サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

EISS |アイズ|Endpoint Incident Scanning Service(株式会社セキュアイノベーション)

エンドポイントの操作を記録・分析して「自ら早期発見できる状況」を作り、被害の軽減化を目的とした事後対策サービス。

いまや、日々新たなマルウェアが生成され、ウイルス対策ソフトでの予防だけではエンドポイントを守ることができません。「攻撃の検知」を含めたリスク対応体制の構築が急務であり、サイバー攻撃を受けた場合の「復旧への備え」が必要となります。つまり被害に遭う前提で、被害軽減につながる備えをしなければなりません。

本製品『EISS(アイズ)』は、シンプルなEDR機能を搭載したサービスでありながら低コストのため、現在お使いのウイルス対策ソフトはそのまま、追加利用によりエンドポイントのセキュリティ強度を段違いに高くすることができます。

また週次でレポートを発行し、利用者側管理者の運用負荷軽減にもつながります。収集したログは3ヶ月間保管するので、実際にセキュリティ被害を受けてしまった際の対処(フォレンジック)、感染後の対応を支援します。

3つのポイント

  • POINT 01

    マルウェアの早期発見に特化し、マルウェアそのものではなく、マルウェアが悪意的に行うアクションや挙動を検知。

  • POINT 02

    セキュリティ被害を受けてしまった際の対処(フォレンジック)に必要となるデータのスナップショットをお客様に代わり保持。

  • POINT 03

    分析結果を端末単位で確認すること、リスクの恐れに関する内容について、詳細確認が可能。

画面サンプル

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 クラウド
参考価格 1,980円(税込)/年間

資料サンプル

製品・サービス詳細

EISSとは

『EISS(アイズ)』は、エンドポイントにおける操作を定期的に記録・分析することによりサイバー攻撃の痕跡を示し、「低コストで自ら早期発見できる状況」を作り、早期の対処による被害の軽減化を目的とした事後対策のためのソフトウェアです。

マルウェア感染してからそれに気付くまでの期間は平均で半年以上とも言われ、更には、そのほとんどが自ら発見するのではなく第三者からの指摘によるもので、放置状態ともいえる状況で時間の経過によりその被害も大きくなってしまう状況があります。

ウイルス対策ソフトのみではすべての攻撃を防ぎきれないことが常識になってきており、そのため、マルウェア感染などの被害に遭ってしまうことを前提にした事後対処の強化が叫ばれております。

サービスの流れ

導入決定から運用開始までのステップも簡単です。

必要事項をヒアリングし、専用エージェントをお渡しするので対象端末へインストールをお願いします。その後、チューニング期間を経て運用が開始します。運用開始後は、専用画面にて分析結果(端末/週単位)の詳細確認が可能ですので、アラートへの対処を各企業で行うことができます。

運用管理

運用開始後は、週に1度発行されるレポートから、導入端末の検知結果が一覧で確認できます。

また、お客様専用のEISS管理画面をお渡ししますので、レポートで報告(検知)されたアラートの詳細をアラートごとに確認・対処をいただけます。なお、管理画面からは随時、各端末の最終アクセス日時、ログ送信日の確認が可能です。

運用コスト

EISS(アイズ)は、1端末ライセンス1,800円(年間)でご提供しております。

  • ログの保管期間は3ヵ月
  • ヘルプデスク平日10時~17時、メール対応のみ

また、オプションサービスにて以下の対応も可能でございます。

  • ログの保管期間を1年に延長
  • ログの保管期間を3年に延長
  • ヘルプデスクに電話対応(平日10 時~17 時)を追加
  • 初期導入支援サービス
  • マルウェア駆除サービス
  • 不正アクセス原因分析サービス

※メモリ、ディスクのフォレンジックを実施いたします

そしてユーザー限定優遇サービスとして以下もご提供可能です。

  • 特別価格でのセキュリティ関連サービスご提供
    セキュリティ診断、UTM ※SOC 込み、WAF、クラウドバックアップサービス)

企業情報

会社名株式会社セキュアイノベーション
本社所在地

〒900-0011
沖縄県那覇市上之屋1丁目18番36号

設立年月2015年10月21日
資本金1億6100万円
従業員数50人
事業内容
  • コンピュータ関連、セキュリティ、ネットワークシステムの設計、開発、運用、監視およびログ解析サービス、セキュリティオペレーションセンター(SOC)の運営
  • セキュリティ診断サービス(Webアプリケーション診断、プラットフォーム診断)
  • セキュリティコンサルティング、インシデント対応
  • エンジニア派遣(セキュリティエンジニア、ネットワークエンジニア、開発エンジニア)
  • Webシステムデザイン、開発
  • コンタクトセンターおよびBPOサービス
  • 地域活性化プロジェクトのプランニングおよびプロデュース
代表者名栗田 智明