10月27日、イギリス当局は今年の5月に世界中で被害を及ぼしたランサムウェア「ワナクライ(WannaCry)」を巡る被害について、北朝鮮の関与を指摘する発表を行いました。

関連記事:世界規模のサイバー攻撃、150か国で20万件以上‐日本でも2件の被害が確認

この件について、イギリス内務省のウォレス治安担当閣外相は、「詳しい情報を明かすことはできないが、我々は北朝鮮が攻撃したものと考える。」と強く非難しています。

医療機関の3分の1が被害

英会計検査院が実施した追跡調査発表によると、「ワナクライ(WannaCry)」による被害でイギリスの医療機関の約3分の1が影響を受けたとのことです。

また、一連のサイバー攻撃による影響で、約1万9500件の診療予約がキャンセルされ、病院グループ以外の一般開業医も約600件にも被害が発生。
国民の健康生活に欠かせない医療機関へのダメージということで、大変な脅威として認識されています。

更なる脅威に備える必要性

調査報告を行った英会計検査院によると、被害を受けた医療機関の多くは「ウィンドウズ7」を利用しており、セキュリティー上の更新を実施していなかったことが確認されています。

同機関に所属するアミアス・モース会計検査院長は「ワナクライによる被害は基本的なセキュリティ対策を実施していれば十分に防ぐことができたと」の認識を示しており、対策不足を懸念しています。

折しも現在は新たなランサムウェア「badrabbit」が猛威を振るっている状況。更なる被害が生じないよう、セキュリティー対策を再確認すべき時ではないでしょうか。

<参照>
英、大規模サイバー攻撃で北朝鮮を非難、国内病院3分の1に影響/AFP=時事

「北朝鮮関与」と英政府=世界規模のランサムウエア攻撃/時事通信

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?