Excel(エクセル)は昔からよく使われている表計算ソフトです。数値を計算するだけでなく、表を使って視覚的にわかりやすい資料を作ったり、家計簿の代わりに使ったりしている方もいらっしゃるかもしれません。

Excelファイルにはパスワードを設定してファイルの閲覧や編集を制限させることができます。ファイルにパスワードをかけることで、

  • Excelで家計簿をつけているけど、他の人には見られたくない
  • 社外に流出したらまずい資料を作っている

といった時も安心です。また、ファイルそのものだけでなく、特定のシートにのみパスワードを設定して編集をロックするという事も可能です。

そこで今回はExcelファイルにパスワードを設定する方法と、パスワードを忘れてしまった時の対処方法について解説します。

Excelファイルにパスワードを設定する方法

Excelファイルにパスワードを設定するには、以下の手順で行います。

まず、パスワードを設定したいExcelファイルを開きます。

Excelファイルを開いたら、「ファイル」メニューをクリックします。

「名前を付けて保存」というメニューが表示されますので、それをクリックします。

「参照」という項目が表示されますので、それをクリックします。

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。Excelファイルを保存したいフォルダに移動して、そこで「ツール」ボタンをクリックし、「全般オプション」というメニューをクリックします。

「全般オプション」ダイアログボックスが表示されます。「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の両方が設定できます。どちらか一つのみを設定することもできます。今回の例では両方設定することにします。パスワードの入力を終えたら、「OK」ボタンをクリックします。

また、「読み取り専用を推奨する」にチェックを入れると、保存したExcelファイルを開く時にファイルを読み取り専用モードで開くように設定できます。

ちなみにExcelファイルを読み取り専用で開くと、ファイルの中身を見ることはできますが、編集することはできません。

「全般オプション」でOKをクリックすると、「パスワードの確認」ダイアログボックスが表示されます。ここでは先ほど設定した「読み取りパスワード」を入力します。

引き続き「パスワードの確認」ダイアログボックスが表示されます。ここでは先ほど設定した「書き込みパスワード」を入力します。

パスワードの入力が正しく行われると、再び「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。パスワードを設定したExcelファイルの保存先のフォルダで「保存」ボタンをクリックします。

以上で「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」を設定したExcelファイルを保存できます。

Excelファイルの特定のシートにパスワードを設定する方法

Excelファイルでは一つのファイルに複数のシートを作成できます。さらに特定のシートに対してパスワードを設定できます。特定のシートにパスワードを設定する手順を紹介します。

まずExcelファイルを開きパスワードを設定したいシートを選択します。

それからExcelファイルの「ホーム」タブの右の方にある「書式」ボタンをクリックします。「保護」という項目に「シートの保護」というメニューがあるのでクリックします。

「シートの保護」ダイアログボックスが表示されます。「シートの保護を解除するためのパスワード」に設定したいパスワードを入力します。パスワードの入力を終えたら、「OK」ボタンをクリックします。

パスワードで保護されたシート編集しようとすると、上記のようなメッセージが表示されて編集できないことが確認できます。

Excelファイルのブックにパスワードを設定する方法

Excelファイルのブックにパスワードを設定することもできます。ブックにパスワードを設定することで、

  • 非表示のシートの表示
  • シートの追加・移動・削除・非表示・名前変更

ができなくなり、シートの構成を保護することができます。

それではブックにパスワードを設定する方法を紹介します。パスワードを設定したいExcelファイルを開きます。

「校閲」タブの「ブックの保護」をクリックします。

「シート構成とウィンドウの保護」のダイアログボックスが表示されます。「パスワード(省略可)」テキストボックスにパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。

「パスワードの確認」ダイアログボックスが表示されますので、先ほど入力したパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。

これでブックにパスワードを設定できました。

「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の違い

先ほど「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の2つのパスワードを設定するウィンドウが表示されました。この2つの違いは以下の通りです。

読み取りパスワード ファイルを開いて中身を見るために必要なパスワード
書き込みパスワード 開いたファイルを編集できるようにするためのパスワード

読み取りパスワードを設定しない状態で、書き込みパスワードのみを設定すると、ファイルの編集はできませんが、中身を見ることはできてしまいます。パスワードを設定するときは、目的に合わせてこの2つのパスワードを組み合わせて設定することをおすすめします。

