愛媛大学研究成果公表サイトが改ざん、第三者による不正アクセス|サイバーセキュリティ.com

愛媛大学研究成果公表サイトが改ざん、第三者による不正アクセス



画像:国立大学法人愛媛大学より引用

国立大学法人愛媛大学は2021年12月2日、同大学の研究成果を公表しているウェブサイトが何者かのサイバー攻撃を受けたと明らかにしました。

愛媛大学によると、不正アクセスが発生したのは2021年11月15日。攻撃者はウェブサイトのデータが格納されているサーバーーシステムに侵入後、不正にサーバーデータを改ざんする行為を働いたとのこと。

このため、愛媛大学は攻撃を受けたサーバーを停止し、警察に被害届を提出しました。

個人情報の流出はなし

不正アクセスは一般的に、データ改ざんにとどまらず情報流出の懸念も生じさせます。

ただし、愛媛大学によると、今回攻撃を受けたサーバーには個人情報が含まれていないため、個人情報の流出は避けられたとのこと。

愛媛大学は今後、サーバーのセキュリティを強化し、再発を防止するとしています。

参照第三者からの不正アクセスによる本学研究成果公表Webサイトの改ざんについて/国立大学法人愛媛大学




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。