サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Symantec Endpoint Security(SES)(SB C&S株式会社)

1エージェントでセキュリティ問題を解決!標的型攻撃にも最適な法人向けエンドポイントセキュリティ

Symantec Endpoint Security(SES) は、世界最高レベルの統合型エンドポイントセキュリティです。
多くのお客さまにご利用いただいているSymantec Endpoint Protection(SEP)をさらに強化した製品として登場しました。
社内外のPC ・モバイルデバイス、サーバー等を一括管理できるため、お客さまの環境に合わせてオンプレミス・クラウド・ハイブリッドでシステムをご利用いただくことが可能です。Windows・Mac・Linux・iOS・Androidなど複数のOSにも対応しています。マルウェア対策機能はもちろん、更なる防御機能を追加されたSESであれば、働き方が多様化した時代にも安心してご導入いただけます。

3つのポイント

  • POINT 01

    1エージェントで実現する次世代エンドポイントセキュリティ

  • POINT 02

    オンプレミスはもちろん、クラウド管理でリモート環境も対策可能

  • POINT 03

    40年の歴史に裏付けられた豊富な実績と業界トップクラスの保護性能

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 オンプレミス、クラウド 
参考価格 お問い合わせください

資料サンプル

製品・サービス詳細

Symantec Endpoint Security Enterprise(SES-E)とSymantec Endpoint Security Complete(SES-C)で構成されており、それぞれの製品で最適な保護を実現します。

SES活用のメリット

1エージェントでセキュリティ問題を解決

機能毎にセキュリティ製品を導入すると、コストや運用で課題が出てきます。アンチウイルス・EDR・NGAV等の必要な機能が包括されているため、運用負担の軽減・リスク管理が可能になりシンプルに運用いただけます。

クラウドでのセキュリティ管理を実現

SES は社内外にあるデバイスの一括管理が可能です。お客さまの環境に合わせて、オンプレミス・クラウド・ハイブリッドでシステムをご利用いただくことが可能です。クラウドを採用すれば管理サーバーを構築・運用する必要がなく、トータルコストを抑えることができます。

EDR 機能や脅威ハンティング機能を搭載

エンドポイントでの脅威検知に加え、対応や復旧が行える「EDR 機能」を搭載しています。また、機械学習とセキュリティの専門家が脅威調査を行う「脅威ハンティング機能」なども搭載し、より巧妙化、複雑化する脅威を検知します。

SEPをご利用中のお客さまへ

SESであればクラウドまたはハイブリッドで管理いただけます。クラウド管理で社内外のネットワークは問わずクラウドで一斉管理できるので、多様な働き方に対応できます。もちろん、オンプレミスで現在のSEPの運用をそのままご利用いただくことも可能です。

企業情報

会社名SB C&S株式会社
本社所在地

〒105-7529
東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

設立年月2014年03月01日
資本金5億円
従業員数1859
事業内容

IT関連製品の製造・流通・販売、IT関連サービスの提供

代表者名溝口 泰雄