Excelファイルのパスワードを解除する方法

パスワードを設定したけど不要になったので、解除したいという時の方法を紹介します。まず、パスワードが設定されたExcelファイルを開きます。

ファイルを開くと最初に「読み取りパスワード」を入力するダイアログボックスが表示されます。設定した読み取りパスワードを入力します。

引き続き「書き込みパスワード」を入力するダイアログボックスが表示されます。設定した書き込みパスワードを入力しましょう。

2つのパスワードが正しく入力されると、Excelファイルを開くことができます。設定されたパスワードを解除するためには、先ほど紹介した手順と同様に、全般オプションを開き、パスワードの入力ボックスを空白にして保存します。

パスワードの入力ボックスを空白にして「OK」ボタンをクリックしてそのまま保存します。そうするとパスワード設定が解除されたExcelファイルを保存することができます。

シートに設定したパスワードを解除する方法

シートに設定したパスワードを解除する方法を紹介します。パスワードが設定されているシートを開きます。

Excelのリボンから「校閲」タブを選択します。「シート保護の解除」ボタンをクリックします。

「シート保護の解除」ダイアログボックスが表示されます。シートに設定したパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。パスワードが正しく入力されますと、シートに設定されたパスワードが解除されます。

ブックに設定したパスワードを解除する方法

ブックに設定したパスワードを解除する方法を紹介します。パスワードが設定されているExcelファイルを開きます。

「校閲」タブから「ブックの保護」ボタンをクリックします。

「ブック保護の解除」ダイアログボックスが表示されますので、ブックに設定したパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。これでブックに設定されたパスワードを解除することができます。

Excelファイルに設定したパスワードを忘れた場合の対処法

Excelファイルやシートに設定したパスワードがどうしても思い出せない、という時に使えるパスワードの解析ソフトを紹介します。

Excel UnPassword
Excel UnPasswordではExcelファイルに設定された、

  • 読み取りパスワード
  • シートに設定したパスワード
  • ブックに設定したパスワード

を解析できます。また、これは実行ファイルではなく、Excelで作られたマクロファイルとして動作します。それでは、Excel UnPasswordの使い方を紹介します。

上記URLのリンク先から「eup040.lzh」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍して中に

  1. eup040.xls
  2. readme.txt
  3. wordsample.txt

の3つのファイルが入っていることを確認しましょう。「eup040.xls」がExcelファイルに設定されたパスワードを解析するためのマクロファイルです。それでは「eup040.xls」を開きましょう。

eup040.xlsを開いても何も表示されないはずです。パスワード解析の機能はマクロを直接実行することで行います。そこでファイルのリボンの「開発」から「マクロ」のメニューをクリックします。

「マクロ」画面が表示されます。

1. Excelファイルの読み取りパスワードを解析する

Excelファイルに設定された読み取りパスワードを解析するためには、「run_ExcelUnPassword_menu」というマクロを選択して「実行」ボタンをクリックします。

〈注意〉
Excel UnPasswordのマクロで解析できるファイルは、拡張子が「.xls」の「Excel 97 – 2003 のExcelブック形式」のファイルのみです。Excel 2007以上のExcelから作られる「.xlsx」の「Excel 2007 以上のExcelブック形式」のファイルは分析できないので注意しましょう。

「ExcelUnPassword of File」というタイトルのウィンドウが表示されます。ウィンドウの各項目について説明します。

Input File

パスワードが設定されたファイルを指定します

Run first is

「Dictionary」と「character」のどちらかを選択します。
「Dictionary」を選択すると辞書検索モードになります。「character」を選択すると全検索モードになります。
いわゆる「総当たり攻撃」で解析したい場合は「character」を選択することになります。

alphabet・ALPHABET・number・other・Users

全検索モード分析する際に使用する文字種を設定します。「Users」には半角文字以外でパスワードに使われているかもしれない文字種を指定することができます。

Min/Max Length

パスワードを解析する際のパスワードの桁数を指定します。

Coincidence Search

固定検索をする際にチェックを入れます。固定検索とはパスワードの一部がわかっている時に、既知の部分を設定した状態で全検索を行うことができる機能です。

チェックを入れると「Setting」ボタンが有効化されます。「Setting」ボタンをクリックすると固定検索のための設定が表示されます。

前方に固定文字を設定する場合は「Front」後方に固定文字を設定する場合は「Back」前方と後方の両方に固定文字を設定したい場合は「Front and Back」を設定します。

