サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Adversary Hunting Service/ハンティング・サービス/侵害調査(サイバーリーズン・ジャパン株式会社)

侵害の証跡を調査し、 効果的なセキュリティ対策を提案

強固なセキュリティ体制を持つ企業であっても、⾼度な攻撃による侵⼊の検知、攻撃の阻⽌することは⾮常に困難です。

サイバーリーズンのハンティングサービスは企業が受けているセキュリティ上の脅威を深堀りし、調査内容を報告しつつ、攻撃の対応や、セキュリティ対策の改善点についてアドバイスを⾏うサービスです。

3つのポイント

  • POINT 01

    隠れた敵を発見

  • POINT 02

    セキュリティの盲点を把握

  • POINT 03

    効果的なセキュリティ対策を提案

画面サンプル

NO IMAGE
NO IMAGE
NO IMAGE

資料サンプル

製品・サービス詳細

侵害の証跡を調査し、効果的なセキュリティ対策を提案

強固なセキュリティ体制を持つ企業であっても、⾼度な攻撃による侵⼊の検知、攻撃の阻⽌することは⾮常に困難です。

サイバーリーズンのハンティングサービスは企業が受けているセキュリティ上の脅威を深堀りし、調査内容を報告しつつ、攻撃の対応や、セキュリティ対策の改善点についてアドバイスを⾏うサービスです。

隠れた敵を発見

⾼度なマルウェアは、セキュリティシステムの検知機能をすり抜け、痕跡を残しません。また正規のID/PWを⽤いたアカウントのなりすまし攻撃などもあります。侵害された危険な端末を特定することがサイバーセキュリティの第⼀歩です。

セキュリティの盲点を把握

サイバー攻撃における、侵入経路、攻撃の流れを解析し、セキュリティ侵害の範囲を特定します。そして、システムや端末上のセキュリティホールや、抜け穴を根絶します。

効果的なセキュリティ対策を提案

エンドポイント調査からの詳細な解析結果をもとに、戦略的なシステム復旧計画や、貴社のセキュリティ対策に対する改善策を提案いたします。

ハンティング・サービス(侵害調査)の価値

ペネトレーションテストによる脆弱性診断とは異なり、ハンティング・サービス(侵害調査)ではお客様環境が実際に受けている脅威を特定することを⽬的としています。

実際の調査において、攻撃者の思考を理解しているサイバーリーズンのアナリストが環境の状況を深堀りすることから、通常のセキュリティ製品では検知できない⾼度な攻撃を数多く発⾒してきております。

ハンティング・サービス(侵害調査)の手法

お客様の環境に導⼊いただいたセンサーから、エンドポイントの振る舞いに関する情報をリアルタイムに収集いたします。

サイバーリーズンのアナリストの豊富なサイバー攻撃の対応のノウハウに基づき、収集された情報から、環境内の脅威となり得る振る舞いを洗い出します。

ハンティングプロセス(侵害調査の流れ)

STEP1 収集

サイレントセンサーはエンドポイント及びサーバーにすばやく導⼊できます。

STEP2 検知

サイバーリーズンの解析エンジンは、1 秒に 800万以上のイベント解析を⾏い、悪意ある活動を⾒つけ出します。

STEP3 ハンティング

解析エンジンによる自動検知以降、ハンティングチームがサイバー攻撃のノウハウに基づき環境の状況を更に深堀りし、脅威となり得る振る舞いを洗い出します。

STEP4 報告

調査で確認された脅威、攻撃の痕跡についての調査結果を報告しつつ、攻撃への対応や以後のセキュリティ対策についてのアドバイスをレポートとして提供します。

サイバーリーズンのセキュリティ

最高峰の軍事技術から生まれたテクノロジー

サイバーリーズンは、世界最高峰の軍事技術から生まれたマシンラーニング/ビッグデータ解析/AIを使用して、リアルタイムで収集されたデータをつなぎ合わせ、攻撃の一連の流れを洗い出します。

高い投資対効果

サイバーリーズンのエンドポインと製品を利用することで、大規模なエンドポイントに対して、投資対効果の高いサービスを提供できます。

インシデント・レスポンスの専門家

サイバーリーズンは、世界で数多くの高度な攻撃に対応した経験に基づき、フォーチュン500のトップ企業、政府機関などに対して、インシデント・レスポンス計画の策定を支援しています。

企業情報

会社名サイバーリーズン・ジャパン 株式会社
本社所在地

〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル 27F

設立年月2016年3月9日
事業内容

セキュリティープラットフォーム「Cybereason」の日本市場での提供およびそれに付帯する事業

代表者名アロン・ラスキン