サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

BOOK☆WALKERのユーザーアカウントに不正ログイン



画像:株式会社ブックウォーカーより引用

株式会社ブックウォーカーは2022年6月10日、同社が展開するウェブサービス「BOOK☆WALKER」のユーザーアカウントに対する外部からの不正ログインを検出したと明らかにしました。

説明によると、原因は外部から流出したIDやパスワードを用いた不正行為によるものと見られるとのこと。同社はパスワードを読み取れないようハッシュ化するなどの対策を講じており、自社からの情報流出は否定しています。

同社は現在、不正アクセスへの対策を講じるとともに、ウェブサイトにてユーザーにIDやパスワードの変更を求めています。また、防止策としてログイン通知機能の追加措置などを講じています。

IDやパスワードの使いまわしに注意

株式会社ブックウォーカーにて検出された不正ログイン行為は、ユーザーの管理体制の不備を利用したものです。

多くのウェブサービスではIDやパスワードによる認証システムを導入していますが、ユーザー側は管理の手間などの理由から、複数のサービスにまたがり、共通したパスワードなどを設定する傾向にあります。

こうしたユーザーの傾向は攻撃者の視点に立つと利用しやすく、IDやパスワードの使いまわしは望ましくありません。なお、同様の被害は過去にも多く確認されています。

参照【重要なお知らせ】外部流出アカウント情報による不正アクセスについて/株式会社ブックウォーカー


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。