サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

延岡市、個人情報等200件をフリーメールに送信するも誤送信で流出



宮崎県延岡市は2022年5月12日、市の新型コロナウイルスワクチン接種に関わった医療従事者等のデータ200件を取りまとめた資料を職員が誤送信し、対象データが外部に流出したと明らかにしました。

説明によると、流出対象となっているデータは2021年度に新型コロナウイルスワクチンの接種業務に関係した医療機関や従事者の氏名や住所などのデータをまとめたものです。誤送信を起こした職員は、濃厚接触者として自宅待機中の係長から依頼を受け、対象データをメール添付し送信しようと試みましたが、アドレス入力を間違え外部に送信する事態になったとのこと。

係長はワクチンに要した費用等と県に報告する役割を担っていましたが、業務で認められていないフリーメールに送信するよう依頼していたとのこと。対象業務には期限があり、迫っていたとのことです。

データの不正利用等は確認されず

延岡市によると公表時点で、誤送信データを悪用したと見られる被害や報告は確認されていません。

ただし、現に情報流出が生じたことや業務使用が認められていないフリーメールの使用、送信依頼などは事実です。

このため、同市ではテレワークにおける情報セキュリティの遵守を再度徹底するほか、個人情報を外部に発信する際は複数名でのチェックを取ると説明。再発防止に取り組むとしています。

参照ワクチン接種データをメールで誤送信 延岡市で138件の情報が漏えい 市長が謝罪・宮崎県/Gooニュース


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。