仕事上でよく使うPDFファイルへのパスワードの設定方法・解除方法を説明します。

macならではの「プレビュー」機能を使った簡単な方法なので、ぜひマスターしましょう。

パスワードを設定する方法

元々あるPDFファイルにパスワードを設定する方法です。

手っ取り早く動画で確認したい人はこちら(1分)

STEP1:「プレビュー」で開く


パスワードを設定したいPDFファイルを準備します。


PDFファイルを右クリックして表示される「このアプリケーションで開く > プレビュー」を選んで開きます。

STEP2:「PDFとして書き出す」で書き出す作業を行う


PDFファイルを開いたら、上部にあるメニューから「ファイル > PDFとして書き出す」を選択します。

STEP3:「詳細を表示」でパスワードを設定して書き出し


そして表示されるポップアップの「詳細を表示」をクリック
すると下に広がり下記のような表示になります。


この画面で「暗号化」にチェックを入れると、パスワードが入力できるようのなるので、「パスワード」「確認」部分に同じパスワードを入力します。


そして名前(ファイル名)を入力して「保存」をクリックすると、パスワードのかかったPDFが作成できます。

このファイルを開こうとすると、下記のようにパスワードの入力を求められ、パスワードがないと閲覧等ができないようになります。

パスワードを解除する方法

PDFファイルのパスワードを知っていてパスワードを解除する方法を整理します。

手っ取り早く動画で確認したい人はこちら(45秒)

パスワードを忘れてしまってひらけない場合はこちらをご覧ください。
>パスワードを忘れてしまったので解除する方法(準備中)

STEP1:「プレビュー」で開く


パスワードが設定されたPDFファイルを右クリックして、表示される「このアプリケーションで開く > プレビュー」を選んで開きます。


パスワード入力画面が開くので、パスワードを入力します。

STEP2:「PDFとして書き出す」で書き出す作業を行う


PDFファイルを開いたら、上部にあるメニューから「ファイル > PDFとして書き出す」を選択します。

そのまま書き出せばOKですが、
念のため、

表示されるポップアップの「詳細を表示」をクリック
すると下に広がり下記のような表示になり、


「暗号化」「パスワード」部分が空になっていることを確認して、
書き出しを行います。

STEP3:完了


パソコン上に保存すれば、パスワードのかかっていないPDFファイルが出来上がります。

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。