
  • ファイル名がいつの間にか変わっている
  • 頻繁にフリーズする

論理障害はデータ復旧ソフトを利用すると復旧することができるケースはありますが、一度作業に失敗するとその後の復旧率が下がってしまいます。重要なデータを保存している方は、とりあえず無料で診断・見積をすることができるデータ復旧業者に相談して下さい。

その他(電力供給や接続)

USBケーブルの接触不良や劣化により外付けHDDを認識することができていない場合があります。

他にも、ACアダプターに欠陥があることで十分な電力を供給することができていない場合もあります。

代わりのケーブルを持っている場合は、ケーブルを変えても認識しないかどうか一度確認してみましょう。

Buffalo社製の外付けHDDが認識しないときの注意点

Buffalo社製の外付けHDDが認識しないときの注意点は以下の4つです。

  • 電源を入れない
  • データ復旧ソフトを安易に使用しない
  • 自分で分解しない
  • 「フォーマットしてください」と表示されてもすぐに実行しない

電源を入れない

外付けHDDが認識しないとき、電源のオンオフや通電は極力最小限におさえましょう。

HDD内部の部品が損傷している(物理障害)場合、部品が壊れたまま通電してしまうとデータの記録面に傷がつくスクラッチ障害を引き起こす恐れがあります。スクラッチ障害が起こると、その部分に記録されていたデータだけでなく、HDD内に保存していたすべてのデータを取り出すことができなくなることもあります。データ消失のリスクを避けるためにも、外付けHDDが認識しない原因が明確になるまではむやみな通電は控えてください。

データ復旧ソフトを安易に使用しない

データ復旧ソフトは軽度の論理障害にしか対応できないため、外付けHDDが認識しない原因を正しく判断することができない方はデータ復旧ソフトを使うのは避けるようにしましょう。特にデータ復旧ソフトは物理障害を復旧することはできません。物理障害の外付けHDDに復旧ソフトを使用すると、さらに障害が悪化して最悪の場合データ復旧が不可能になるケースもあります。

データ復旧ソフトで誤った作業を行ってからデータ復旧業者に直してもらおうと思っても、難易度が高くなり、復旧が困難になることがあるのでデータ復旧ソフトは安易に使用しないようにしましょう。

自分で分解しない

自分で分解しないようにしましょう。HDD内部の構造は非常に精密に作られており、目に見えないほどの小さなちりやほこりが入ってしまうだけでも、外付けHDDは故障しえます。それほど精密な機械です。さらに、分解した機械を正しく元に戻すのは非常に難易度の高い作業です。

HDDの開封にはクリーンルームが必要であるため、自分で分解しないようにしましょう。もし、どうしても自分で分解をしたい方はデータをバックアップしておき、最悪データが消えても自己責任の範囲で行いましょう。

「フォーマットしてください」と表示されてもすぐに実行しない

フォーマットするとデータが消えてしまいます。「フォーマットしてください」と表示される時は物理障害や論理障害が発生していることがあります。PCはその異常の原因を判断することができないため、メッセージ通りフォーマットすれば必ず問題を解決することができるとは限りません。

外付けHDD内に重要なデータがある場合は決してフォーマットしないでください。

Buffalo社製の外付けHDDが認識しない時に確認すべき点

Buffalo社製の外付けHDDが認識しない時に確認すべき点は以下の2つです。

  • 外付けHDDの電源とUSBが適切に接続されていいるか確認
  • デバイスドライバが認識されているか

外付けHDDの電源とUSBが適切に接続されていいるか確認

以下の初歩的なことをまず確認してみましょう。

  • 外付けHDDの電源が入っているか確認
  • デバイスマネージャーを使用して確認

PCやその周辺を掃除した時に誤って外してしまっていることがあるため確認して下さい。

デバイスマネージャーを使用して確認

デバイスマネージャーを使用して外付けHDDが認識しているか確認することができます。

Windows10か11を使用している場合は以下の通りで確認することができます。

  1. 左下に表示されている「スタート」を右クリック
  2. 表示された中から「デバイスマネージャー」をクリック
  3. 「デバイスマネージャー」が表示される

Buffalo社製の外付けHDDが認識しないときの対処法

Buffalo社製の外付けHDDが認識しないときの対処法は以下があげられます

  • 自分で行うことができる6つの対処法 
  • Buffalo社に相談する
  • データ復旧業者に相談する

自分で行うことができる6つの対処法

自分で対処する方法は以下の6つです。

  • 異音がするか確認する
  • 外付けHDDを認識できているかデバイスマネージャーで確認する
  • コマンドでの修復(CHKDSK)
  • ドライバを更新する
  • 更新プログラムをアンインストールする
  • 「アクセスが拒否されました」と表示される場合は権限を変更する

それぞれの方法の詳細は以下の記事を参考にして下さい。

Buffalo社に相談する

Buffalo社のデータ復旧のサービスは無料で診断・見積ができ、保証期間内の軽い論理障害の場合は無料で復旧することができます。保証範囲内かどうか一度確認してみるとよいでしょう。

ただし、あくまでもBuffalo社は製造が専門のメーカーであり、データ復旧の専門業者ではありません。データ復旧率という点ではデータ復旧専門業者の方がすぐれている場合もあるため、データを確実に取り戻したい方はデータ復旧の専門業者に相談しましょう。

中のデータが不要で交換を希望する方や、重要なデータが外付けHDDに保存されていない方、安さを重視する方にはBuffalo社に相談してみるとよいのではないでしょうか。

データ復旧業者に相談する

データ復旧が必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

データ復旧業者では、ソフトなどを利用して自力で復旧するより確実なデータ復旧が可能です。また、技術力の高い業者ではメーカーの復旧サービスで復旧できなかった機器からもデータ復旧に成功した事例があることもあります。

ただし、データ復旧業者の中には市販の復旧ソフトでスキャンする程度の作業しかできない業者もいるため、適切な業者選びも重要になってきます。データ復旧業者を選ぶ際は、以下の3つの観点で比較・選定しましょう。

  • 技術力
  • 信頼性
  • サービスの利用しやすさ

データ復旧業者の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめのデータ復旧業者

データが必要な場合、技術力のある適切な業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。

そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、HDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回はBuffalo社製の外付けHDDが認識しない原因、注意点、確認すべき点、対処法について紹介しました。

以上の注意点を参考にして正しい対処法を選ぶようにして下さい。

また、24時間356日電話窓口があるデータ復旧業者であれば、緊急の際もすぐに相談できるので一度相談してみましょう。

SNSでもご購読できます。