ランサムウェア「WannaCry」を巡る北朝鮮疑惑は、一体何が真実なのでしょうか。

12月21日、北朝鮮の外務省報道官は米国より指摘を受けていた「WannaCry」による犯行疑惑について「われわれ(北朝鮮)は、いかなるサイバー攻撃とも関係していない」と声明を発表。米国の指摘を真っ向から否定する形を取りました。

〈関連〉
米国が「WannaCry」を北朝鮮の国家犯行と断定、英国やマイクロソフト社も同庁
5月の大規模サイバー攻撃は「北朝鮮の関与」と英政府

北朝鮮「米国のバカな主張である」

北朝鮮外務省は今回の疑惑について、北朝鮮国家はサイバー攻撃と一切かかわりがないとハッキリと否定した上で、「北朝鮮を悪魔に仕立て上げ、国際的孤立を狙っている米国の卑劣な策略だ」と述べています。

双方の主張がハッキリと食い違っており、お互いの言い分だけではどちらが真実なのか明らかではありません。

米国や英国の持つ「証拠」とは!?

既に繰り返し触れた事ですが、2017年5月を端緒にした「WannaCry」の跋扈は、多くの被害を呼んだ大規模事件です。被害は150カ国以上、推定端末数は30万にも上ると言われています。

北朝鮮の関与が事実であれば、国際的な非難は不可避と見られます。米国及び英国は北朝鮮が関与した「証拠」を有していると宣言しており、今後はそのあたりがキーポイントとなると予想されます。

〈参照〉
北朝鮮、サイバー攻撃関与否定=「政治的挑発」と米非難/Yahoo!ニュース
北「サイバー攻撃に関係ない」...米の断定に反論/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?