Facebookでまたも情報流出、最大約680万人の写真データが流出か

画像:Facebookより

大手SNSサービスのFacebookは2018年12月14日、APIに関するバグにより、サードパーティアプリケーションを通じて、最大680万人のユーザーの未投稿写真が流出した可能性があると明らかにしました。

対象となるのは2018年9月13日~9月25日の間にFacebookにログインしたユーザーのうち、サードパーティー製のアプリに写真へのアクセスを許可したユーザー。Facebookは新たなインシデントの発覚に伴い、謝罪を表明しています。

バグにより未投稿写真へのアクセスが可能に

Facebookでは通常、サードパーティアプリが持つ写真へのアクセス権は、タイムライン上で共有された写真のみに限定されています。

ところが今回のバグの影響により、ユーザーがFacebookにアップロードした写真のうち、未投稿状態にあるデータに対してもアクセスが及び、流出した可能性があるとのことです。

ヘルプセンターなどで対応

Facebookはインシデントの発覚に伴い、関係者を通じて影響を受けた可能性があるユーザーに対して通知を送るとしています。また影響を受けた写真データについて、ヘルプセンターで確認できるよう措置を行う方針。

同社は情報流出に関するインシデントが相次いでおり、対応に追われている状況です。

参照Facebook、写真に関連するAPIのバグを発表 最大で680万人の写真が流出の恐れ/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?