サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

サイバー攻撃自動防御ソリューション(アラクサラネットワークス株式会社)

標的型攻撃をすばやく検知・自動で遮断。セキュリティ監視のコスト削減と高信頼化を両立

標的型攻撃を受けた組織の、被害の深刻さを伝えるニュースが頻繁に聞かれるようになりました。ITリテラシー教育を十分に実施していても、標的型攻撃を防ぎきれず業務の停止に追い込まれた企業も少なくありません。AXシリーズでは、標的型攻撃をすばやく検知し状況に応じて不正な通信を自動遮断できる、サイバー攻撃自動防御ソリューションを提供します。

3つのポイント

  • POINT 01

    マルウェア感染端末を検出、自動遮断でスピード対応

  • POINT 02

    感染端末の移動先を追いかけ自動遮断を継続

  • POINT 03

    ソフトウェアのインストールや特別な設定は不要。OSを選ばず幅広い環境に導入可能

画面サンプル

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 オンプレミス、クラウド
参考価格 お問い合わせ願います。

資料サンプル

製品・サービス詳細

こんな課題はありませんか?

・インシデント時の初動対応を迅速化したい
・感染端末のIPアドレスが変更されても追従して遮断したい
・全端末へのソフトウェアインストールはむずかしい
・通信遮断したユーザに警告・メッセージを表示したい
・トラフィックが多く、セキュリティ機器への投資が高コスト

 

アラクサラが解決します

✓マルウェア感染端末を検出、自動遮断でスピード対応
✓感染端末の移動先を追いかけ自動遮断を継続
✓ソフトウェアのインストールや特別な設定は不要。OSを選ばず幅広い環境に導入可能
✓ブラウザを使って警告やメッセージを発信可能
✓対象トラフィックのみをミラーリング。セキュリティ機器の負荷・コストが大幅ダウン

エッジスイッチまでの監視で、内部のマルウェア拡散活動をスピーディに検知

従来は、内部の脅威を検知してもインターネット上のファイアウォールでしか侵入を止められず、拡散防止対策が不十分でした。サイバー攻撃自動防御ソリューションは、ネットワーク全体をエッジスイッチまで効率的に監視。端末の怪しい挙動を、エッジスイッチレベルで即座に検知することができます。

特徴

AX-Security-Controller

各社セキュリティ製品と連携、セキュリティ装置からの通知に従い、マルウェア感染端末を検出して通信を自動遮断

幅広いセキュリティベンダー各社と連携し、お客様に安心・安全で的確なネットワークソリューションを提供。
加えて、汎用連携インタフェース(CEF形式syslog)にも対応。さまざまなセキュリティ製品との連携が可能です。

マルウェア感染端末を追いかけ、移動先でも確実に通信を遮断

・コントローラが端末のロケーションを常に把握し、マルウェアに感染した端末の移動先を突き止めて通信を自動的に遮断
・端末のMACアドレスをキーに追跡を行うため、DHCPなどで端末のIPアドレスが変化する環境においても、適切に対応することが可能

通信遮断中のユーザには、ブラウザを使って警告やメッセージを発信可能

・遮断された感染端末では、Webブラウザに「あなたの端末はセキュリティ上の理由で通信が遮断されています」という、アラートメッセージを自動表示。また、管理者が独自に作成したメッセージを表示させることも可能
・遮断のアクションはスイッチで行われるため、端末はエージェントレスで動作。端末に特別な設定をすることなく、端末のOSに縛られずに幅広い環境に導入可能
・特に、エンドポイントソフトウェアの適用が難しいIoTデバイスや、制御機器の多い環境(工場・医療など)に最適

工場など非IP環境でも、MACアドレスを指定して端末の遮断操作が可能

・工場の一部に導入する場合や、ルータが通信事業者資産の場合など、L3スイッチがAX-SCユーザの管理外のケースでも利用可能
・L2スイッチから端末のMACアドレス情報を収集し、端末の一覧表示や遮断を実行

ポリシーベースミラーリング

対象トラフィックのみをミラーリングし、セキュリティ機器の負荷やコストを大幅に削減

リモートミラー機能

遠隔モニタリングを実現

企業情報

会社名アラクサラネットワークス株式会社
本社所在地

〒212-0058 神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-2新川崎三井ビル西棟

設立年月2004年10月01日
資本金20億円
従業員数約230名 (2021年3月末現在)
事業内容

企業内のネットワーク、通信事業者やサービスプロバイダーのネットワークの中心となる高信頼・高性能のルータ・スイッチの開発、設計ならびに製造・販売
これらのルータ・スイッチに対する保守サービス、技術サポートなどの提供

代表者名代表取締役社長 兼 CEO 保坂 岳深