サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ESETサイバーセキュリティ脅威レポート2021年第1三半期版を公開



欧州スロバキアにグローバルヘッドクオーターを構える「ESET」。

ESETのリサーチャーが世界中のサイバー犯罪の状況を分析し、「ESET Threat Report(ESETサイバーセキュリティ脅威レポート)」として、定期的に発表しています。

2021年6月22日、イーセットジャパン株式会社は、2021年度第1三半期におけるグローバルの脅威状況をまとめた「ESET Threat Report T1 2021」に日本国内の脅威状況の分析を加え、日本国内向けに公開します。

ESETの日本拠点「イーセットジャパン」が、「ESET Threat Report T1 2021」を読み取り、日本国内で特に話題となったトピックを抽出。解説を交えながら最新国内脅威状況を紹介します。

役割を変えながら暗躍し続けるランサムウェア

感染すると、PCやデバイス内に保存しているデータが勝手に暗号化されてアクセスできなくなったり、PCやデバイスが操作不能に陥ったりするマルウェア「ランサムウェア(Ransomware)」。

暗号化を解除するために、身代金を要求することから、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせて、ランサムウェアと命名されました。

身代金という直接的な金銭被害を伴うだけでなく、データもロックされてしまうため、影響度が大きく、ランサムウェアの被害についてはニュースでも頻繁に取り上げられてきました。

新種のランサムウェアの台頭

一方、ランサムウェアは新しいマルウェアではありません。かつてのランサムウェアは、攻撃者が不特定多数に対し攻撃を仕掛け、ユーザのPCをロック。データの復旧と引き換えに身代金を要求するという手口でした。

昨今では、二重脅迫型や人手による標的型といった、新種のランサムウェアが急増しています。

二重脅迫型ランサムウェア

ランサムウェアが暗号化したデータの復旧と引き換えに身代金を要求するだけでなく、暗号化する前に攻撃者がデータを取得しておき、身代金を支払わなければデータを公開するなどと二重に脅迫するのが、二重脅迫型ランサムウェアの手口です。

人手による標的型ランサムウェア

攻撃者が不特定多数に対し攻撃を仕掛けるのではなく、標的型サイバー攻撃の手法と同じように、まず、検知されないように企業・組織のネットワークにひそかに侵入します。次に、組織内ネットワークの中で、機密情報などが保存されているサーバを探索して、狙いを定めた上で、ランサムウェアに感染させます。

2020年11月4日、大手ゲームメーカーがランサムウェアの被害を受け、1万6000人分以上の個人情報が流出したと発表。

このときに利用されたのも、二重脅迫型・人手による標的型のランサムウェアでした。

ランサムウェア検出数27.0%減が意味すること

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。