プライバシー保護に関する研修や資格、認証プログラムの提供を通じて、企業とユーザーの信頼関係構築、個人情報保護の推進をサポートするトータルソリューション。

一般社団法人日本プライバシー認証機構とは?

企業のウェブサイトにおける個人情報の適正な取り扱いや安全性を認証するプログラムとして世界中で利用されている「TRUSTe」。

「CPA(個人情報取扱従事者資格)」「CPP(個人情報管理者資格)」「CPO(個人情報保護最高責任者資格)」 という個人情報の運用と管理に関する認定資格。

個人情報保護マネジメントシステム運用のためのプロフェッショナルを育成・認定する「JCPC(認定プライバシーコンサルタント資格)」。

こうした、個人情報に関わる資格制度の運営や社員教育、認証付与など総合的ソリューションを提供し、個人情報保護の推進に貢献してまいります。

関連記事

インタビュー

セミナーレポート

その他のページ

製品・サービス

法人会員ニュース

導入事例

ホワイトペーパー

お問い合わせ

会社名一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)
英文表記Japan Privacy Accreditation Council(略称:JPAC)
住所

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-11 フレンドビル

TEL

03-6457-9507

EMAIL

corpinfo@jpac-privacy.jp

会社URLhttp://www.jpac-privacy.jp/
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?