電通プロモーションサービスが不正アクセス被害、情報流出の可能性|サイバーセキュリティ.com

電通プロモーションサービスが不正アクセス被害、情報流出の可能性



画像:株式会社電通プロモーションプラスより引用

株式会社電通プロモーションプラスは2022年4月5日、同社のサーバーに対する外部からのサイバー攻撃により、一部の個人情報が流出した可能性があると明らかにしました。

説明によれば、同社は2022年3月16日、運営する情報サイト「BAE(ベイ)」の運用サーバーに対する不正アクセスを検出。これを調査したところ、サーバーに記録されていた内部情報およびサイトのメルマガ登録者の情報153件や問合せ登録者の情報98件について、流出懸念が生じたとしています。

同社はこのため、運用サーバーの緊急停止を決定。BAEサイトもクローズし、関係先に謝罪しました。

セキュリティ対策強化決定、続報あれば公表予定

株式会社電通プロモーションプラスによれば、同社は不正アクセス判明後、外部の専門機関による調査を進めている状況です。

今後は再発防止のため、より厳重な情報セキュリティ体制を構築し、流出対策を徹底すると説明しています。

なお、同社によれば2022年4月5日時点で、実際に情報が流出したと見られる証跡は確認されていないとのこと。今後、新たに公開すべき事実が判明すれば、改めて公表するとしています。

参照お客様の個人情報の外部流出可能性に関するお知らせとお詫び/株式会社電通プロモーションプラス




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。