サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

アンチウイルスソフトを複数入れてはダメ!その理由とは



「データが消えてしまった」「パソコンから何か変なメッセージが出て、削除できない」…などなど、コンピュータウィルスによる被害はとどまるところを知りません。

以前なら、アンチウイルスソフト(ウイルスソフト)をインストールして、万事解決!となったところが、最近はそう簡単にいかなくなっています。

アンチウイルスソフトを入れても解決しないのは何故?

それはウイルスの手口が巧妙化し、ソフトで検知・駆除できないケースが多発するようになっているからです。では、どうすれば良いのでしょうか。

ここで、誰もが思いつく対策。「ウイルスソフトを複数入れたら、検知性能が相乗効果で良くなって感染しなくなりそう」と、至極当然のような意見に思えます、が実はこれ、やってはダメなのです。

なぜでしょうか。今回の記事では「ウィルスソフトを複数入れることがなぜダメなのか」ということを解説していきます。

なぜ複数入れてはダメなのか

ウイルスソフトは皆さんご存知のように、パソコンがウイルスに感染しないように守るソフトウェアです。守るためにパソコンの起動時に同時に起動し、起動中は常にバックグラウンドで動作しパソコンを監視し続けています。

これは通常私たちがパソコンで使うワードやエクセルといったアプリケーションとは大きく異なっています。極論を言えば、ウイルスソフトはインストールされるとOSの一部のようになってしまうのです。

互いに干渉しあってしまう

OSの一部ともみなせるほど密接に動くウイルスソフト。そのウイルスソフトを複数入れるということは、2つのソフトが両方とも同じように起動時から終了時からすべてのプロセスを監視しようとすることを意味します。同じように監視しようとするソフトウェアが2つ導入されると、それらは競合し、不具合を起こす可能性が非常に高くなります。

通常のワードやエクセルといったソフトウェアはパソコンのシステムに深くかかわるようなものではないので、MS OfficeとOpenOfficeなどの類似ソフトをインストールすることによって競合が発生して不具合が発生するようなことはまずありませんが、OSに密接に関わり同じような役目を果たすウイルスソフトを2つ入れるとお互いが干渉しあってシステム全体が不安定になる可能性が高くなります。

互いに排除しようとする

また、ウイルスソフトはこのようにパソコンのOSに深くかかわるものだけに、2つインストールするとお互いがお互いを、システムに不正に侵入して書き換えるような不正なソフトウェアであると認識し、排除しようとする可能性があります。これも当然システムに不具合を起こす原因になります。

まとめ

パソコンにウイルスソフトを複数入れてはダメな理由は以下となります。

  • OSに密接に関わりシステムを監視する同じようなプロセスが複数動くことになる
  • お互いを不正なソフトウェアと勘違いして排除しようとする
  • その結果システムが非常に不安定になり、起動しなくなる恐れがある

つまり、パソコンに同じような役割を果たすウイルスソフトを複数入れることによって、動作が非常に不安定になったり、最悪の場合は起動できなくなったりする可能性があるから複数インストールすることはダメなのです。

気をつけるのは、買ってきたパソコンにウイルスソフトが入っているケースです。そのまま使うのなら良いですが、既に持っているソフトに入れなおす場合は、必ず元々入っているソフトは削除してください。削除せずに入れると、結果的に複数のウイルスソフトが入っていることになり、システムが不安定になる恐れがあります。

おわりに

多くのコンピュータウィルスがばらまかれ、セキュリティ事故がたびたび発生している現在。複数のウイルスソフトを入れることによって、相乗効果で対ウィルスの防御力が向上すると勘違いされるケースもいたしかたありませんが、ここまで述べたように実際は全く逆なのです。

複数導入することによってパソコンのシステム全体が不安定になり、起動しなくなる恐れもあります。そういったことを招かないためにも、ウイルスソフトを複数導入することは絶対に避けましょう。



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。