Windows10で外付けHDDが認識しない場合の原因と対処法!

Windows10で外付けHDDが認識しない、使用中にアクセスできなくなった、という問題が発生することは少なくありません。重要なデータが見られなくなって慌ててしまう方も多いと思いますが、HDDは非常に精密な機器のため、慌てずに適切な対処をすることが大切です。

本記事では、Windows10において外付けHDDが認識しない原因と、データを守るための対処法について解説します。

Windows10で外付けHDDが認識しない場合の原因

Windows10で外付けHDDが認識しない・アクセスできないといった問題が発生した場合、次の原因があげられます。

外付けHDDの不具合

  • HDDの故障
  • フォーマット情報の破損 等

パソコンの不具合

  • パソコンの設定による問題
  • 常駐ソフトの問題
  • 受け側になるUSBハブやUSBポートの破損 等

接続媒体の不具合

  • USBコネクタ、USBケーブルの破損
  • ACアダプター、電源ケーブルの破損 等

いずれの場合も外付けHDDが正しく読み込まれておらず、何らかの障害が発生している状態です。USBなどの接続媒体が付いている外付けHDD場合、HDD単体と比べ複雑な動作をすることになるため、不具合が生じやすくなります。

では、これらの不具合を改善するためには、どのような対処法があるのでしょうか。

Windows10で外付けHDDが認識しない場合の対処法

不具合が発生した場合は以下のことを試してみましょう。

再起動を行う

パソコンに何らかの不具合が発生している場合は、パソコンを再起動することで解決できる可能性があります。一度外付けHDDを取り外してからパソコンを再起動し、再び接続してみましょう。

ケーブルの接続を確認する

接続媒体の不具合の可能性があるため、USB接続の場合は以下を確認しましょう。

  • コネクタの抜き差し
  • 別のUSBの差し込み口に変更
  • USBケーブルを交換

また、使用中のコンセント口を変更したり、延長ケーブルを使っている場合には直接電源を繋ぐことも試してみましょう。別のパソコンを用意できるようであればそちらに変更し、正常に認識するかの確認も有効的です。

デバイスとして認識しているか確認する

Windows10の場合、「デバイスマネージャー」から外付けHDDが認識されているのかを確認することができます。何度接続してもデバイスとして認識されない場合は、外付けHDD自体が故障している可能性が高いため、速やかにHDD復旧業者へ相談しましょう。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

初期化・フォーマットをする(データが消えても問題ない場合)

初期化(フォーマット)をすることで外付けHDDを認識できるようになる場合があります。ただし、HDD内部のデータが削除されてしまうため、新しく購入した外付けHDDや内部に大事なデータが保存されていない場合にのみ、初期化を実行してください。

Windows10で外付けHDDが認識しない場合の注意点

上記の方法でも改善されない場合、外付けHDDが故障している可能性が高いです。HDD内のデータが必要ではない方は、外付けHDDを新しく買い替えましょう。反対に、外付けHDD内のデータが必要な方は、以下の点に注意してデータの復旧を行う必要があります。

電源のON/OFFを繰り返さない

外付けHDDが故障している可能性がある時は、電源のON/OFFをあまり繰り返さないようにしましょう。起動に関する情報などが自動的に書き込まれ、元のデータに上書き保存されてしまうことがあります。

また、データの記録を行うプラッタが傷つき、データが破壊されてしまう場合もあるので、外付けHDDに異常を感じた際は不必要な通電をしないことをおすすめします。

復旧ソフトの使用は控える

復旧ソフトを使用してしまうと、障害が発生している外付けHDDへさらに負荷を加えることになり、また使い方を誤ってしまうと更に状態を悪化させてしまうリスクがあります。データを取り出すことができなくなる可能性があるため、症状が詳しく判明していないうちに市販のソフトを使用することはおすすめしません。

データ復旧業者に相談する

外付けHDDに不具合が発生した時、原因を特定することが難しく、個人では解決できないケースが多いです。間違った判断をすると二度とデータを取り戻すことができなくなるリスクがあるため、異常を感じた際はデータ復旧業者に依頼するのが安全だと言えます。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス

サイトデータリカバリーサービス

データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

Windows10で外付けHDDが認識しない原因や対処法などについて説明しました。

外付けHDDは精密な機器かつ消耗品であるため、いつ故障してしまうか分かりません。そのため外付けHDDに大切なデータを保存する際は、こまめにデータのバックアップを取ることが大切です。もし外付けHDDが認識しなくなってしまい、大切なデータを保存していた場合には、データ復旧業者を利用してみてください。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?