サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

確認不足で誤送信、アドレス118件が流出か│株式会社トラストバンク

  • LINEで送る

画像:株式会社トラストバンクより引用

株式会社トラストバンクは2020年9月7日、同社が主催する地方自治体の職員らを対象にしたオンラインセミナーの関連メールについて誤送信を起こし、自治体職員ら118名分のメールを誤送信したと明らかにしました。

トラストバンクによれば、同社はアフターコロナ後の行政運営スタイルに関するセミナー「ポストコロナ時代 行かない・書かない役所の実現へ」の開催を予定しており、2020年8月28日、参加を予定していた自治体職員らにイベント資料をメールで送付。

ところが案内メールを送信する際、外部一斉形式であるにもかかわらず、送信対象のアドレスを他の送信先にもわかるように送信したため、メールアドレスの流出が発生したと説明しています。

確認作業怠り流出

トラストバンク社は誤送信の原因を、確認作業を怠ったと位置付け、被害者らに謝罪を表明しています。

同社では外部一斉メールを送信する際、送信先のアドレスを隠すために「BCC」欄で送信すべきとしていました。ところが今回、担当者が送信形式の確認を怠り「TO」欄に入力し送信。さらに宛先設定の確認作業が十分になされず、流出が発生したと説明しています。

このため、同社は外部一斉メールの送信時、今後は複数名の職員での確認体制を徹底すると発表。セキュリティ強化を進める考えを明かしました。

参照メールアドレス流出に関するお詫びについて

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。