サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

HDD(ハードディスク)から異音がする原因と対処方法について解説



HDD(ハードディスク)は、安価で大容量のデータを保存できるため、パソコンの記憶メディアとして広く普及しています。しかし、HDDは実は「世界一精密な機器」と言われるほどデリケートなものであり、その寿命も3~5年程度といわれています。

とくに購入から年数が経っていたり、落下のような物理的衝撃を与えて異音が生じ始めた場合、HDDが物理的に壊れかけている合図であるため、適切な対応を行わないと復旧が困難になる恐れがあります。

本記事では異音の種類・原因を交えて、HDDから異音が発生した時の適切な対処方法を紹介します。

HDD(ハードディスク)の異音の種類

異常な音

HDDから以下の異音が発生している場合は、今すぐにパソコンの電源を切り、データの要不要に応じて専門業者に対応を依頼しましょう。

シャー、シーッ

HDD本体から「シャー、シーッ」という擦ったり引きずったりするような異音が生じる場合、何らかの故障によりHDD内部の部品同士が接触して、ディスクの回転に異常が生じていることが考えられます。

カコンカコン、カチカチ、カタカタ、ガキッ、キュルキュル

HDD本体から「カチカチ」「カタカタ」「キュルキュルなどの異音が聞こえる場合、データを読み書きする各パーツが故障し、後述する「物理障害」が発生していることが考えられます。

もし、メーカーに相談後「修理の必要がある」と判断された場合は必ずデータ消失の有無について確認しましょう。基本的に修理に出すと初期化されてしまい、中のデータは失われてしまいます。

カチャカチャカチャ、カックンカックン

HDD本体から「カチャカチャカチャ、カックンカックン」という激しい異音が連続して聞こえる場合、HDDが完全に故障する寸前であることが考えられます。

このような音が聞こえてくる場合、アクセスすればするほどHDDの死期が近づいてしまいます。また、無理にデータを取り出そう試みると状態が悪化し、専門の業者でもデータ復旧が困難になってしまいます。

なお、こうした「異音が生じる障害」は、個人での修復およびデータ復旧は不可能です。もし救出したい重要なデータがある場合は、むやみに操作を加えず、「専門設備」や「対応実績」など技術力が豊富なデータ復旧サービス業者に相談・依頼することを推奨します。

データ復旧サービス業者の詳細については以下のページをご覧ください。

HDD(ハードディスク)の動作音が全くしない

異音とは反対に、HDDの電源を入れても動かない、動作音が全くしないというケースもあります。この場合、HDDのディスクを回転させるモーターに障害が発生している可能性があります。

HDDは電源が入ると、モーターがディスクを回転させ、一定速度まで回転数を上げていきます。これを「スピンアップ」と言いますが、HDDのモーターに障害が発生すると、そもそもディスクの回転自体が不安定になります。電源の供給やUSB接続が正しく行えているにも関わらず、HDDが不安定なスピンアップを繰り返す、動作音が全くしないといった場合、モーター障害を疑った方がいいでしょう。

モーター障害も、HDDの物理障害に分類され、駆動を続けると状態が悪化する可能性の高い障害です。この症状が発生した際は、なるべく早い段階でHDDの電源を切ることをおすすめします。

正常な音

カリカリ、ジージー

これはHDDがデータを読み書きする際に発生する「正常なシーク音」です。

非常に特徴的な音ですが、HDDに障害が発生しているわけではないので、安心してください。ただし、この音が鳴っているときに振動を与えたり、強制シャットダウンを行ったりすると、後述する「物理障害」が発生する恐れがあるため、注意してください。

ブーン

これはHDDでなくパソコンを冷却させるファンの回転音です。

ただし、音が大きくなりすぎているときは経年劣化が進んでいるか、内部にホコリが溜まり過ぎていることも考えられます。トラブルが発生する前に、早めのバックアップやクリーニングをおすすめします。

HDD(ハードディスク)から異音がする原因

HDDから異音が発生している場合、原則として「物理障害」が発生していることが考えられます。

物理障害とは「物理的衝撃」「落雷によるショート」「経年劣化」などが理由で、HDDのパーツが物理的に破損し、正常に起動しない状態を指します。

以下に、HDDから異音が発生する原因となる物理障害を紹介します。

磁気ヘッド障害

HDDの磁気ヘッドとは、データの記録面(プラッタ)に読み書きを行う装置のことです。

障害を起こした磁気ヘッドは不規則な動作をして「カチカチ」「カタカタ」と異音を発します。この状態で通電を続けると、プラッタに傷(スクラッチ)がつく「重度物理障害」を引き起こすリスクが高く、修理・データ復旧ともにハードルが著しく上がってしまいます。

