サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Windows10の「スタートアップ修復」「自動修復」ができない原因と対処法



Windows10には、起動できないトラブルを自動で修復する「スタートアップ修復」という機能があります。

しかし、スタートアップ修復を行っても「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」と表示されたり、あるいはスタートアップ修復がいつまで経っても終わらないという場合は、パソコンに深刻なトラブルが起きていることが疑われます。

そこで今回は、スタートアップ修復が失敗する原因と、その対処法について紹介していきます。

スタートアップ修復が表示される原因

スタートアップ修復は、パソコン(PC)が2回続けて正常に起動しなかった時に表示されます。

スタートアップ修復が表示される、もしくは失敗する原因は大きく分けて以下の2つです。ただし、スタートアップ修復で対応できるものは「①ソフトウェアに起因するトラブル」のうち軽度症状のみです。ハードウェアのトラブルに対応することはできません

原因
①ソフトウェアに起因するトラブル
  • 起動に必要なプログラム(MBR)の不具合
  • システムファイルの破損
  • Windowsの更新プログラムによる不具合
  • 互換性のないソフトウェアとの衝突
  • ドライバの不具合
  • ウイルス感染
②ハードウェアに起因するトラブル
  • メモリの不具合
  • ハードディスクの破損
  • パーツの経年劣化
  • マザーボードや基盤のトラブル

スタートアップ修復のリスク

スタートアップ修復は、ありとあらゆる箇所を全自動でチェックするため、パソコンに負荷をかけやすいとされます。そのため修復に失敗したあとも、さらなる修復を繰り返すのはリスクとなるため極力控えましょう。

仮にハードウェアや内蔵ストレージ(HDD/SSD)の障害が疑われる状況下で修復を行うと、状態が悪化し、最悪の場合「重度の物理的な障害」を引き起こしてパソコンそのものの復旧が難しくなってしまいます。

なお、こうした物理的な障害は、個人での修復およびデータ復旧が不可能です。もし救出したい重要なデータがある場合は、むやみにスタートアップ修復をせず、専門的な設備や対応実績が豊富な、技術力のあるデータ復旧業者に相談・依頼することが、最もリスクを抑えられる手段であるといえるでしょう。

スタートアップ修復が失敗する際の対処法

①セーフモードを起動する

「セーフモード」を呼び出す際は、以下の手順を踏んでみてください。

1.自動修復失敗後の「自動修復でPCを修復できませんでした」の画面で「詳細オプション」をクリック

2.「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「その他の修復オプションを表示」→「スタートアップ設定」→再起動

3.「スタートアップ設定」→「4)セーフモードを有効にする」または「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択する

セーフモードでパソコンが起動できる場合

セーフモードでパソコンが起動できる場合は、ハードウェアの異常ではなく、Windowsやソフトウェアのトラブルが考えられます。

セーフモードで無事起動できた際は「正常に起動できない要因」を排除するため以下の対処を行いましょう。

  1. システムファイルのスキャンを行う
  2. 直近でインストールした怪しいソフトウェアはアンインストールする

セーフモードで起動できない場合

セーフモードで起動できない場合は、ハードウェアやWindowsのファイルシステムなどに深刻なトラブルが起きている可能性が考えられ、データ救出も難しい傾向にあります。

もし、後者の状況で起動・再起動を繰り返したり、やみくもに復旧作業を進めたりすると障害が悪化し、作業過程でデータを失ってしまう恐れもあります。

大切なデータを失いたくない場合は、まず通電を避けて保管し、障害のあるハードディスク/SSDなどの記憶媒体から正確にデータを取り出せる「データ復旧の専門業者」に相談・復旧依頼を行うことを推奨します。

②システム復元を試す

「システムの復元」とは、パソコンのシステムを以前保存した復元ポイントにまで戻す仕組みです。なお、これはシステムの変更がWindows10の起動を妨げているときに有効となる手段で、残されたファイルやデータなどは消失するわけではありません。

「システム復元」を呼び出す際は、上記1-2の「トラブルシューティング」から「詳細オプション」に入り「システムの復元」をクリックしてください。

③Windowsのバージョンを元に戻す

Windows10のアップデート以降、正常に起動しないトラブルが発生した場合は、Windowsのバージョンを戻すことで解決できる可能性があります。

Windowsのバージョンを元に戻すには、上記1-2の「トラブルシューティング」から「詳細オプション」に入り「以前のビルドに戻す」をクリックしてください。

④パソコンを初期化する

この方法ではデータ復旧を行うことは出来ません。バックアップを取っており「パソコンを通常どおりに動かしたい時」もしくは「初期化させても問題がない時」のみに取るべき最終手段といえます。

パソコンを初期化するには自動修復の失敗画面から「詳細オプション」に入り「このPCを初期状態に戻す」をクリックしてください。


ここまでスタートアップ修復が失敗する際の対処法について説明しました。

ただし、スタートアップ修復が失敗する理由として深刻なトラブルも疑われますので、データ復旧の専門業者が行っている無料の初期診断を受けることも、トラブルを正確に判断・把握する上で非常に有効な一手になるといえるでしょう。

業者に依頼する際の注意点

ここまで紹介した対処法でも上手くいかない場合は、内蔵ストレージ(HDD/SSD)に深刻な障害が発生している恐れがあります。

この場合「スタートアップ修復」「強制シャットダウン」「上記で紹介した対処法」などを試すと障害が悪化し、データ消失やクラッシュのリスクがあります。

もし、スタートアップ修復に失敗し、データ不要でパソコンの動作自体を改善したいという方は「メーカーや修理業者」へ、パソコンからデータを取り出したいという方は「データ復旧業者」へ相談してください。

パソコン内部のデータが不要な場合

パソコン自体の修理を目的としている方は、メーカーや修理業者に依頼しましょう。破損しているパーツを修理・交換し、パソコンを再び動くようにすることができます。

ただし修理の際には、内部のデータがすべて初期化され、購入時の状態に戻されてしまうことがあるため、データが必要な場合は先にデータ復旧業者に依頼する必要があります。

パソコン内部のデータが必要な場合

これまで紹介した対処法でも解決しなかった場合、速やかにデータ復旧業者に依頼しましょう。もし無理に復旧しようとすると、最悪の場合データが完全に消去・破損することがあります。データ復旧業者に依頼することにより、安全かつ高い復旧率でデータを取り出すことが可能です。

データ復旧業者を選ぶ際の注意点

一般的な修理業者とは異なり、データ復旧業者の場合は「具体的にどういう技術があるのか」イメージが湧かない方も比較的多いことでしょう。

データ復旧業者を選定する場合は「技術力の有無」や「対応実績」などを事前に確認しておくことが大切です。業者によって対応できる障害の範囲も異なりますので、自分にあった業者を選ぶようにしましょう。

技術力が高く、安心して任せられる業者を選定するポイントについては、以下のページで解説しています。

データ復旧(復元)業者を選ぶポイントとは?費用や期間、注意点について徹底比較

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。

そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

(2021年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイト:デジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

ここまでWindows10の「スタートアップ修復」に失敗する原因や、その対処法などを紹介してきました。

スタートアップ修復は失敗を繰り返すと、ストレージの寿命を縮め、データ消失やクラッシュの原因となる恐れがあります。パソコンを壊したり、大切なデータを失ったりしないためにも、正しい知識と対処法をあらかじめ身に着けておくことが何より重要となります。

また、いざという時のためにデータのバックアップはこまめにとるようにしておきましょう。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。