画像:Facebookの本社 正面看板/ニュースルームより

大手SNSサービス「Facebook」で、またも情報漏洩です。

共同通信は2018年10月6日、フェイスブック利用者の個人情報が、ネット上に大量に流出していたことを報じました。情報セキュリティの専門家らが解析したところ、合計25万人分のデータになるとのこと。データの内部には日本人のものも含まれていることも明らかになりました。

FB社が調査を開始、日本人情報も

Facebookは今回の事案に対して、情報流出の可能性があることを認めました。また同時に、詳細の調査に着手しているとのこと。詳細は後日、明らかになるものと見られています。

なお一部メディアは今回の流出について、サイバー攻撃の可能性も示唆しています。攻撃者やその意図は明らかでありませんが、目的によっては二次被害を警戒する必要もあるでしょう。

相次ぐFacebookの流出事案

Facebookは2018年に入り、複数の情報インシデントを起こしています。直近の事案では2018年10月に、約5,000万人分のアクセストークンが流出する惨事がありました。

同社サービスはユーザー数が非常に多く、全世界に多大な影響力を有しています。それだけにサイバー攻撃の標的にもなりやすく、セキュリティ体制の在り方がが問われています。

参照フェイスブックでまた個人情報流出か 日本人含む25万人以上/ライブドアニュース
参照FB、また個人情報流出か/KYODO

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?