ファームウェア異常

ファームウェアとはHDDを動作させるプログラムです。

ただし、経年劣化による不良セクタなどでファームウェアが不具合を起こすと、磁気ヘッドは正常にデータを読み書き出来なくなり、磁気ヘッド障害とよく似た「カチカチ」「カタカタ」などの異音が生じます。

なお、ファームウェア異常は、他の物理症状との判別が難しく、原因を特定しにくい傾向にあります。またファームウェアは、メーカ・製品・製造時期ごとに構造が異なるため、正確な診断と手順を行わなければ、ファームウェア異常は修復することが出来ません。つまり、ファームウェア解析に対応できる業者は「技術力」を測るうえでの非常に重要な指標になるといえるでしょう。

HDD(ハードディスク)に異音がするときの注意点

通電し続けない

HDDから異音が発生している状態で、通電し続けることは非常に危険です。

なぜなら、物理障害が起きている状態で通電を行うと、HDDに読み書きを行う「磁気ヘッド」が不規則に動作して、HDDの記録面である「プラッタ」と衝突してしまいます。結果、記録されているデータが破壊され、データ復旧・修理ともに困難となってしまいます。

HDDから異音が生じている時には、出来る限り通電を避けましょう。

電源のON・OFFを繰り返さない

HDDにとって最も負荷がかかるのが、電源を入れたり切ったりした時です。そのため、HDDから異音が発生した時は、電源のオンオフを避けましょう。また、異音の有無を問わず、HDDの状態が悪い時に、電源のオンとオフを繰り返しても、多くの場合で状態が悪化します。

分解はNG

個人でむやみにHDDを分解して修理しようと思ってもうまく行きません。

なぜならHDDの分解作業には高度な技術力と防塵施設が必要であり、また各パーツ自体には障害がないファームウェア異常などの場合は、原因特定が個人では非常に困難であることが予想されるためです。

また、一度分解されたHDDはメーカー保障の対象外となってしまうほか、専門業者に修理依頼を出しても断られてしまうことがあります。

修復ツールでは対応不可能

HDDの異音に対する対策で「チェックディスク」や「デフラグ」などの修復ツールをかける行為は全く意味がありません。むしろHDDに異音が生じている状態で修復ツールのフルスキャンを実施すると、HDDにとどめを刺すトリガーとなってしまいます。

HDD(ハードディスク)から異音が聞こえた場合の対処法

HDDから異常な音が発生する「物理障害」は個人では対応できません。

データ不要で、機器が正常に動作させたい場合は「修理業者」に、データを取り出したい場合は「データ復旧業者」に対応を依頼しましょう。

修理業者に相談する

保存されているデータよりも、機器の起動を優先したい場合はパソコンのメーカーや修理専門業者に相談することをおすすめします。

パソコンの場合、HDDの交換を行ってもらうことで、機器を正常に動作させることが可能になります。パソコンの保証期間や費用面を調べ、安心できる修理専門業者を選びましょう。

ただしHDD修理は、あくまで「パソコンを使えるようにする」ことが目的なので、基本的に「データ」を保存しているHDDは初期化されてしまいます。もし大切なデータをHDDに保存している場合はデータ復旧業者に相談しましょう。

データ復旧業者に相談する

HDDに保存されているデータが必要な場合、専門のデータ復旧業者へ相談することをおすすめします。

ただし、データ復旧業者は国内に100社以上もあり、それぞれ技術力に大きい差があるため、業者を選定するにあたっては注意が必要です。

また、物理障害が起きている機器からデータを復旧する場合、手術室と同等の防塵施設(クリーンルーム)での作業が必要です。異音が発生しているHDDには基本的に「物理障害」が起きているため「論理障害」(データ自体の障害)しか対応していないデータ復旧業者では一切対応することができません。

業者を選ぶ際は「専門設備」や「対応実績」などを事前に確認し、障害機器にあった適切な業者を選ぶようにしましょう。

おすすめデータ復旧サービス

データが必要な場合、技術力のある適切な業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。

そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

HDDから異音が発生した場合の対応方法、注意点などについて紹介しました。

パソコンから異音が聞こえる際は、経年劣化による物理障害が考えられ、この状態で通電を続けると、データが完全に消失してしまう恐れがあります。

大切なデータを取り出したい場合は「データ復旧の専門業者」に相談・依頼し、データ不要の場合は「修理業者やメーカー」に相談するか買い替えも視野に入れておきましょう

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。