どちらが安全?iPhoneとAndroidのセキュリティ比較

この記事は約 4 分で読めます。



インターネットを閲覧するにはPCが必要という時代はすでに過去のものとなりました。

総務省の「平成26年度版情報白書」では、平成25年末の調査でスマートフォンの世帯普及率が62.6%と、6割を超えていることが明らかとなっています。当然、平成27年の今普及率はさらに上がっているはずです。

平成26年版情報通信白書/総務省



コンピュータウイルスの現状

smartphone

今や、インターネットはPCだけでなくスマートフォンやタブレットなどといった様々なデバイスから利用できるようになっており、PC以外からのインターネット利用も年々拡大しています。

当然ながら、様々なコンピュータウィルスなども従来はPCを主なターゲットとしていましたが、スマートフォンをターゲットにしたものも多く出回るようになりました。

そういった状況の中で、スマートフォンのセキュリティ対策がこれまでにも増して重要となっています。

世界的に広く使われているスマートフォンと言えば、Googleが開発したAndroid OSを採用するAndroidスマートフォン、そしてMacintoshで有名なAppleが開発したiOSを搭載するiPhoneの2 つです。他にもMicrosoftのWindows Phoneや、Firefox OSなどもありますが、この2つの市場シェアには遠く及びません。

従って、ウィルスなどの不正プログラムの対象も自ずとこの両者がターゲットとなることが多くなります。

では、Android, iPhone(iOS)のどちらが安全でセキュリティ的に優れているのでしょうか。当然利用する側にとっては非常に気になるところだと思います。ここで両者の比較を行い、どちらがより安全に利用できるスマートフォンなのかを検証してみましょう。

Androidのセキュリティ的な視点からのメリットとデメリット

メリット

  • GoogleからOSのコードが公開されているために世界中の技術者により脆弱性が迅速に発見、対応することが可能となる。

デメリット

  • コードが公開されているために不正に悪用され、悪意をもって改変されるなどの恐れがある。
  • アプリが公式アプリストアの「Google Play」以外でもダウンロードできるため、Googleによって審査され安全性が確認されたアプリ以外でも利用することが可能である。そのため、不正なコードを持つアプリをインストールしてしまう恐れがある。
  • 比較的新しいハードウェアでないと最新のOSのサポート対象ではなく、十分なセキュリティを確保できない。

iPhoneのセキュリティ的な視点からのメリットとデメリット

メリット

  • AppleからOSのコードが公開されていないため、不正にコードを改変され悪用されるなどのリスクが少ない。
  • アプリが公式の「App Store」でしかダウンロード出来ず、Appleの審査で安全性が確認されたものしか利用できない。
  • AppleがOS(iOS)とハードウェア(iPhone)の両方を1社で作っており全ての仕様を把握しているため、OSとハードウェアの相性等に起因する問題が発生するリスクは非常に低い。
  • 比較的古い機種であっても、最新のiOSの導入がサポートされている(最新のiOS9では2011年発売のiPhone4Sまでサポートされている)ので、強固なセキュリティ環境を確保できる。

デメリット

  • コードが公開されていないため、脆弱性等の発見が公開されている場合に比べ遅くなる。また、問題への対応もApple1社が対応するためAndroidに比べて遅くなる。

おわりに

これを踏まえて整理してみると、iPhoneと比較してAndroidはプログラムのコード情報が公開されているため、脆弱性などの発見も早く、発見された時の対処も早いのですが、そもそもコードが公開されているので、それが不正利用されたりする可能性が高くなります。

また、アプリについても審査を受けないものも公開されるAndroidと異なり、iPhoneは厳格に審査された安全性の高いものしか公開されません。さらには、iPhoneはAndroidと異なり、OSとハードウェア両方をApple1社が作っており、比較的古い機種まで最新OSの導入がサポートされているメリットがあります。

そう考えると、AndroidとiPhoneではiPhoneの方がセキュリティ的にはリスクが低く安全なスマートフォンだということが言えます。

しかしながら、いずれにしろAndroidと比べると比較的安全と言えるiPhoneであっても危険なWebサイトを訪れるなどのリスクの高い行為を行えば、当然ウィルスやマルウェア感染などの可能性は高まります。重要なことは、どちらを使うにしろ怪しいWebサイトを訪問するなど危険性の高い行為を避けることです。

iPhone用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較
Android用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較

IT企業10年間、Linux・Windows系のサーバ・インフラ系構築・運用エンジニアとして経験を積み、現在は、とある企業で社内SEとして活動。 多種多様な業務に携わってきたため知識は幅広く、得意分野はLinuxをはじめとしたサーバー構築。社内セキュリティ担当者としての経験も長く、セキュリティソフトウェアや、ゲートウェイ対策にも精通している専門家として活躍中。 >プロフィール詳細

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