仕事上でよく使うPDFファイルへのパスワードの設定方法・解除方法を説明します。

macならではの「プレビュー」機能を使った簡単な方法なので、ぜひマスターしましょう。

パスワードを設定する方法

元々あるPDFファイルにパスワードを設定する方法です。

手っ取り早く動画で確認したい人はこちら(1分)

STEP1:「プレビュー」で開く


パスワードを設定したいPDFファイルを準備します。


PDFファイルを右クリックして表示される「このアプリケーションで開く > プレビュー」を選んで開きます。

STEP2:「PDFとして書き出す」で書き出す作業を行う


PDFファイルを開いたら、上部にあるメニューから「ファイル > PDFとして書き出す」を選択します。

STEP3:「詳細を表示」でパスワードを設定して書き出し


そして表示されるポップアップの「詳細を表示」をクリック
すると下に広がり下記のような表示になります。


この画面で「暗号化」にチェックを入れると、パスワードが入力できるようのなるので、「パスワード」「確認」部分に同じパスワードを入力します。


そして名前(ファイル名)を入力して「保存」をクリックすると、パスワードのかかったPDFが作成できます。

このファイルを開こうとすると、下記のようにパスワードの入力を求められ、パスワードがないと閲覧等ができないようになります。

パスワードを解除する方法

PDFファイルのパスワードを知っていてパスワードを解除する方法を整理します。

手っ取り早く動画で確認したい人はこちら(45秒)

パスワードを忘れてしまってひらけない場合はこちらをご覧ください。
>パスワードを忘れてしまったので解除する方法(準備中)

STEP1:「プレビュー」で開く


パスワードが設定されたPDFファイルを右クリックして、表示される「このアプリケーションで開く > プレビュー」を選んで開きます。


パスワード入力画面が開くので、パスワードを入力します。

STEP2:「PDFとして書き出す」で書き出す作業を行う


PDFファイルを開いたら、上部にあるメニューから「ファイル > PDFとして書き出す」を選択します。

そのまま書き出せばOKですが、
念のため、

表示されるポップアップの「詳細を表示」をクリック
すると下に広がり下記のような表示になり、


「暗号化」「パスワード」部分が空になっていることを確認して、
書き出しを行います。

STEP3:完了


パソコン上に保存すれば、パスワードのかかっていないPDFファイルが出来上がります。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事