サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

マルウェア感染でなりすましメールが発生│株式会社ダックス

  • LINEで送る

画像:株式会社ダックスより引用

株式会社ダックスは2020年8月28日、同社の社内端末がマルウェアに感染したことにより、外部に複数のなりすましメールが発生したと明らかにしました。

ダックスによれば、感染した端末には同社が過去にやりとりしたメール送信受信履歴に辿り着く術が記録されており、これがマルウェアの影響で流出。

以後、同社と関係のある取引先や顧客に向けて、同社従業員を名乗る攻撃者や特定のメールアドレス(anoa_info@dax-jp.com)から、請求書や商品発送を装うメールが発信されているとのことです。

商品発送や請求書など多彩なパターン

株式会社ダックスを装う迷惑メールには複数のパターンが確認されています。

同社が公開しているものだけでも、「会員登録のご完了」や【発送のご連絡】などのタイトルを確認。同社は浄水サービスのウェブサイト【ダックス アノア】を運営しており、攻撃者はこれを偽装し迷惑メールを発信しているものと見られています。

このため、ダックス社は現在、迷惑メールの受信者らにメールを開封しないように要請しています。メールには不審なURLの他にdocファイルを添付したものもあるとのこと。docはEMOTETの感染源として知られている拡張子です。

参照【重要】不審メール発生に関するお詫びとお知らせ/株式会社ダックス

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。