パスワードを解析するための設定は以上です。それでは実際にパスワードを解析してみましょう。

「Ref…」ボタンをクリックしてパスワードを解析したいExcelファイルを選択します。今回は解析時間の短縮のため、小文字のアルファベットのみで解析します。設定が完了したら、「Start」ボタンをクリックして解析を開始します。

「Excel file password decord. Ready?」と表示されるので、「はい」をクリックします。パスワードの解析が開始されます。

パスワードの解析が完了すると、「Success! PASSWORD is XXX」と表示されます。

この「XXX」の箇所がExcelファイルに設定されたパスワードです。今回の例では「abc」という文字列がパスワードとして設定されていたことになります。

2.シートに設定されたパスワードを解析する

Excel UnPasswordではシートに設定されたパスワードの解析もできます。その方法を紹介します。

マクロのダイアログボックスから「run_ExcelUnPassword_menu_sheet」を選択して「実行」ボタンをクリックします。

「ExcelUnPassword of Sheet」のウィンドウが表示されます。ファイルのパスワードを解析した時と同様に、パスワードが設定されているシートを「Ref…」ボタンをクリックして開きます。

パスワードが設定されているシートを含むExcelファイルを開くと、ウィンドウの右側にある「Sheet Name」というリストにシート名の一覧が表示されます。

その中で、パスワードが設定されているシートは自動的にチェックボックスにチェックが入った状態で表示されます。今回の例では「パス有り1」「パス無」「パス有り2」の全部で3つのシートがあり、その中でも「パス有り1」と「パス有り2」の2つのシートにパスワードが設定されていることがわかります。

先ほどのファイルの読み取りパスワードを解析した時と同様に、パスワードに解析に関する設定を行い「Start」ボタンをクリックしましょう。

「Excel file password decord. Ready?」と確認ダイアログが表示されますので、「はい」をクリックします。

シートに設定されたパスワードの解析が完了すると、Status Messageに「Processing was ended. A processing result should look at the created file.」とメッセージが表示されます。

シートに設定されたパスワードの場合は、マクロのウィンドウではなく、別に保存されたファイルに解析されたパスワードが記録されます。

パスワードが設定されたExcelファイルと同じフォルダ内に「XXXX.xls.sheet.pass.txt」というファイルが新しく作られているはずです。そのテキストファイルの中にマクロが解析したパスワードが記述されています。

ファイルを開くと、

  • パス有り1  abc
  • パス有り2  abc

と書かれています。今回は「パス有り1」と「パス有り2」の両方のシートに「abc」というパスワードが設定されていたため、同じ「abc」という文字列がパスワードとして設定されていたことが解析できました。

3.ブックに設定されたパスワードを解析する

これまでと同じ手順でブックに設定されたパスワードを解析することもできます。

「マクロ」ウィンドウから「run_ExcelUnPassword_menu_book」を選択して「実行」ボタンをクリックします。

「ExcelUpPassword of Book」ウィンドウが表示されます。

シートのパスワードの時と同様に「Ref…」ボタンをクリックし、パスワードを解析したいExcelファイルを選
択します。オプションの設定を行い「Start」ボタンをクリックすると、ブックに設定されたパスワードを解析します。

「Excel file password decord. Ready?」とメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。

パスワードの解析が完了すると、「Success! PASSWORD is XXX」とメッセージが表示されます。

「XXX」の箇所がブックに設定されたパスワードです。今回の例だと「abc」という文字列がブックに設定されていたパスワードということになります。

まとめ

Excelにパスワードを設定するといっても、Excelの機能のさまざまな箇所にパスワードを設定できることを紹介してきました。そして、Excelに設定したパスワードはインターネットで公開されているフリーソフトで簡単に解析できることもわかりました。

今回紹介した「Excel UnPassword」はExcelに設定されたさまざまなパスワードを「総当たり攻撃」という手法により解析するフリーソフトです。総当たり攻撃によるパスワードの解析は時間をかけることにより、どのようなパスワードでもいつかは解析されてしまうような攻撃手法です。

しかし、パスワードとして使用する文字列の桁数を多くしたり、文字の種類に数字や記号を混ぜたりすることにより、ソフトウェアによるパスワードの解析を事実上不可能といったレベルにまでパスワードの強度を高めることができます。パスワードを設定する際には、アルファベットだけでなく数字や記号も含めた強固なパスワードを設定することが重要といえるでしょう。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?