サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

エモテット感染で関係先になりすましメールか

  • LINEで送る

画像:株式会社加賀麩不室屋より引用
株式会社加賀麩不室屋は2020年7月21日、同社が保有するPC端末がマルウェア「Emotet」に感染したことにより、同社PC端末に記録されているメールの宛先に対して同社従業員になりすました巧妙な不正メールが発信されている事実が確認されたと明らかにしました。
加賀麩不室屋社によると2020年7月21日、同社従業員が過去に社内でやり取りされたメール本文を引用したメールを受信。ところが、内容を確認したところ、該当メールは社内で発信されたものでなく、同社従業員になりすました巧妙な詐欺メールであると判明したとのこと。
このため、同社が調査を進めたところ、社内のPC端末が「Emotet」に感染している事実が判明したとしています。合わせて、既に感染により同社から流出した宛先に対して、同社従業員を名乗るなりすましメールも確認されたため、同社は社内のパソコン全数の検疫作業に踏み切りました。

端末内のメール情報流出が判明

「Emotet」はPC端末に感染後、端末内のメールソフトの「Outlook」などから、送信履歴やアドレスなどの情報を盗み取る働きを持つマルウェアです。
「Emotet」により流出した情報は被害者を偽装したなりすましメールとして悪用されるため、サプライチェーンに対して甚大な被害を及ぼすと懸念されています。
日本国内における「Emotet」の活動は、企業を対象にしたなりすましメールとして送り込まれ、Officeファイルなどに偽装し感染を広げるケースが目立っています。「Emotet」はそれ自体は危険なコードをほとんど含まず、感染後に別の危険なファイルを呼び込むことから、セキュリティ担当者に察知されにくく、危険な脅威として認識されています。
参照不審メール発生に関するお詫びとお知らせ/株式会社 加賀麩不室屋

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。