サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ブラウザの拡張機能を悪用、Facebookで個人情報8万1,000件に流出懸念



画像:Facebookより

イギリスのテレビ局「BBC」は2018年11月2日、大手SNSのFacebookアカウントにて、少なくとも8万1,000件の個人データが何者かの手により流出していることを報じました。

BBCによると、アカウントを窃取したハッカーはネットフォーラムを介して「1億2,000万人分のユーザー情報を単価10セントで販売する」と説明しているとのこと。またサンプルとして、8万1,000件ほどの個人データのプライベートなメッセージ内容などが公開されました。

ブラウザ拡張機能が原因か

Facebook側はBBCにより報道された流出問題に対して、「ウェブブラウザの拡張機能に問題があった」との見方を示し、自社サービスの欠陥を否定しています。

同社によると、ウェブブラウザの拡張機能の一部に、ユーザーのアクティビティを追跡して情報を窃盗するものが含まれていたとのこと。具体的な拡張機能名は明らかにしていませんが、これに原因があったとしています。

過去のインシデントとの関係性を否定

Facebookは過去幾度かのデータ漏えいインシデントを経験しているサービスです。

BCCがアカウントデータの販売者に接触したところ、「ジョン・スミス」なる人物がこれに応答。今回流出したデータは過去の流出データとも無関係であり、ロシア政府との関係も否定したと報じています。

参照Facebookの8万件以上の個人データをブラウザの拡張機能経由で盗んで販売──BBC報道/Yahoo!ニュース


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。