画像:引用元より

大手SNS「Facebook」は2018年10月12日、同社を襲った大規模なアクセストークン流出問題について、2,900万人の個人情報が流出したことを発表しました。

調査の結果、一部のアカウントは宗教や婚姻状況などセンシティブな情報まで攻撃者の手に渡ったとのこと。なお、同社は今回の事案をFBIに通報しており、容疑者に繋がる情報は公開できないとしています。

約3,000万人分のトークンが流出

Facebookの発表によると、流出したアクセストークンは合計約3,000万人分(うち100万人分は、実質的に流出なし)とのこと。

流出情報はアカウントによって異なり、約1,500万人分のアカウントは氏名や電話番号・メールアドレスなど主に連絡先が流出。別の約1,400万人分のアカウントは、これらの連絡先に加えて、職業や出身地、言語や宗教などのセンシティブな情報も流出したとしています。

Facebookの対応は?

Facebook側は今回の発表を行うとともに、被害を受けたアカウントに対して個別に通知を送るとしています。

また被害を受けたアカウントは、ヘルプセンターで確認が行えるよう対応。約22億のアカウントを抱える同社サービスだけあって、今後情報管理体制が問われることになるでしょう。

参照<フェイスブック>個人情報、ハッカーに2900万人分流出/Yahoo!ニュース
参照An Update on the Security Issue/Facebook newsroom

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?