サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

デジタルフォレンジック調査(株式会社ワイ・イー・シー)

「セキュリティ対策強化の必要性から、ウイルス対策や不正アクセスの防止についてはほとんどの企業が取り組み済みです。しかしながら、昨今の情報漏洩事案は、それら外部からの対策では防げない内部不正によるものが非常に多く、全てを防ぐことは困難な状況となってきています。

株式会社ワイ・イー・シーは、警察他捜査機関にさまざまなフォレンジックツールを数多く導入しており、ツールの開発・製造・販売は勿論、その導入支援・トレーニングまで幅広く取扱っています。さらには、そのノウハウを活用し、お客様のご要望に沿ったフォレンジックサービスをソリューション業務としてご提供しております。

3つのポイント

  • POINT 01

    情報システムの現状把握と不正確認がを効率的に行うことができる

  • POINT 02

    不正な情報流出があった際の証拠として利用できるため、訴訟リスクを軽減できる

  • POINT 03

    企業としてしっかりと情報漏洩対策を行うことにより、社員の不正を抑止できる

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 サービス
参考価格 別途お問い合わせください

資料サンプル

導入実績

当社は、日本国内で初めてHDDデュプリケータを開発した老舗メーカーです。官公庁様においては、コンピュータ犯罪捜査の初期から導入を開始し、現在では全国の官公庁様並びに民間企業様でご使用頂いています。

製品・サービス詳細

情報漏洩の多くは内部不正が原因

内部不正等によるインシデント発生時、関連するコンピュータ等を特定し、スピーディに重要な電子データを保全&解析することは、その後の被害最小化や企業の社会的責任を果たす上で大変重要となってきます。また、情報漏洩等による訴訟も数多く発生しており、法的な対応を考慮してもインシデント対応は避けては通れません。インシデント対応時のフォレンジック解析には、従来より捜査機関等で用いられているデジタル・フォレンジックが有効な手段です。

株式会社ワイ・イー・シーは、警察他捜査機関にさまざまなフォレンジックツールを数多く導入しており、ツールの開発・製造・販売は勿論、その導入支援・トレーニングまで幅広く取扱っています。さらには、そのノウハウを活用し、お客様のご要望に沿ったフォレンジックサービスをソリューション業務としてご提供しております。

また、近年は組織体制の改善に関するご相談も多く頂戴しており、ポリシー策定に関する支援や、組織毎の情報セキュリティアドバイザリー業務もご提供しております。情報資産・データに関わる課題解決に向けてご相談ください。

株式会社ワイ・イー・シーの取り扱うフォレンジック

初動フォレンジックツール

フォレンジックにおいては、パソコンが電源OFF状態でハードディスクを取り外し保全をしてからその複製に解析を行いますが、現場でパソコンが稼働中の場合には、すばやくそのパソコンの情報を収集し、状況を把握する事が重要になります。PC初動ツールでは、簡単な操作でパソコンの情報を収集することが出来ます。

コンピュータフォレンジックツール

初動フォレンジックツールよりもより詳細な調査を希望する方へ推奨しています。大手セキュリティベンダー等に採用されている、マルウェア感染時のインシデントレスポンス時にも利用可能なツールをご提案致します。

内製化にむけたトータルフォレンジックソリューション

近年、CSIRTの設立んど内製化によるインシデント対応に向けた取り組みが盛んになておりますが、何から準備をすれば良いかわからないといったご相談も多く頂戴しております。弊社では、組織作りのご支援から組織毎で必要なツールやソリューション、トレーニングとトータルでご提案をしております。

デジタル・フォレンジック(内部不正・情報漏えい・退職者端末)調査サービス

端末の特定から証拠保全を行い、メールやPCに保存されたファイルなどの電子データを解析することを通じて、企業価値の向上、事実究明に役立てて頂いております。

インシデント対応支援、マルウェア感染調査サービス

  • 緊急時の初動対応支援をサポートします。
  • セキュリティ事故、被害にあった際の緊急対応・初動調査を実施。

こんな時にご相談ください

  • 内部より情報漏えいが発生したかもしれない
  • 不正アクセスによって機密情報が外部へ流出した!?
  • 怪しいメールが届く様になっている
  • 社内ネットワーク内の情報が削除されている
  • 取引先からセキュリティ侵害に関する連絡を受けた
  • 退職者による情報漏えいの懸念があるがどうしたらよい?
  • マルウェアに感染しているか調査してほしい

【コンサルティング】情報セキュリティポリシー策定支援のアドバイザリー業務

情報セキュリティ委員会を設立し、インシデントを未然に防ぐ組織づくりを支援します。

昨今ではお取引先からのポリシー要請があるが、策定しておらずお困りのご相談を多数頂戴しており、ハンズオンで、現状分析からドキュメント作成まで支援しています。

企業情報

会社名株式会社ワイ・イー・シー
本社所在地

〒194-0005
東京都町田市南町田三丁目44番45号

設立年月平成4年1月10日
資本金25,000,000円
従業員数40名
事業内容

・多様なストレージデバイスで取り扱うデータのコピー・消去・解析・検査ツール
・デジタルフォレンジックツールの開発・製造・販売
・デジタルフォレンジックサービス
・インシデントレスポンスサービス
・情報セキュリティポリシー策定支援のアドバイザリー業務
・情報セキュリティにおける各種コンサルティング業務
・各種トレーニング

代表者名仁部 泰