画像:Facebookより

イギリスのテレビ局「BBC」は2018年11月2日、大手SNSのFacebookアカウントにて、少なくとも8万1,000件の個人データが何者かの手により流出していることを報じました。

BBCによると、アカウントを窃取したハッカーはネットフォーラムを介して「1億2,000万人分のユーザー情報を単価10セントで販売する」と説明しているとのこと。またサンプルとして、8万1,000件ほどの個人データのプライベートなメッセージ内容などが公開されました。

ブラウザ拡張機能が原因か

Facebook側はBBCにより報道された流出問題に対して、「ウェブブラウザの拡張機能に問題があった」との見方を示し、自社サービスの欠陥を否定しています。

同社によると、ウェブブラウザの拡張機能の一部に、ユーザーのアクティビティを追跡して情報を窃盗するものが含まれていたとのこと。具体的な拡張機能名は明らかにしていませんが、これに原因があったとしています。

過去のインシデントとの関係性を否定

Facebookは過去幾度かのデータ漏えいインシデントを経験しているサービスです。

BCCがアカウントデータの販売者に接触したところ、「ジョン・スミス」なる人物がこれに応答。今回流出したデータは過去の流出データとも無関係であり、ロシア政府との関係も否定したと報じています。

参照Facebookの8万件以上の個人データをブラウザの拡張機能経由で盗んで販売──BBC報道/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?