お店で売っている食品や電化製品、文房具、さまざまなものに共通して重要なことといえば「品質」です。これは、IT業界でも同じで、ソフトウェアなどがバグや問題のない高い品質を持っていることは非常に大切なことです。

今回は、ソフトウェアなどのIT製品の品質を保つための重要な仕事をしているQAエンジニアについて仕事の内容や資格といったものについて解説します。

QAエンジニアとは

最近、注目をされ始めた職種である「QAエンジニア」。QAエンジニアとは、どういうものなのでしょうか。

QAとは、QA(Quality Assurance:品質保証)で、製品の品質を維持し高めるための仕事です。そして、QAエンジニアは、「テストエンジニア」とか「品質管理エンジニア」などとも呼ばれる仕事で、ソフトウェアなどの製品の品質を高め、維持していくためのバグの修正や、出荷前のさまざまなテストなどを担当しています。

QAエンジニアの仕事内容

QAエンジニアは、ソフトウェアの品質を管理するための仕事をしていますが、具体的にどういったものなのでしょうか。

テスト設計

製品が正常に動作するか、想定した品質を保っているか確認するためにはテストが必要です。テスト設計では、どういったテストを実施するか、内容と流れを設計します。

コードや環境の動作確認

ソフトウェアの開発は、多くの場合はモジュールに分割され、各チームで分担して行います。それらを組み合わせる前に、コードにおかしな点、矛盾したところや脆弱性がないかどうかをすべて確認します。

出来上がった製品の動作確認

開発されたソフトウェア製品を出荷前にテストするのもQAエンジニアの仕事です。意図した通りに動作するか、問題のあるところや脆弱性はないかどうかさまざまなテストを行って品質を高めます。

QAエンジニアの需要

ITの活用が進展するとともに、さまざまな仕事がソフトウェアなどによって行われるようになっています。従来、企業で事務作業として人が行なっていた部分についても、経理作業など定型業務については自動化するRPAの導入が始まっています。

こうした状況は、よりソフトウェアの品質を高め保証するQA人材の需要の高さにつながります。こうしたことから、今後とも需要はどんどんと伸びていくと考えられます。

QAエンジニアの年収

ソフトウェアなど製品の高い品質を維持するためにQAエンジニアの仕事は欠かせないものです。では、彼らの年収はどういった状況にあるのでしょうか。

大手人材紹介サービスのマイナビエージェントの調査では、QAや品質管理に携わる人材の平均年収は389万円となっています。経済産業省が平成29年に公表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、一般的なITエンジニアに分類される「IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)」の平均年収608.6万円や「IT保守(顧客向け情報システムの保守・サポート)の平均年収592.2万円に比べて低い水準にあると言わざるを得ません。

これは直接開発などに携わらないためであると考えられます。しかし、QAマネージャなどへステップアップすることで年収アップは十分可能です。

QAエンジニアの求人状況

大手の求人サイトなどでもQA関連の人材の求人は多くなっています。たとえば転職サイトのDODAで検索すると、100前後の求人は瞬時に表示されます。

このように、品質保証関連の高い需要を背景にしてQAエンジニアの求人は好調な状態が続いています。

QAエンジニアになる方法

どうすればQAエンジニアになれるのでしょうか。QAエンジニアになるためには、必要な知識や技術を身につける必要があります。たとえば、以下のようなものです。

  • プログラミングの知識
  • ソフトウェアの品質保証に関する知識
  • SDKやデバッグツールといったソフトウェア開発ツールの知識

こういったものを身につけるためには、「IT関連のスクールで学ぶ」「学習サイトの活用」「参考書」を活用するといった方法で学習することができます。体系立てて知識を学ぶといった点ではスクールがもっとも良いのですが、それが不可能な場合には学習サイトなどを使った方法も可能です。

また、後述しますが、資格を取得することで学ぶという方法も効果的です。

QAエンジニアに必要な資格

QAエンジニアとしての知識を得る、また仕事をするときに資格取得はとても有効です。QAエンジニアに有効な資格は以下のようなものがあります。

JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)


主催団体一般財団法人日本科学技術連盟
URLhttp://jstqb.jp/index.html
ソフトウェアテスト技術者資格認定組織であるJSTQBが実施している認定資格で、テスト技術者としての知識や技術を持っていることを示す国際資格です。

IT検証技術者認定試験(IVEC)


主催団体一般社団法人IT検証産業協会
URLhttps://www.ivia.or.jp/item43
一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が認定するテストエンジニアの資格試験です。Iソフトウェア製品が決められた水準の品質を持っているかどうかを保障するための知識や技術を持っていることを認定するもので、いくつかの段階にレベル分けされています。QAマネージャなどであればレベル5より上が必要ですが、QAエンジニアであればそこまではいらないでしょう。

最後に

品質保証を担うQAエンジニアの需要は今後さらに高まっていくでしょう。興味のある方は実際に下記の「エンジニア派遣」で求人募集を探してみてはいかがでしょうか。

参考セキュリティエンジニア派遣

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?