サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Android用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較



スマートフォンは従来型のフューチャーフォン、いわゆるガラケーと呼ばれる携帯電話と大きく異なり、パソコンと同じようにインターネット閲覧をしたり、アプリをインストールして使ったりするなど、まさに「小さなパソコン」と呼べるものになっています。

これはセキュリティ対策についても、従来の携帯電話と異なり、パソコンと同じような高度な対策が必要であることを示しています。ウィルスなどのマルウェアに感染するなど、これまでの携帯電話とはレベルの異なる対策が必要になるのですが、それにはどのようにすれば良いのでしょうか。

スマートフォンには大きく分けてAndroidとiPhoneがあります。iPhoneについては別記事で詳しく触れていますので、そちらを見ていただくとして、本記事ではAndroidについて取り上げます。

Androidのセキュリティ基本情報

一般にAndroidはiPhoneに比べてセキュリティ的に“安全ではない”と思われているケースも多いです。

それは、iPhoneがアプリはすべてアップル社が審査し、通過したもののみをAppStoreで配布という形をとっているのに対して、Android用のアプリはGoogle Play Storeだけでなく、他の場所でも自由に配布されていることが関係します。

つまり、アプリが非常に多く出回るという面では良いのですが、中には悪意を持って作られたアプリがあるということを意味しているのです。

Android用セキュリティ対策アプリの選び方

悪意を持って作られたアプリへの対抗策として重要なのが「セキュリティアプリ」ですが、Androidであってもその選択基準はiPhoneと変わりありません。

  1. ウィルス検知機能は十分かどうか(脆弱性検知や、フィッシング詐欺などの対応できればなお良し)
  2. 軽量で高速で動作するか
  3. 盗難・紛失時の対応

ただし、先ほども説明しましたが、AndroidはiPhoneと比較しても悪意のあるアプリ等が多くなる可能性があるので、より性能の高いものが求められます。

では、これを踏まえてAndroidのセキュリティアプリをいくつか挙げてみましょう。今回は、iPhone用のアプリと同じようなベンダー選定にします。

Android用セキュリティ対策主要4アプリについて

1 ノートンモバイルセキュリティ

セキュリティベンダーとしてノートンシリーズのPC用のセキュリティ対策ソフトをリリースしている大手のシマンテック社によるアプリです。

こちらはiPhone版もリリースされていますが、盗難・紛失時の対策機能に特化していたiPhone版と異なり、Android版はセキュリティ機能も充実したものとなっています。
▶︎詳細はこちら

長所
  • 不正なアプリを検出しブロックできる
  • フィッシング詐欺等の対策機能がある
  • 24時間のサポート体制が整っている
短所
  • 1年間で2,800円の費用が発生する

2 ウィルスバスターモバイル

セキュリティベンダー大手のトレンドマイクロ社によるアプリです。

こちらもiPhone版がありますが、Android版の方がセキュリティ機能は充実しています。
▶︎詳細はこちら

長所
  • Webサイトのスキャンや脅威対策機能が充実している
  • iPhone版にはない不正アプリのブロック機能がある
  • FacebookやTwitterなどSNSのプライバシー設定機能がついている
  • データバックアップ機能が備わっている
短所
  • ダウンロード費用が高額(1年版:3,065円/2年版:5,637円)

3 カスペルスキーセキュリティ

ロシアのセキュリティベンダーであるカスペルスキー社によるアプリです。

iPhoneではKaspersky Safe Browserというあくまでもブラウザでしたが、こちらは統合セキュリティ対策アプリとなっています。
▶︎詳細はこちら

長所
  • Webサイトの脅威防止機能が付いている
  • 不正アプリの検知とブロック機能がある
  • 盗難、紛失対策の機能がある
短所
  • ダウンロード費用が高額(1年版:3,980円/2年版:6,980円/3年版:8,980円)

4 マカフィー・モバイル・セキュリティ

セキュリティベンダー大手のマカフィー社によるアプリです。

▶︎詳細はこちら

長所
  • 紛失、盗難時のデータ保護など機能が充実している
  • ウィルス対策や不正アプリのブロックがある
  • SNSのセキュリティ対策機能がある
  • データバックアップ機能が備わっている
短所
  • ダウンロード費用が高額(1年版:3,065円)

最後に

比較を見てみると、いずれのアプリも機能としては充実していることがわかります。

どの製品を選んでも満足いく効果が得られると思いますが、カスペルスキーセキュリティなどPCなどにも使えるソフトもありますので、選ぶ際はそれを選択するとコストパフォーマンスが良いでしょう。
▶︎カスペルスキーセキュリティの詳細はこちら

[参考:端末別のセキュリティソフト・アプリの選び方]
セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較
iPhone用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較
Android用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較
Mac用セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較
iPad用セキュリティアプリの選び方と主要4ソフト比較

 



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。