サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

RSFファイル交換サービス – SafetyCarrire(株式会社エクセス)

PPAPをやめてほしい! ファイルの送信者を困らせずに、メールの添付ファイルを断るベストな選択

パスワードが必要な暗号化 Zip ファイルは、メールサーバでのウイルスチェックができません。
もしも、悪意の送信者からマルウェアの含まれた添付ファイルが送られて来たら、ファイルはそのまま受信者の手元へ届きます。そして、別メールで送られて来るパスワードを使って Zip ファイルを復号した時点で、マルウェアの含まれた危険なファイルが受信者の PC に保存されます。
送信されたファイルが悪意の物であると暴けなかった場合、受信者がアプリケーションを使ってファイルを開くことで、マルウェアの活動が開始され、大きな被害へとつながるのです。

そのような危険なファイルは受け取らなければ良いのではないか、と考えるのが自然です。
EMOTET の流行で、社外からの添付ファイル付きメールを拒否する運用に切り替える企業も増えています。しかしその場合には、メールの代わりにファイルを受け取る手段を用意する必要があります。

RSFファイル交換サービスでは、これらの手順を自動化し、受信者の手を煩わせることなく安全にファイルを受け取る手段を提供します。

3つのポイント

  • POINT 01

    PPAPなどメール添付ファイルの受け取りを断っても、ファイルの送信者を困らせない、業務を止めない

  • POINT 02

    受け取りお断り通知と代替手段の提案は、システムがリアルタイムで自動的に対応、受信者の手を煩わせない

  • POINT 03

    なりすまし対策で悪意の第三者からのファイル送信を排除、盗聴防止と誤送信対策も備える

画面サンプル

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応

資料サンプル

製品・サービス詳細

「RSFファイル交換サービス – SafetyCarrire」は、ファイル受信者が主導となってファイルの送受信手順を組み上げることにより、認証情報の受け渡しの手順を踏むことなしに、誰からでも容易にファイルの受取ができるサービスです。
また、なりすましメールへの強力な防衛手段が備わっていることや、誤送信対策、盗聴防止機能が備わっていることから、クラウドを使ったファイル共有方法に劣らない安全なサービスを提供します。

・誰とでも、認証情報を事前に交換せずに使える
・なりすましや、悪意の第三者からの攻撃に対抗する手段を備える
・誤送信対策および盗聴防止機能を備える
・ファイルの送信手段は使い捨てのワンタイム方式、送り終えたら役目を終える
・受信者が直接ファイルを取得するので、暗号化は不要、ウイルスチェックにも対応する
・盗聴防止に利用するパスワードは、受信者自身が設定するので第三者に読み取られる心配がない

「RSFファイル交換サービス – SafetyCarrire」は、ファイルの共有ではなく、ファイルの送受信に特化したサービスです。送信されるファイルはクラウド上に貯め置かれて許可があればいつでもアクセスができるのではなく、送信者の手を離れたら受信者へ届けられる一方通行のサービスになります。
ファイルアクセス許可の設定ミスなどで情報漏えいが発生したりなど、人為的な事故の危惧されるクラウドストレージの共有とは違い、利用者によるファイルへのアクセス許可などを管理する必要もありません。
「RSFファイル交換サービス – SafetyCarrire」は、誰でも簡単に、そして安全に使えるファイル送受信環境を提供します。

企業情報

会社名株式会社エクセス
本社所在地

〒179-0085

東京都練馬区早宮1-18-15

 

設立年月1989年06月13日
資本金1000万円
従業員数10人以下
事業内容

ISP事業

メールセキュリティ製品開発

 

代表者名原 秀年